FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 2005年09月

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
またまた出張にでます。
前回のようにインタ-ネットが可能な所ではないので
(日本なんですけど(汗))
暫く更新ができそうもありません。
帰ってきたら豆に更新しますので暫くお待ち下さい。
期間は10日くらいです。
宜しくお願いします。
スポンサーサイト
このページのトップへ
トラジの全容







私が中国で見た物で一番衝撃を受けたのがニイハオトイレと、
写真のトラジである。
バタバタと音を立てて低速(最高速度40Km/Hくらい)で走る。
直管(マフラなし)の排気管から高濃度の排気ガスを吐き出し、
山の様な荷物、あるいは人を乗せて高速道路以外の道は全て
我が物顔で走る。
ヘッドライトは2つだけ、ウインカ-も後尾灯もない。
夜は発見が遅れ非常に危険である。
この車?には車検なんぞ無いようである。
町の鉄工所みたいな所で作っているのを見た。
フライホイ-ル剥き出しのメンテナンスのし易いエンジンル-ム(爆)、キャビンは容易に溶接で修理が可能。
塗装もハケで塗れば充分に長持ちしそうである。

でもこれは都市部(上海などの都会)は乗り入れ禁止だそうである。
どやら中国政府はこれを外国人に見られるのを嫌っているようだ。
そこで私がインタ-ネットに公開しときます。(笑)
このページのトップへ
急速な開発が進む中国都市部の橋の工事


私は建築屋ではないので橋梁建設工事の方法は知らない。
この橋の工事を見た時不思議に思ったので、良く観察してみた。
最初は両側に建っているトラス構造のタワ-からワイヤ-が出て
いるので吊り橋なのかと思った。
しかし良く見るとア-チの部分が橋であり吊り橋にする必要はない。
どうやら両方のタワ-からワイヤ-を掛けてクレ-ン代わりに
しているようだ。
たぶんトラス構造になってるタワ-は1本、1本人力で組んで
建てたのだと思う。(なんか危険な工法である)
日本で橋を造る時はたぶん大型クレ-ンを使うと思う。
人件費の安い中国ならではだろうか?

私の中国での仕事は大型クレ-ンを使ったのである。
現場に来たのはトラック型のクレ-ン車であった。
日本では最近お目にかからないタイプである。
オペレ-タ-(操作する運転手)は二人も来た。
中国では何人かで資金を出し合い、クレ-ン車を買って共同運営するらしい。
よって出資者が全員来る。(爆)
4人来た時もあった。

日本のクレ-ンのオペレ-タ-は指示者の手の合図に合わせて
微妙な操作ができる。(できなきゃ鳶に殴られる(笑))
微妙な指示が必要なので私が合図を出そうと思い
中国人オペレ-タ-に中国の合図の方法を聞いた。
私  巻き上げの合図は?
オペ 手の平をパタパタさせている。
私  下げの合図は?
オペ  手の平をパタパタさせている。
私  !? じゃ~伸ばせの合図は
オペ  手の平をパタパタさせている。
私  凸! 縮めの合図は?
オペ 手の平をパタパタさせている。 

って!全部同じかい!

とゆうより合図じゃね~だろソレ!凸 


とても危険なので無線機を使い、通訳を通して指示をしました。(笑)

このページのトップへ


中国の工場に伺った時お茶を出されたのであるが、紙コップを2重にして出された。
最初は何故なのか解らなかったのであるが,飲み終わって抜いて見てわかった。
漏れるのである
つまり2枚重ねで夜でも安心という事らしい。

超市(ス-パ-)でくれるビニ-ル袋も1枚では店を出る位までしかもたない。(笑)
これも袋をもう1~2枚要求する。
店員もわかっているので嫌な顔もせずくれる。
しかしなんでこんな粗悪品を使うのであろうか?
2~3枚重ねていたのでは良品を1枚使った方がコスト的には同じではなかろうか?

そういえば超市にはコ○○-ムが並んでいたのだが明らかに日本製の物とはデザイン、色が違う。
なんか、かなり怪しい。(笑)
使用するチャンスが無かったので(爆)購入はしなかったのであるが、やはり漏れないように
2枚とか3枚重ねて使うのであろうか?

