FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 2006年12月

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今日お風呂掃除中にスプレ-式のカビ取り剤が右目に入ってしまいました。
痛みがあったので水で洗い流し、目薬をさしましたが違和感が残るので休日診療をしている目医者さんに行ってきました。
塩素系の洗剤はかなり目には危険らしく失明する事があるとか?。
幸いすぐに目の洗浄をしたので、大事にはいたらなそうですが軟膏を塗って眼帯の治療をしてもらいました。
1月2日に再検査することになり、さらに5日には中国対策A型肝炎の予防注射をするので正月から医者通いになってしまいました。(泣)
今日病院で診察待ちをしていると、同じように洗剤が目に入ったとかで来院する患者さんが私の後に二人も来ていました。
けっこうマヌケ不注意な人が多いようです。
結局掃除は中止で医者から帰ってゴロゴロとして何もしませんでした。
次からは防護メガネをして掃除をする事にします。


もう歳なので体力的にもハ-ドな中国出張はあまり嬉しくはありませんが、ブログのネタ的には中国は魅力があります。(笑)
おかげさまで皆さんにポチポチしていただいたおかげでFC2ブログアジアランキングで第2位となる事もできました。
大変有り難うございます。
来年も中国出張が控えておりますのでネタを仕入れてまいります。
頑張ってブログを続けて参りますので宜しくお願いいたします。
それでは皆さん良いお年をお迎え下さい。
一年間ありがとうございました。

 今日は私の誕生日です。家族は誰も祝ってくれません。(泣)
↓  かわいそうだと思ったらここをポチっと宜しくお願いします。






スポンサーサイト
このページのトップへ
中国の田舎の港

今日は大掃除で疲れてしまいブログの更新はしない予定でした。
お風呂も上がって久しぶりに地上波のTVのチャンネルを廻してみました。
(私は普段殆どTVは見ない、見てもCS)
何処のチャンネルも面白い番組などやっているわけもなく、さらにTVアカピにおいてはインチキ占い拝金主義、弟は犯罪人、墓石買わなきゃ地獄に堕ちるわよ、恐喝詐欺師ババア占い師の言う事をうなずきながら聞く左巻きニュ-ス番組のキャスタ-がでている番組までやっています。
こんなつまらない嘘つき番組見るくらいならブログを書いた方が有益です。


中国での仕事も終わりに近づいて一段落した時、上海からの部品待ちになってしまい、空き時間ができたのでドライブに出かけた。
どこへ行くかと言う事になって近所の同じような○○を見に行く事にした。
そこの見学が終わっても未だ時間があったので海を見に行く事にした。
海まで車で一時間くらいである。
中国の海はさぞかし広い海岸線が広がって青い海が綺麗だろうと期待した。

しかし・・・・

思いっきり期待外れであった。

海なのか河口なのか良くわからないし、色は茶色。
それに海なら磯の臭いがしても良いのだがなんかドブ臭いような?

<kantaku1.jpg

しかも地平線の彼方まで干拓して埋め立てしている。
こんな広い大陸国家なのにまだ国土を広げるつもりである。
中国人社員に「中国はどんどん埋め立てして日本と中国をくっつけて中国にする気だろ?」
と言ったら笑ってあと50年とかいっていた。

って・・・

やっぱし侵略する気かい!

エロ拓干拓といえば九州は佐賀県のお客さんの所へ行った時の事を思い出した。
そこは有明海に面する海岸のすぐそばである。
お客さんの所で待機していたのだが夜まで暇だったので海岸を散歩してみた。
ここはムツゴロウで有名でムツゴロウの形をしたトイレまであった。
例の20年以上前の諫早湾干拓計画のをゴリ推しして湾を干拓して農地を作ったってやる農家はいねえよ干拓する業者はどうせメルヘン童話だろ巨大な空き地になってしまうぞだぶん諫早湾干拓事業で有明海の生態系が崩れつつあるらしくムツゴロウ保護区となっていた。
昔はうじゃうじゃ居たムツゴロウも、今や保護区に生息する保護生物となっているようである。
沼のような干潟に居るムツゴロウを眺めていたら通りかかった漁師のおっちゃんが「ムツゴロウ取ったらいけんよ」とか私に笑いながら冗談を飛ばす。
鑑賞用にはグロテスクだし、食ってもうまそうじゃないし、こんな魚取るわけねえだろ。(笑)

