FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 2006年03月

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
胡主席『靖国参拝やめれば首脳会談する』
http://www.sankei.co.jp/news/060331/sei109.htm
歯医者に一億円もらったポマ-ド頭の元国会議員が中国に行って主席と会談したようです。
愛人の中国女スパイに操られた売国政治家なんぞは日本に帰ってこなくて良いです
この人に愛国心はあるのでしょうか?


これが本当の韓流だ!
http://www.sankei.co.jp/news/060331/sha010.htm
http://www.cbs.co.kr/Nocut/Show.asp?IDX=197928

自分の国の教科書は反日を目的とした捏造の歴史教科書を使っているくせに人の国にはイチャモン付けてきます。

隣の国の将軍様とたいして変わらないようです。
スポンサーサイト
このページのトップへ
全日本ダ-トトライアル第1戦

改造範囲自由なクラスを走る三菱コルト(4輪駆動、タ-ボマシン)

昨日、栃木県那須塩原市にある丸和オ-トランド那須と言うダ-トトライアル場(非舗装路、つまりジャリ道のサ-キット)で行われた全日本ダ-トトライアル第1戦を見学に行きました。
1台ずつタイムアタックをして(2回走行)順位を決めます。
改造度合いによって色々なクラスがあり、日本全国を転戦して日本一を決めるダ-トトライアルの頂点のイベントです。
この競技も12年位前はテレビ等で紹介されたりしていたのでかなりの参加人口がありました。
最近は車を使った遊びも多様化してきたのと昨今の不景気で参加人口が激減しています。
さらに競技に使える車が無くなってきているのと、あっても車両価格が高くて砂利道を走らせるのをためらう人が多いのも一因です。
主流ともいえるランサ-とかインプレッサ等は車両価格だけで300万を超えてしまい、必要な装備をすると500万近いお金がかかってしまいます。
若い人がダ-トトライアルを始めようとしても、車を揃えるだけで年収を超えてしまいとても競技等には使えません。
車両価格の安い車は今やマニュアルミッションの設定すら無い状態なので使えません。
かといって写真のように大幅な改造を施した車(ナンバ-は付かない競技専用車両)を作るノウハウも、余裕も若い人にはありません。

昨日のイベントは主催者の努力が実り、近年にはないギャラリ-が押し寄せて満杯状態でありました。
きっと見ているだけでは飽きたらず、ダ-トトライアル等をやってみようと思う人もいるはずです。
本日のエキシジビョン(模範走行)には昨年のプロダクションカ-クラスの世界選手権ラリ-チャンピオンを日本人で初めて獲得した選手が走りました。
後に続く日本人選手を育てるためにもどんどんこの世界に若い人が参入してくれる事を望みます。
それにはまず日本の自動車メ-カ-がモ-タ-スポ-ツに使える手頃な車を作ってくれなければ人口は増えません。

このページのトップへ
今日、夕方に銀行へ行ったのですが、隣の日本国民をパチンコ漬けにして金を巻き上げ、さらに金が無ければ系列のサラ金と云う名の悪徳高利貸しから金を借りさせ返せなければ臓器も売ってしまうぞパチンコ屋からヘルメット(フェイスガ-ド付き)、防弾チョッキ、軍靴、腰に警棒、紺色の制服の屈強な男二人がジュラルミンケ-ス(車輪付き)を牽きながら出てきました。
異様な光景だったので何処に行くのか見ていたら1軒先のビルの一階にある違法景品交換所に入って行きました。

これってパチンコ屋と景品交換所が経営が同じって事を証明してるようなもんです。
警察官僚が天下りしたり、パチンコ業界にたかってるバカ国会議員(与党も野党も)が居るかぎり法律違反がまかり通るって事ですね。
現場の警察官も取り締まったところでパチンコ屋に小遣い貰ってる上司から逆に怒られちゃったりするんで、見て見ぬふりなんでしょう。

昔、鳶の見習い兄ちゃんが『ひと月にパチンコで150マン稼げる』とか自慢しておりました。
でも1日に5マン以上稼げる人間がなんで日給6千円で命賭けて働いているのか、不思議でした。(爆)

ここでも見て頭冷やして欲しいです。


横田めぐみさん拉致の主犯である北朝鮮工作員辛光洙(シンガンス)の逮捕状が請求されたようです。
http://www.sankei.co.jp/news/060323/sha088.htm

北朝鮮の日本スパイ機関である旧社会党(現社民党)やお遍路マヌケ議員によって北朝鮮に帰国してしまい、国の英雄となった人物がおいそれと逮捕される訳はありません。
しかし捜査対象として北○鮮総○や民○、社民党本部等がガサ入れされる事を期待します。
でもこの組織に資金提供をするパチンコ業界にメスが入る事はないでしょう。

なんたって警察キャリアOBの大事な天下り先

ですから~凸!