誰か教えて! このページのトップへ
中国の田舎の町の様子

中国の人達の服装についてであるが,女性のファッションはともかく,
男性の服装は何故かジミである。
年齢に関係なく、黒とか灰色、茶色とダ-クな服を着る。
若い人でも、なんか親父臭い色の服を着る。
昔はみんな人民服を強制的に着ていたからファッションに興味がないのだろうか?
アイビ-もトラッドもいない。(笑)
都会に住んでいる中国社員達も私服は同じように暗い色を着る。

私が訪中をした時は夏服をもっていった。
しかし2ヶ月いる間に秋になってしまい、持っていった服では寒くなった。
そこで服を買いにデパ-トとか洋服屋さんに買い出しに出たのである。
以下考察である。
①ポロシャツ&シャツ
  だいたいが黒、茶色、ダ-クグレ-。
  色はともかく柄が日本でいうと60過ぎたおじさんが着るよう
  な柄。
  逆向きのワニとか変な色の傘のマ-クとかメイキとか
  ブランド物もある。(笑)
  
②パジャマ    
  デパ-トには何故か売っていないし超市でもなかったのであるが
  町中にはパジャマで歩いてるおっさんとかがいた。(笑)
  やっと商店街で売っている店を見つけて購入。
  ホテルのクリ-ニングにだしたらイッパツでXLサイズ
  がMサイズになってしまった。(笑)

③ジ-ンズ
  やけに生地が薄いリ-バイスとかがある。(笑)

④防寒ジャケット(フ-ド付き)
  350元で購入。この値段では日本では買えない品質の
  品物である。ダウンも少し入っているようでなかなか
  よかった。
  色も派手好みの私にあう赤があった。
  
⑤ジャケット(ブレザ-風)
  茶系のジミな物でデザインもダサイのであったが
  外に出る時用に購入。
  値段は180元(2500円)。
  値段の割にはまあまあと納得。
  ホテルに帰り再度試着。
  これ着ると中国人みたいだな~と、
  何気なくポケットに手を入れようとしたら・・・

ポケットが縫いつけてありますから~!
残念!  
 
それじゃ~ポケットじゃないだろ~斬り~! 

そういえばパンツ(トランクス)も前が空いていませんでした。
小用の時トランクスで横○ンするのか中国人? 



  

  








このページのトップへ
先日開園した香港ディズニ-ランドでも問題になっているのが
中国の人達(ほとんど男性)の喫煙である。
どこでもおかまいなしに喫煙するようである。
とてもお行儀が悪い。(笑)

私がいた田舎のホテル(一応三つ星級)でもロビ-はもちろん,レストラン、喫茶室どこにも禁煙のマ-クはない。
しかも、禁煙マ-クがあるエレベ-タ-の中でも平気でスパスパやってくれます。(笑)

町のレストランでも禁煙席等は存在しない。
町を歩いていても歩行中喫煙する人は多い。

私が仕事をしていた場所の施主側の担当責任者は、○人なので暇なのと,
初めて見る○○○に興味があったのだと思うが、一日に10回くらい巡回にくる。
来る度に私に『オイ!』とか言ってニコニコしながらタバコを1本くれるのである。
辛いタバコで臭いもキツイのでありがた迷惑なのだがゴキゲンを損ねるとマズイので『謝謝』と言ってありがたく頂戴する。
どうも中国は自分が吸う時は周りにいる人にも勧めるようなのだ。
打ち合わせに来た業者のラオパン(社長)とか必ず配って廻る。
しかも1本ずつ手に取って渡す。
投げてよこす奴までいる。(笑)
しかも一本吸ったら違う人が配る。
たちまちタバコの煙と大量の吸い殻が出来る。

いろいろな人からタバコを頂戴しながら観察してみた。
中国のタバコは1箱5元(70円)くらいから50元(700円)くらいまで値段の幅も広いし、種類も多い。
お招きにあずかった高級レストランのラオパンなどは50元のタバコだとか言って自慢して我々に配りまくった。(笑)

考察
①どうやらタバコを配る時に値段の高い銘柄だと、ある種の見栄が張れるようである。
②コミニュケ-ションの道具としている。
 タバコを吸わない人でも配る為にタバコを持っている場合
 がある。(配った時は自分もふかしている)

う~ん タバコが交流に役立つなんて信じられん。
けど事実(笑)