夕方になって客先にいると後ろに大きな箱がついた自転車に乗ったおばちゃんが行商にやってきた。
どうやら漁で捕れた魚を行商して歩くおばちゃんである。
この湾で捕れる珍しい魚や貝を売っていたので覗いていたら、
おばちゃんが「アンタも買わんね、ほらムツゴロウ食べんね、一匹100円安かバイ」。


って

それ保護生物じゃないんかい!?

恐るべし佐賀県人!(爆)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国のお寺


エアコン付きである。

今年の私的中国関係の10大ニュ-ス
2004年に初めて行った時よりは見る物に慣れたせいであまり感動はありません。(笑)
こうやって中国の非常識やら生活習慣に慣れてしまう自分が怖いです。

順位をクリックすると関連過去記事にジャンプします。


1位 
 36時間で中国の地方都市と日本の自宅を往復した
一ヶ月の査証切れの為やむなく一時帰国、自宅に居たのは12時間。(泣)
その後2週間滞在。
今度はマルチビザで行く事にします。

2位 
ニイハオトイレのお世話になった。
いくら注意してもやはり起こる腹痛。
私の場合は10日間くらい調子が悪かった。
教訓としてニイハオトイレに入る時はバルサンを投げ込んで、蠅と人 民を追い出してガスマスクをして入れば良い。(笑)
ガスマスクは軍用品店で売ってる。(パチモン臭いが)

3位
宴会で白酒を飲まされダウンした。
風邪をひいていて薬を飲んで居たにも関わらず火を点けると燃えるような白酒(バイジュウ)で乾杯させられダウン。
マジで死ぬかと思いました。
中国出張は命がけです。

4位
中国で車(ワゴン車)を運転した。
担当運転手の王君のあまりの運転のへたさ加減にあきれて運転の見本を示すも効果なし。
但し公道で運転したのではありません。
中国では国際免許があっても運転はできません。
中国の運転免許を取得する必要があります。

5位
産まれて初めてザリガニを食べた。
日本から伝わったザリガニ食文化らしいが中国では上海蟹と並んで人気があるらしい。
手は汚れるし、服に汁は飛ぶし、テ-ブルは汚くなるし、身は少なくうまくもない(笑)。
でもお客さんに出された物を食べない訳にもいかずで、産まれて初めての食体験でした。

6位
初めて招待所に宿泊した。 
招待所は中国人向けの旅館であるが私が泊まった所は新築の高級招待所なのでホテル並の部屋だった。
食事はないので朝は中国人が朝食を食べる店に行った。

7位10年使った携帯電話会社を換えた。 
中国で使える様に国際電話が可能な機種に換えたがトラブル続出。
対応も最悪なので長年使った○コモからA○に変更しました。
電話番号はそのままなので変更の連絡がいらず楽です。

8位
中国製の薬を飲んだ。 
風邪が長引いて持って行った薬がなくなり色々中国の薬を試すが効果なし。
眠くなる成分は強力だが回復はしない。

9位 
予防注射を打ちまくった。(笑)
やはり中国で怖いのは怪我をした時に破傷風にかかる恐れと、衛生状態の悪さからくる肝炎です。
破傷風の予防注射2回とA型肝炎の予防注射1回を受けました。
正月あけに2回目のA型肝炎の注射を受けます。

10位
道ばたで○ンコする人を見てしまっった!
衝撃度は今年最高です。(笑)
人前で平気なのにはビックリ。
こちらが目をそらさないといけません。(笑)
中国政府は北京オリンピックまでに人民の皆さん達に教育をしなければいけません。

人前で○ンコ禁止ってな!
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国の食堂の看板

いったい何屋さんだか良くわからない。
食堂で旅館のようだが?