国を守るべき警察官が賭博組織(しかも経営者日本人じゃない)に天下るんだからいい加減な物です。


みんなでパチンコ止めればすぐ潰せるんだが。 このページのトップへ
中国田舎のレストランの看板


ドハデである。(笑)

私が通っていた現場には食事をする所がない。
下請け会社の職人さん達は現場で食事を作っていたので、一緒に食べようと勧められた。

しかし・・・・
とても衛生面に問題があります。(笑)
無菌状態の日本人の胃袋では耐えられそうもない。
昔(若い頃)は山中で何日間もサバイバルな事をしていたが、歳をとってからでは命取りである。(笑)


それに都会育ちの中国人社員達も結構胃腸が弱い。
へんな物は食べられそうもない。(笑)
よって車で片道20分の道のりの距離にある街まで出かけた。
ここも○場の中なのである。
銀行もス-パ-も工具屋も鉄工所も学校も住居もなんでもある。
但し人口が少ないだけあってレストランと呼べる所は3箇所しかない。
一軒は昼時にも関わらず客が誰もいない。(笑)
ここはパス。
最初に入ったレストランは大きく、きれいな女姐も沢山いた。
しかし女姐達がトイレの洗面所にあったスポンジで箸を洗っているのを目撃してしまい、誰も行こうとは言わなくなった。(爆)
それからは毎日写真の看板のお店に通った。
常連となり、昼時には席を空けておいてくれるようになった。
一族で経営しているらしく従業員も家族と親戚関係らしい。
毎日の事なのでメニュ-からは選ばずに、お任せで料理を作ってもらっていた。
日本人は昼食というとソバとかうどん、あるいは定食でもとっとと食べて終わりであるが中国式だと料理が順番に何皿も出てくる。
これが面倒臭い。
夕食ならともかく昼食に時間がかかり過ぎである。
(だいたい席に着いて40分はかかる)
そして食事が終われば20分かけて戻る。
合計1時間20分が費やされる。
非常に時間が無駄である。

次に行く(たぶん行かないと思うが)までにはマックとかケンタッキ-、コンビニが出来ている事を期待したい。(笑)

(たぶん100年たっても出来ないと思う。)

このページのトップへ
中国のタクシ-のエンジンル-ム


中国のタクシ-『サンタナ』は縦置きエンジンの前輪駆動

私が見た中国のタクシ-は、全部がフォルックスワ-ゲンの中国現地生産であるサンタナを使っていた。
タクシ-に限らず乗用車は殆どと言っていいくらいサンタナばかりである。

都市部の下請け工場に通っていた時は夕方終業後に中国工場の車が迎えに来てくれていた。
ある日、急に迎えに来れないとの連絡があり自力でホテルまで帰る事になった。
この時点で一人でタクシ-に載った事はなく、タクシ-自体にも1回載っただけであった。
おまけに言葉はチンプンカンプン。(笑)

工場の前で流しのタクシ-を捕まえる事にした。
なかなか捕まらないので工場の門番(中国の工場や事務所は門番が必ずいる。)と遊んで(へんな日本語を教えていた。(笑))時間を潰す。
20分くらいしてやっと通りかかったので手を挙げて停車させる。
後部座席に乗り込んで『○○○ホテル』と運転手に告げて運転手の顔を見てびっくりした。
坊主頭にサングラス・・・・・・サンプラザ中○みたいにかわいくない・・・
こんな感じの人
(爆)

凄いタクシ-に乗っちゃったなと後悔するが今更どうしようも無い。
しかも助手席には男が一人乗っている。
知り合いなのか話をしている。
そして良く見るとすでにメ-タ-は上がっている。
その時点で12元くらいを指していた。
こいつはどうやら相乗りをさせたようである。
そして助手席の男と運転手は話しをしながらチラチラとバックミラ-で私を見ている。
雰囲気からすると
『こいつは中国語わかんねえから日本人か韓国人じゃねえか?』
とか
『でも作業服みたいの着ているからイナカッペの中国人でないか?』
とか喋っている雰囲気である。(笑)