このページのトップへ
松香水

発音不明です。
松香水といっても、香水ではありません。
シンナ-らしいです。
用意した専用シンナ-が無くなってしまい、田舎の町の商店
(日本でいう金物屋さん)に買いに行ったのですが
大きな缶では在庫していなかったのでこのビン入りを買いました。
しかしなぜか半分しか入っていません。
それにキャップがネジ式ではありません。
非常にやりにくいゴムキャップでした。
昔、こんな容器を家の物置で見たような気がして非常に
懐かしかったのですが。(笑)

何故に半分しか入っていないのかは通訳を連れていかなかったので
未だに不明です。

値段を上げたくないからか?
この量が特定顧客の要望に合うからなのか?
中国では揮発性があるものはビンの半分しか入れてはいけないのか?
他の液体を混合させてブレンドさせるためなのか?
シンナ-中のワルガキに売るからなのか?(笑)

しかし、これシンナ-というよりベンジンのような臭いでした。


供机械ってことは機械用なんでしょうけど、未だに良く判らない
液体です。

今度行ったら調査してみます。







このページのトップへ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050920-00000028-san-soci衆議院選挙でボロ負けしてしまった民主党ですが
スゴイ議員がいたもんだ。
シャブ議員である。(笑)
しかも選挙カ-で吸っていたってんだから堂々としたもんである。

秘書も含めた3人でシャブ中毒なんてすごい。
なにがスゴイって在職中もやっていたのだから
イラン人に支払われた3人分のシャブ代は我々の血税?
国民なめきってます。

たぶん執行猶予付きの判決であるから何年かしたら
また立候補してくるかもしれないな?
(前科者でも猶予中の身でも議員になってるし。)

しかし今回の選挙、ス-パ-のおじさんや、派遣社員まで議員になちゃって?
(派遣社員のお兄ちゃん、年収が2000万てのに感激してましたが)
だいたい480人も必要なのか?
比例区なくせば300人・・・これでも多い。
当選した300人に一般常識・一般教養テスト・尿検査をして半分にしなさい!
少しはまともなのが残るのでは?。

そういえば今回の衆院の議長、副議長は現中国強酸党員元スパイ政党員がなったようで。(爆)





このページのトップへ
換金しないで持ち帰った中国の汚いお札

中国は100元以上の札がないので日本円で5万円を換金すると35枚ちかくの札をサイフに入れなければならない。
サイフがパンパンになってしまった。
レジに金額が表示されない所で買い物をした場合、店員さんが言った金額が解らないのでしかたなく100元を出す。(笑)
釣りの細かい金がドンドン貯まってサイフがドンドン膨らむ。(爆)。
でも100元札を出すと受け取った店員は透かして本物か確かめる
なんでも偽札が多いらしい。
というより札が汚くてよれよれ。(笑)
しかも触るとベトベトするし。(汗)
中国の人達はサイフにお金をしまわない、というか持ってない。
裸でポケットに突っ込んである。
札は輪ゴムで止めたりしてる。
(中国社員の結婚のお祝いに日本から札入れを贈ったのだが使っているだろうか?)


中国に渡る時、持ち金は全部円建ての旅行小切手(トラベラ-ズチェック)にしておいた。
中国の都市部のホテルではフロントで旅行小切手が元に換金できた。
銀行よりは手数料が高いが、日本語が通じるフロントマンがいたので問題なく換金が可能であった。

そして田舎のホテルで換金しようとしたが日本円現金は可能なのだがトラベラ-ズチェックは扱ってもらえなかった。
銀行に行け、といわれ一番大きな銀行へ。
窓口の女性に小切手を差し出すとサインを要求され、(目の前でサインをした時点で小切手が有効になる)したのだが・・・・
散々待たされ、換金出来ないとかいわれる。
理由を聞くと日本円の旅行小切手は見た事がないとか言ってるらしい。
じゃ~サインさせるなよボケ! 
もうこの小切手は使えないじゃないか!