しかし怪味って・・・・・日本人だとちょっと怖い。(笑)
(味に自信ありの意味らしい)

最近農水省が海外で日本食レストランに認証を与える制度(通称スシポリス)を来年から実施するようである。
実際は農水省の外郭団体にして天下り先を作るのが目的だろうけど海外では反発の声があがっている。

そんな事は税金使ってやらずにグルメ雑誌の企画か、海外情報番組のネタでやってれば良いのである。

第一、日本の中華料理は中国人が食べるとマズイって言うぞ?
カレ-ライスだってインド人からみたらインド人もビックリである。(笑)

私は中国に行っても殆ど都会ではなく田舎に居る。
日本食レストラン等はない。
だいたい日本人だというだけで黒山の人だかりが出来る地方である。
日本の事は反日ドラマで知っていても、どこにあるかなんて知らない人が殆どである。
海は近い所なので海の魚は捕れるようであるが、こんな地方の衛生状態での生の魚(寿司、さしみ)は死を意味する。(爆)
現地の料理では魚を生で食べさせる料理は皆無。
たまにお客さん主催の宴会では冷凍サ-モンの薄い切り身をだされる事がある。
お客さんは日本人の私に気を遣ってくれたようである。
ありがたくないありがたい事だがバリバリに凍っていて食えた物じゃない。
氷を食ってる感じである。(笑)

うまくもなんともない。

中国工場がある都市は日本企業も多く進出している為日本食の看板が目につく。
残念ながらここに居るのは1~2泊の間なので色々食べに行く事はできない。
ホテルの裏にある日本食居酒屋には何回も足を運んでいるのだが、此所は問題ない。
寿司を食べても刺身を食べても腹痛はない。(笑)
名竹林な日本食もまったくない。
しいて言えばメニュ-の日本語が間違ってるのと、ポン酢と天つゆを間違えるくらいである。(爆)
この店は日本人の老人の来客が多いので味についてのクレ-ムが出るらしく、その都度改善されてきたらしい。
こういう前向きな店は安全である。


前回の出張では此所だけではあきるだろうと言う事で違う日本食のお店(ここはバ-カウンタ-風のお店)へ連れて行って貰った。
最初にだされたのが紅ショウガの天麩羅。
私の住む関東地方では紅ショウガの天麩羅は作らないが、関西方面にはあるらしい。
でも・・・・・
細かく切った紅ショウガ(牛丼についてくる奴)を天麩羅にはしねえだろ!

殆ど衣しかねえよ!

他にも天つゆに浸かった揚げ出し豆腐や堅い枝豆など出てくる。

シメに食べたカレ-ライスはル-がインスタントル-なのはしょうがないとしても煮込みが足りない。
私は自分でもカレ-を作るのでうるさいのである。
つまり材料が煮えたらル-を入れて火を落としてしまうのである。
カレ-とかシチュ-のようなコトコト煮込んでうまみを出す料理は中国人には向かないようである。
さっと強火で作って終わりなのであろう。

ママがうまいあるか?と聞くので初めて行く店で毒を吐くわけにもいかず、おいしいと答えておいた。(笑)

しばらくすると日本人駐在員らしいお客さんが何人かやってきた。
若い人が多い。
一人はここのカレ-が食べたくてやってきたと言っている。(常連らしい)
うまいとか言って食べている。

やはり若い人だと妥協が多い。
この店は発展しないかも?