う~ん、これは何処か人気のない処へ連れて行かれて身ぐるみ剥がされる可能性がある。
助手席の男は背負い投げ一発で行けそうだが坊主の方は手強そうである。
『カンフ-使われたら負けるな?』とか考えていたら助手席の男が途中で降りた。
その時点でメ-タ-は20元であった。
男は10元しか払わない。
そしてチラチラ私のほうを見ている。
ハゲ運転手は車をスタ-トさせた。
この時点で何処を走っているかなんて訪中5日目の私にわかるはずがない。
このハゲ運転手を信用するしかない。

ハゲ運転手は黙ったまま車を走らせる。

でも淋しい所ではなく中心街へとやってきて知っている建物や風景が見えだした。
そして、何事もなくホテルへ到着。(笑)
料金は40元を示している。
このハゲ運転手はきっと私に40元を請求して、さっき降ろした客の分の10元を懐に入れるはずである。
マチガイない!
でも値段の交渉なんて出来ない。(笑)

ハゲ運転手は振り向き、私に20元くれと指で示す。
50元札を渡したらちゃんと30元おつりをくれた。

なんだ! 良い人だったんじゃん。
中国人はみかけによらない。(笑)

あとで中国社員に聞いたらだいたいその位の金額らしい。



おまけ

『タクシ-インチャイナ』

近代中国都市上海で輪タクをしながら金を稼いだチャンは念願のタクシ-を買い、個人タクシ-を始めた。
もちろん役人に賄賂を渡して営業許可をもらった。
上海の町中を流していると最初の客が乗ってきた。
どうやら日本人ビジネスマン風である。
客  『空港まで10分で行け、100元やる』
チャン『ようがす!チョットとばすアルヨ!』

チャンがコンソ-ルのボタンを押すと車高が下がり、エアロパ-ツが飛び出し、タイヤがレ-シングタイヤにチェンジ、ボンネットにはス-パ-チャ-ジャ-がせり上がってきた。(別にスパ-チャジャ-はせり上がる必要はないんだが。)

そう!このタクシ-は仏映画『タクシ-』や米映画『タクシ-・インNY』を真似てチャンが改造したモンスタ-タクシ-なのである。
チャン『お客さんしっかり掴まってアルヨ!』
チャンはフルスロットでアクセルを踏み込む。
ス-パ-チャ-ジャ-で過給された300馬力のエンジンが唸り、タイヤスモ-クが上がる。

『ガキャキャキャ-』
もの凄い爆音がストリ-トに響く。

次の瞬間、タクシ-はエンジンと前輪タイヤ(駆動輪)がすっ飛んで行ってしまい、運転席と後部座席はその場に取り残されていた。


チャン
『アイヤ-! やっぱり中国製サン○ナは不良品アルヨ!凸 』
このページのトップへ
中国製の花火


ファイヤ-! 
(どこかの国のこれしか言わないノ-タリン、タイゾウの方が未だ役に立つ議員のセリフではない)
とばかりに打ち上げられる12連発の花火である。
点火すると順番に1発ずつ打ち上げられる。
高さは軽く15メ-タ-近くは上がる。
音も結構デカイ。
とにかく結婚式、落成式、等の祝い事には必ずこの花火を打ち上げ、爆竹を鳴らす。
中国人は派手好きであるようだ。
私がやった仕事の落成式でも打ち上げをした。
2箱もあげたので(爆竹の量も相当あった)凄まじい音が鳴り響き、あたり一面に煙が蔓延した。
日本の長崎や沖縄あたりではお祭りで花火や爆竹は鳴らす。
しかし○○事業の完成落成式で派手に花火や爆竹を鳴らすとは思わなかった。
堅苦しい挨拶や、政治家の売名ご挨拶ばかりの日本の落成式よりはよほど好感が持てる。
なかなか楽しい行事である。

こんな大きな箱に入っっているので火薬量も半端ではないであろう。
日本では絶対に販売不可能である。
(こんな物が日本で発売されたらある意味テロ破壊工作に使えそうである)