と怒りを爆発させようと思ったら先に通訳の中国人社員がキレてしまった(笑)
怒って店長を呼び出し交渉。
ケンカのような言い合いが始まった。(笑)
おかげさまでなんとか交渉が成立。
4時間後やっと換金ができた。(笑)

ちなみに、ここの銀行員は日本の1万円札も見た事がないらしい?
次からはドル建てのトラベラ-ズチェックの方がよさそうである。


このページのトップへ
サンタナ



サンタナといっても『ブラック・マジック・ウ-マン』のカルロス・サンタナではない。
フォルクスワーゲンの中国生産車の名前である。
日本でも25年位前に日産から発売されていた。
縦置きエンジンのFF(前輪駆動)で、当時でもダサイデザインで日本ではとても不人気(笑)であった。
買ったのは販売店の人くらいじゃ?
これが中国では大ヒット、国民車である。
というより、これしか無かったようだ。(笑)
いまだに新車があるのもビックリであるが古くても新しくても中身は一緒である。
タクシ-、パトカ-、自家用車等も主流はサンタナである。
渋滞でサンタナがズラッと並んだ姿は圧巻である。(爆)
値段は10万元~(約140万円)らしい。
庶民がおいそれと買える値段ではない。

でもさすがに中国で車を持てる富裕層は、違う車が欲しいようである。
外国自動車メ-カ-も中国の自動車メ-カ-と提携し中国生産を始めた。
なんといってもマ-ケットが大きいので各メ-カ-必死である。

しかし・・・・

中国で一家に一台のマイカ-ブ-ムになった時
地球温暖化で世界が滅びるのは間違いない!


このページのトップへ
3輪のワゴン車


これを見た時は思わず笑ってしまった。
なんとも懐かしい。
日本に昔あったミゼットみたいである。
フロントエンジン、リヤドライブなのは間違いない。(笑)
フロントサスペンションはどうなっているのか良く見てみたかった。
カ-ブの少ない直線がほとんどの中国の道ならばであろう。
日本のくねくねした道だと、すぐ転倒してしまうのではなかろうか?
いずれにしても高速コ-ナ-リングは無理であろう。
日本だと40年以上前の設計である。


工事中に日本からの部品が欠品している事に気が付き、大急ぎで
輸入したのである。
トラック便で近くの町まで届いた品物はさらに配達業者
によって現場まで運ばれてきた。
大きな木枠に梱包された品物は重量は軽かったのでなんとバイクタイプ
の三輪車(サンリンス-)で運ばれてきた。
エンジン音がしないサンリンス-?
良く見るとマフラ-が付いていなかったのである??。
エンジンをみたらなんとモ-タ-が!
しかも荷台の所にはバッテリ-が一杯積んである。
なんと電気サンリンス-であった。
なんともエコロジ-(^^;;
日本にはない設計思想である。
この国、進んでるんだか遅れてるんだか良くわからん!(爆) このページのトップへ
いきなり道路工事


中国都市部の街を歩く時、注意しなければならないのは横断歩道でも徐行しないで走ってくる車と(歩行者より車の方が優先)、いたる所で
行われている道路工事とビル建築工事、解体工事等である。
これらの工事は日本のようにガ-ドマンがいて安全管理等はしていないし、立ち入り禁止のロ-プもない。
道路に穴があいていたり、歩行者の上をクレ-ンが重量物を吊ったりしている、安全基準無視。
ボサ~と歩いていると工事現場に踏み込んでしまう。(笑)
しかもビル解体工事をやってる隣で新築のビル作っていたりで、
何やってるんだか解らない所もある。
さっき通れた道が、帰り道でいきなり工事が始まって通れなくなる事も
しばしばである。
しかも昼、夜関係なしで工事は行われている。(さすがに夜は少ない
が朝になると道路に昨夜まで無かった中央分離帯ができていたりする)

しかし中国の人達は誰にも文句は言わない。
日本だったら行政に苦情が寄せられる所であるが、この国は行政に文句
を言う人はいないようだ。


ここが強酸主義のスゴイところである。

体調不良が続いております、皆様も季節の変わり目ですので
体の方ご自愛下さいませ。





このページのトップへ
昨日の事である
実は長期出張の疲れが出て体調が悪く、寝込んでいたら電話がかかって
きた。
電話に出ると若い男の声でなんとか証券とか名乗った。
よくかかってくる資産運用の勧誘である。
『失礼ですが○○高校のご出身ですよね?』とか出身高校の名前を出しやがった。
『○○高校のご出身の方に優先的にお電話しています。』とか言う。
具合も悪いのに、詐欺野郎の相手をしている暇はないのでさっさと切ってしまう事にする。
私『あの~、資産運用の話の前に、この電話番号は何処で調べたの?
  高校出身者に電話してるって事は名簿があるんでしょ?
  何処で手に入れたの?』
相手『日本○-○シス○ムと言う会社からです』
私 『そこで名簿売ってるの? 買ったのですか?、それって個人情報保護法にひっかかるんじゃ?』
電話の相手は私が食い下がるのを振り切る様に
『ええと・・資産運用にご興味がないようですね、それでは!』とか
焦って電話を切りやがった。(爆)     
これからはこの手で詐欺勧誘を乗り切ろう。