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
中国工場の昼食

gohan1.jpg


中国工場は今年の初めに同じ市内の新しくできた工業団地に移転させられたした。
今までは昼食は炊事係のお姉さんが作っていた給食であった。
食材を買ってきて調理してくれる。
中国では昼食は給食となる工場や事業所が多く、この方式で昼食となる場合が多い。
しかし今度移転した所は自社で建築した建物であるにもかかわらず、工業団地全体で調理室を作るのを禁止されている為に調理ができない。
しかたなしにお弁当式の給食を取っている。
最初はご飯(米飯)もパック入りだったのだが炊き方がいい加減(中国は水加減がいい加減である)でパサパサのご飯であった。
さすがに苦情が出たらしく、でっかい炊飯器を買ってきてお米を炊く事にしたようだ。
パサパサのご飯ではなくなったのだがお米は中国米なのであまり美味しくはない。
おかずは中華なのだが味は痺れる程塩辛い&辛い。
夏場だったので保存を考えての事なのかもしれないが味付けが極端。
私はお茶漬け海苔でご飯だけ頂く事にした。(笑)
日本で有名なメ-カ-の奴である。

しかし・・・

ちっともうまくない。

どうやらお米自体がマズイ(失礼)のでお茶漬け海苔にはマッチしない。(爆)
お茶漬け海苔は米がうまくないと美味しくないようである。

工場で使っているお米は香り米と呼ばれる種類でほのかな香りがする。
日本ではこういう品種のお米は作っていないと思う。
中国のお米は粒も短粒種(日本米は殆どが短粒種)や長粒種と色々な品種が流通しているようである。
中国人は日本人のように食事が米飯中心ではないので、米が美味しくなくても気にしないのであろうか?
でも日本食レストランで食べるご飯はそう不味くもなかった。
日本人駐在員相手ではさすがにマズイ中国米は使えないのであろう。
日本米に近い品種を選んで炊き方も注意しているのであろう。

中国の米が不味いのは大陸気候にあったお米に品種改良をしていないのと、収穫後の管理が出鱈目な為であると思う。
中国人も経済水準が上がって舌が肥えてくると美味しい米を望む様になると思う。
でも何事にもアバウトなあの国民性ではうまい米は作れない。

日本の米、輸出しちゃえ!
どうせ日本で自給できる農産物は米しかないんだし、余って生産調整してるんだし。
米農家は自民党の票田にされて補助金や保護政策で自立ができなかったおかげで国際的な競争力はゼロですがおいしいお米は作れます。日本で消費できなきゃ海外へ売り込め、多少高くてもあんな中国米と較べたら雲泥の差、中国の舌の肥えた日本食好きの富裕層に売り込んでしまえ、今がチャンスだ、早くしないと日本の米農家は自民党の票田が○ウカに移ってしまって補助もなくなってしまい跡継ぎもいなくなってきている起死回生のチャンスだ。)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。








このページのトップへ
中国の道路を走る危険な物体

トラジ


中国の田舎ではこのトラジが流通の主役になっている。
元々は農耕用のトラクタ-なのだが自動車産業があまりない中国の農村部で独自に進化してこの形になったようである。
農耕車の部類になるようで農民が所有する目的で運行が許可されているようである。
農作物や農機具、農業資材の運搬が主目的のようだが違う目的にも運用されている。
商用目的は禁止されているようでもあるが平然と街中で荷物を運んでいる。
まあ、決まりがあっても守る人なんていない。
取り締まりも田舎の場合は厳しくないようである。
但し、低速(40Km/H)くらいしかスピ-ドが出ないので、トロトロ走ってとても邪魔である。
前照灯は点いているが後尾灯なんかないので夜間は発見が遅れ追突しそうになる。
それに運ちゃんは後ろなんか絶対に見ない。

荷物満載の三輪車(バイクタイプ)
bic0003.jpg

こんなに積んじゃって積載オ-バ-どころか後ろはまったく見えない。
それに荷物にはロ-プすらかけていない。
後ろを走っているとこのガラクタみたいのしか見えないので、一体何が動いているのか良くわからなかった。
何時荷物が崩れるかわかったものではない。

これも荷物満載のトラック
otiruzo.jpg

中国ではトラックに荷物を積む場合は積載量なんて気にしない。
積めるだけ積んでしまう。
このトラックも上の方は完全に車体から飛び出している。
こういう物はロ-プで縛っても揺れている間にロ-プは緩んでくる。
ロ-プが緩んだら絶対に落ちる。
そんなものが走るトラックから落下して車に当たれば大事故、人間なら死亡である。
とても怖い。