さすがに中国の都市部では使用禁止であるらしいが私が居た田舎の街では何処でも打ち上げOKのようであった。(笑)
ちょうど国慶節であったのでホテルは毎日、毎晩結婚式をやって居た。
式が終わる度にホテルの前の道路でパンパン打ち上げる。
しかも通りを走る車に火花が飛んでもおかまいなし。
いちいち怒る人もいないようであった。
(中国人はハンドルを握ると人が変わり、狂ったようにクラクションを鳴らし強引な運転をするが、こういう事には寛大である。)

需要が多いらしく街には『花火・爆竹専門店』が存在する。
たいていの街で見かけた。
しかも商店街の並びにある店が多い。
これだけの威力がある花火や爆竹を大量に在庫しているはずであるから
火事になたっら凄い事になる。

田舎のホテルに泊まる時は近所に『花火・爆竹専門店』がないか確認した方がよさそうである。
コラテラル(巻き添え)はごめんである。

豆知識
田舎のホテルは火災報知器やスプリンクラ-があるとは限らない。
あっても作動するかわからない。
よって低い階層の階段に近い部屋をキ-プした方が良い。
火災の時に従業員が誘導なんて絶対しない。(笑)









このページのトップへ


最初にこれを見た時は洗面器かと思った。(笑)


中国の工場は殆どが給食制で昼食の時間になるとこの洗面器食器にご飯とおかずを入れて貰っていた。



中国の下請け工場は中国工場から1時間近くかかるので朝送ってもらったら夕方のお迎えまで此処にいなければならなかった。
よって昼食もなんとかしなければならなかったのであるが、近所にある食堂は蠅ブンブンだし、メニュ-を見てもさっぱりわからないし適当に注文して『犬』とか出てきたら困る。(笑)
それに私は好き嫌いがはげしい。
下請け工場での初日は、送ってもらう途中にあったコンビニ(というかなんでもある普通のお店?)でパンでも買っていこうと寄ってみた。
すると中国語のパッケ-ジの日本のカップ焼きそば『UFO』があった。
これなら間違いなく食べれると思い買って行った。

朝からか言葉の通じない中国人工員を相手にてんてこ舞いであったのだが、昼食の時間となった。
みんなロッカ-から洗面器を出している。
おお!食事の前に手を洗うのね!

と思ったらこれにご飯とおかずとス-プを入れていた。(笑)
手は誰も洗わない。(ーー;;
男性はめんどう臭いのかご飯もおかずもス-プも一緒にかき混ぜて食べている。
これでは木枯らし紋次郎の食事の仕方である。
(木枯らし紋次郎は飯にミソ汁、漬け物をぶっかけて咳き込みながら一気に食べる。こうしないと貧しい上州では兄弟にとられてしまう為であったのだが、大人になっても生活習慣が抜けない。)

さて私も食事にしようとUFOをとりだし工員のおばちゃんに
『お湯をくれ!』と頼んだ。
当然通じるわけがない。
しょうがないので『湯』『タン』と言ったら通じた。(笑)
お湯をくれたおばちゃんはしきりになにか私に訴える。
らちがあかないと思ったのか私のUFOを持って行ってしまった。
『おらのUFOかえせ~!』と叫んだがおばちゃんは何処かに行ってしまった。
しかたがないので応接室で待っているとおばちゃんが食事を持ってきた。
これを食べろと言うわけである。
さっき工員さん達が食べていた物と同じメニュ-ではあるが、洗面器ではなくちゃんとしたトレ-に盛りつけしてあった。
ほんとは中国製UFOも食べてみたかったのであるが、もう行方不明である。
この中華的昼食を頂く事にする。
関東生まれの私には味が薄いが美味しかった。
但し一人分にしては多すぎる量(たぶん私が大食いだと思ったらしい)だったので残してしまった。
そして毎日これを頂く事となった。
そしてオバチャン達は私が食事をしている時に私の中国語ガイドブックを見ながら日本語を勉強していた。
そして色々質問してくるのである。
なかなか勤勉なオバチャン達であった。


しかし・・・・・

オバサンに取り囲まれていたので若い娘は寄ってこなかった。(泣)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。








このページのトップへ
今日は関東地方は春一番が吹いて花粉も全開のようです。
花粉症のわが家のご主人奥様は機嫌が悪く困ります。(笑)