○○高校ご出身の皆様
この勧誘にひっかかったらIQ低いぞ~!(笑)



このページのトップへ
明日からまた出張になるので衆議院選挙の期日前投票に行ってきました。
区役所にて投票ができました。
昼休みの時間に行ったのですが非常に混雑しておりました。
郵政民営化を問う選挙だとかライオン丸が叫んでおりますが
私にとっては郵政民営化はあまり興味がなくむしろ人権擁護法案
の方が気になります。
人権法案推進派の公○党は今回の選挙で恩を売り、法案の可決を
迫るでしょう。
しかもウソップ童話議員まで自○党公認。
なんか危ない予感です。
しかし民○党も媚中だし、2つの新○は?だし、頼りになる所がありません。


唯一期待したいのはあの、スパイ政党の議席が無くなる事です。



このページのトップへ
チキチキバス猛レ-ス2

中国の都市部での一般庶民の交通機関はバスである。
写真の循環バスは運賃が1元とか2元である。
タクシ-は初乗りが9元くらいであるので、庶民はおいそれとは
使えない。
大部分の人は市内循環のバスを利用するか自転車、バイク(電動もあった)で通勤するようだ。
私も都市部に居た時は社用車でホテルまで朝、夕送迎してもらったので
あるが外注先の工場に行ったときホテルに直接帰る事になり
興味があったので市内循環のバスに乗ってみた。

前乗りワンマンで料金は市内一律1元である。
乗る時に料金箱に料金を投入する。
(札を入れておつりが出る機構ではないようであった)
運転手は女性(40くらい)で思いっきり無愛想。(笑)
日本の鉄道の駅のホ-ムのイスのような一人一脚の物がならんでいる。
クッション等はなく長時間座っていられる代物ではない。
他にはつり革がある。
降車したいバス亭の前でブザ-を慣らす仕組みは日本と同じ。
しかし・・・・・

急発進、アクセル全開、急ブレ-キ、オ-バ-スピ-ド
コ-ナ-リング
で掴まっていないと放り出される。

これまた中華絶叫マシンである。(笑)





 
このページのトップへ
親方婦人
中国での仕事に雇っていた職人さんたちの会社のラオパン(社長とか親方
の意味)は多忙な為現場にはたまにしか来ない。
しかし職人さんたちは現場の住居にタコ部屋状態で寝泊まりをしている。
食事は60歳くらいのおじさんが毎食作っているのであるが当然お金の問題が発生する。
経営者側の人間が管理する必要がある。
そこで来たのがラオパニオン(親方婦人)であった。
年齢53歳のちょと小太りのおばさんである。
最初に現れた時はハイヒール、巣鴨のとげ抜き地蔵商店街で売ってるような
派手なおばさん服を着て現れたのである。
ハイトーンのキーで、機関銃のような中国語をまくし立てる、昔は美人だったと思われるおばさんであった。(笑)
ホテルから1時間かけて通う我々の車に朝、夕、便乗し近所の街の招待所(中国の旅館)に泊まり買い出しをする。
仕事の指示を出す私の傍から離れず、横やりを入れる非常に困った存在である。(笑)
最初は私が日本人だという事で警戒しているようであったが、日本式の仕事のやり方をいろいろ教えるうちに私の指示に従うようになった。
中国語を教えてもらったり日本語を教えた。
私が教えた日本語
シーファ(昼食)→メシ
サイチェン再見(さようなら)→バイバイ
ニイハオ(挨拶)→オッス(応援団風)
私もかなりいいかげんな奴である。(笑)

そして・・・
ラオパニオンは
オバタリアン(爆)



【“ラオパニオン”の続きを読む】 このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

08月 « 2005年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。