先週末から中国工場より研修生が来ています。
東京見物や秋葉原電気街でお買い物に付き合ってきました。
東京タワ-にも久しぶりに行きました。
前回行ったのは未だ子供が幼稚園の頃だったと思うので14年ぶりくらいです。
タワ-下のビルも建て直ししたのかだいぶ綺麗になっておりました。
都会嫌いな私は悪い金持ちが住んでるキルビル六本木ヒル○とかお台場とか東京名所を見てもちっとも面白いとは思いません。
それより東京タワ-下のビル2階にあるおみやげ屋さんを見るのが好きです。
とても名竹林な物とか版権を無視して作ってる様な品物が並んでいます。
昔はザザエボンとかいうサザエさんとバカボンを混ぜたようなキャラクタ-の人形がありました。
さすがに今はなかったですが商品構成は相変わらずでした。
ようするに見物に来た外国人相手の商売なので、ケバケバしくて仰々しい商品が多いです。
これを見ていると中国の偽物市場を思い出しました。
やはり外人相手の偽物やバッタ品を売る店が並んでいます。

やはり何処の国でも外人さんは良いカモのようです。

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国の高速道路で作業する人達



ゴミを拾って掃除をする人達

souzi01.jpg

この人は単独行動(かなり危険)


kouzi01.jpg

壊れたガ-ドレ-ルを修理する人達
車線規制もせずパイロンを置いただけである。
いつ車が突っ込んでもおかしくない状況である。


日本の高速道路において清掃作業(清掃車が走って掃除をする)や付帯設備(ガ-ドレ-ルやガ-ドロ-プ、標識の交換等)の工事を行う場合はかなり手前から車線規制をしてドライバ-に注意を促し、何人もの作業員や警備員が動員されて行う。
安全を確保して作業をする訳だがそれでもたまに事故が起きてしまう事もある。

中国の高速道路は色々な物が落ちている。
ペットボトルや紙くずならまだしも、トラックから落下した看板や鉄くず等ありとあらゆる物が落ちている。
交通量の多い日本なら大事故発生である。
私の使った高速道路は比較的空いていたのと直線しかないので、割と遠くから落下物が確認できるので危険回避は早い。
こういう落下物やゴミはけっこう早い段階で処理されるようだ。
写真の人達が高速道路を歩いて掃除しているからである。
そして車の合間を縫って落下物を拾っている。
日本だとパトロ-ルカ-や道路公団の車が落下物を拾う場合は一人が拾う係でもう一人は後続の車に注意を与える。
中国では
当然そんな事はしない。(怖)

一か八かの度胸試しである。
彼らを守っているのは蛍光色のチョッキだけである。
ヘルメットもない。
たぶん道路近辺の(あるいは道路の下になった農地を持つ)農民の失業対策なのかも知れない。
車に慣れていない(車を運転した事がない人が殆ど)人達が、100キロ以上で走ってくる車の合間で仕事をするのはかなり危険な作業である。

実際に事故になってしまう場合もあると聞く。

さすが命の値段が車より安い国である。

きっと轢かれちゃってもろくな補償もないんだと思います。

すごいぞ、なんちゃって共産主義国家

農民の味方です。

それはそうと高速道路の橋桁を見た事があるのだが・・・・・・

どうみても手抜き工事である
東京オリンピックに間に合わせるために突貫工事で作った首都高速より酷い

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。






このページのトップへ
中国のバイク屋さん



手前に並んでいるのは電気バイク

bic007.jpg

やはり日本のSUZUKIが人気あるようである。

私はバイクに全く興味がないので車種とかメ-カ-とかは良くわかりません。
なにしろ高校生の時はバイクの免許は禁止だし、載ったら退学なので怖くて近寄りもしませんでした。(笑)
まあ車の免許でさえ嫌々取ったようなものなのでモ-タ-サイクルには殆ど興味がありませんでした。