光電話は今日直りました。
原因は壁の中に配線された電話回線(ケ-ブル)がラジオのアンテナの役割をしてしまいル-タ-がラジオになるようです。
ケ-ブルにノイズキラ-付けて直りました。
我が家は電波障害の酷いところで、テレビもラジオの電波も良く入らない場所なのですがこの方法だと(笑)すばらしく良くデンパを拾ってくれます。(爆笑)
それとル-タ-へのダウンロ-ドプログラムが頻繁に送られてきます。
まだまだバクがあるようです


先ほど見ていたTVタックルで司会のたけしが
『日本の政治家も中国で女をあてがわれて、写真撮られちゃった奴いるんじゃないか?』とか『現衆院議長が外務大臣時代に中国にした事は間違いだった』とか話題になってました。
アカピ放送とは思えない内容でした。
ポマ-ド頭とかエロ拓、泣き虫カトチャン、江の傭兵とかが揃って売国バ-ゲンセ-ルをしてくれるので日本も安泰です。凸
このページのトップへ
中国の工場で働く女性工員


中国で製作した部○を組み付けする為に外注の工場を使った。
この工場へは私一人で乗り込んで約10日間ほど作業の監督をした。

ここは他にも美国(アメリカ)へ輸出する製品を作っていた。
これを組立するのは写真の女性工員達であった。
年齢も16位のお姉さんから50過ぎのオバサンまでいた。

オバサンは興味がないのでお姉さん達を観察してみた。(笑)
お姉さん達は何処から働きに出てきているのかはわからなかったが、顔つきも様々で日本人と変わらない顔つきの娘もいれば南方風な娘、ル-シ-・リュウみたいな娘等々色々である。
勤務時間は朝8時~夕方5時迄。
終業時間になるとアッという間にいなくなる。

工場と言うこともあって化粧をしている娘は少ない。
でもおしゃれをしたい年齢らしくピアスをしたり、指輪をしている娘もいた。
同じ年代の日本の女子高校生の様にガングロや鼻にインプラントを埋め込んでいる娘はいない。(笑)
中国の娘の方がよっぽど健康的である。

反日教育を仕込まれたこの世代が日本の事をどう思っているのか、若い人達と話(といっても中国語できないのでボディランゲ-ジだが)をしたいと思っていたのだが・・・寄ってきたのは
50過ぎのおばさん達
であった。(泣)


まあ、私も同世代だからしゃ~ない。(^^;;
おばさん達は反日ではありませんでした。




このページのトップへ
先日開通した我が家の光電話は、電話をかけるとラジオかテレビの番組がバックに流れています

いったいこれはなんなんだ~?

うるさくって相手と話しができん。

光る海、光る大空、光るマンション♪・・・・・

マンションは光んね~よ! 凸

宣伝に金かけないでメンテナンスに金かけろや! このページのトップへ


来る3月26日(日)に栃木県那須塩原市にある丸和オ-トランド那須(JAF公認常設ダ-トサ-キット)で全日本ダ-トトライアルが開催されます。
通常ですと2000円(一人)の入場料が必要ですが今回は入場無料、(車の駐車料金は必要です。)乗車定員で行けばかなりお得です。
東北自動車道西那須野ICから車で20分のところです。
この機会に是非観戦して見て下さい。
レ-スと違い1台ずつ走りタイムを競う競技です。
このダ-トトライアルと言う自動車競技は警察、国交省天下りいっぱいいますがなJAF(日本自動車連盟)の公認競技です。
特にダ-トトライアル(ラリ-も)はB級ライセンスでできる、いわば底辺のモ-タ-スポ-ツです。
そのカテゴリ-の頂点が全日本です。
ここだけでなく北海道から九州まで各地を転戦して行われ、チャンピオンを争います。
全日本クラスともなると転戦にかかる費用や車両維持にかかるお金も半端ではありません。
でも初心者クラス~中級~上級までいろいろなイベントがありますので、あくまでも趣味の範囲でやる分にはそんなにお金はいりません。
B級ライセンスだってJAFの講習会にいけばペ-パ-ドライバ-でもとれます。
かっこつけてA級ライセンスへもステップアップできます。
これも講習とペ-パ-テスト(誰でも受かる)とサ-キットをゆっくり走れば貰えます。(笑)

モ-タ-スポ-ツをすると運転技術が向上し、普段の運転に余裕ができます。
日本の自動車教習所ではドライビング技術などは教えません。
興味がある方は始めてみてはどうですか?
年齢は関係ありません。
18の子供から60過ぎた人までやってます。(笑)
このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

02月 « 2006年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。