しかし普通免許には50ccまでの原付免許がおまけで付いてきます。
大学生の時に友人から原付バイク(ミッション、クラッチ付き)をもらって近所への足がわりにしようと思いました。

最初にスタ-トさせようとクラッチを繋いだ瞬間、バイクは前にではなく
空に向かってスタ-トしました。(爆)

肘からは血が出てバイクはミラ-が折れてしまいました。
運動神経バツグンの私には向いていません。(泣)
それ以来ミッション、クラッチ付きのバイクは載った事がありません。(笑)
バイク好きの人は風と一体になって走れて気持ちが良いと言いますが、私の場合は土にかえってしまいそうで怖いです。



中国で見かけたバイクです

tiger.jpg

日本とは違うセンスである。
エンジンはスズキ?


gentuki.jpg

これは排気量が小さいようである。


bic002.jpg


これはhaojueって書いてあります。
上の看板にあるメ-カ-のようです。

bic005.jpg

日本のように遊びで乗るわけではなく実用目的が殆どです。
中国に珍走団はいません。
いたら即射殺か捕まって強制労働でしょう、日本もそうすれば珍走団はいなくなる)

L02.jpg

女の又に力と書いて努力のですな。
せめてヘルメットくらいは被って欲しいです。
しかし、このおばちゃん迫力あるな。(笑)


bic004.jpg

族の集会ではなくバイクのタクシ-(当然日本でいうモグリ)
こうやって路線バスの停まる所に集まっていて降りてきた客を拾う。
客はヘルメットもなしで運ちゃんにしがみついて

命あずけます! みたいな・・・・(笑)

たぶん事故ったらひん死の客置いてトンズラすると思うぞ。
絶対に利用してはいけません。

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
中国のインスタント・ラ-メン



注意!これマズイです。買わないように
このパッケ-ジの人、何処かで見たことあるなと思って見ていたら、横で見ていた中国人社員の劉君が右腕で頬杖をついて左手でハンドル廻すジェスチャ-をした。
そうかタクミだ!。(笑)
何故か中国語を喋る群馬の豆腐屋の息子だよ。
中国版(役者は台湾だと思ったが)イニシャルDの実写版(かなりCG多いが)を見てる人が多いようだ。
楊君なんてAE86とか言ってるし。(笑)
まあ、映画館で見たのか海賊版V-CD(ビデオCD)を見たのかは聞きませんでしたが。
なんたって映画館で封切られるより先にV-CDやDVDが出回ってしまうらしい。
こんな違法海賊DVDやV-CDが10元(140円相当)で売られているのである。
しかもデパ-トやマ-ケットで堂々と並べてある。
いくらなんでも安すぎである。
私も中国語吹き替えのスタ-トレックを買って(12元)見たことがあるが画質はそんなに悪くはなかった。
こんな物が封切りより前に並んでいたら迷わず買ってしまうだろう。
インチキ品もあるのかもしれない。
特にご禁制のポ○ノなんかはあるのかも?

日本でも10年位前に九州の下請け社員が高速道路のパ-キングで怪しい男から買った「無修正○番ビデオ」ワンちゃんのだったというオチがあった。(爆笑)
しかも5万円分も買ったらしく、警察にも行けず泣いていた。
とんだスケベオヤジの末路であった。

さしずめ中国ではパンダが良いのではないだろうか?

ある意味貴重な映像である。(爆)


中国製のインスタント・ラ-メンやカップラ-メンは酷くマズイ。
日本人はとても食べられた物ではない。
麺はボソボソ、ス-プは味がない。
それに結構高い。(4~8元くらい)
それなら食堂で麺を食べたほうが安い。(2元~3元くらい)
但し・・・・・

衛生面はかなりデンジャラスですけど!

中国の田舎のの食堂の麺

刀削麺


手延麺



とても作り方がアバウト。

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


このページのトップへ
超市でお買い物
中国でホテル暮らしをしていると日用品が必要になる。
日本なら最近はどんな田舎に行ってもコンビニがあるので不便はない。
中国の田舎にはコンビニなんてない。
しかし超市(ス-パ-マ-ケット)が夜9時迄営業している。
ここでだいたいの物は揃う。
レジでの支払いなので店員が早口で値段を言って判らなくても、レジを見れば金額が判る。
他に何か言われても無視してれば問題なし。(笑)
中国人社員達と夕食をすませた後は真っ直ぐホテルには帰らず超市へ行って買い物をする。
買う物は飲料水(私はドリップしたコ-ヒ-をがぶ飲みするので、ホテルのサ-ビスの飲料水だけでは足りない)だとかジュ-ス(特に葡萄ジュ-スが好き)、ティシュペ-パ-(風邪だは下○だはで必需品)、シャンプ-等である。
食品はあまり買わない。
中国のお菓子は最初色々買って試食してみたが殆ど○ズイ(笑)
果物は露天で売ってる方が新鮮で安い。
面包(中国のパン)はたまに買って朝食で頂く。
宿泊していた田舎ホテルは朝食は中華しかない。
毎日中華じゃ飽きがくるので、このパンとコ-ヒ-を持って行って食べるのである。
おかずは中華料理。(笑)
唯一パンに合うおかずは目玉焼しかない。
作り置きしてないので注文すれば焼いてくれるのだが、手際が悪いのでなかなかできない。(日本だとフライパンに蓋をして蒸し焼きにしてしまうが中国はひっくり返して両面焼く。)
おまけに女姐の服務員がトロイとなかなか持って来ない。
待ってる間にパンは無くなりコ-ヒ-も飲み干す。
コ-ヒ-は部屋でお湯を沸かしてドリップして作る。
それを中国で買った蓋付きの(保温も若干できる)コップに入れてもって来るのである。
このホテルの支配人は外国人も良く利用していると言っていたのだが朝食にコ-ヒ-も置いていない。
それに外国人なんて泊まってる間一度も見なかった。
日本人だって私以外はいない。

支配人の言う外国人って何処の国だろう?

まさか、最近中国進出が著しいあの国か?

しかし・・・・・・

メニュ-にキムチはなかった!

もしくは持ち込んで食べてる人もいなかったので、あの国ではなさそうである。





これはティシュペ-パ-
香り付きの物が多い。

mar01.jpg

葡萄ジュ-ス

mar03.jpg

これも同じく葡萄ジュ-ス。(上のよりこちらの方がおいしい)

mar05.jpg

この葡萄シュ-スは高いが濃厚である。

mar04.jpg

中国生産の午後の紅茶である。
日本のより甘いが味は同じ。

mar06.jpg

日本メ-カ-サントリ-の中国生産スポ-ツドリンク。
中国ではあまりスポ-ツドリンクの需要は少ないのか取扱商品が少ない。

超市での隠し撮り映像






↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


このページのトップへ
中国人の服装



中国人男性はこんな格好の人が多い。
黒い上着、黒いシャツ、黒いズボン、黒い靴の黒ずくめで腰にキ-ホルダ-をぶら下げている。
まず明るい色は着ないし白いシャツも着ない。
ネクタイはしない。


m02.jpg

公園の掃除をしている人達。
やはり黒っぽい格好である。
しかも背広姿の人もいる。
作業着と普段着の区別をつけない人が多い。

L05.jpg

中年女性の服装。
なにやら中華模様の入った中国服を着ている。

L04.jpg

若い女性のスタイルは日本とあまり変わらないようであるが、男の方は少しダサイ。

中国田舎町の様子








都会に住む若い中国人女性の服装は日本とたいして変わらないようである。
やはり女性はフャッションに気を遣うのであろう。

但し
①殆ど化粧をしない。スッピン勝負である。
②がに股で歩く。
③何処でも唾を吐く。
このあたりが日本女性と違う点である。(笑)

前回の出張の帰りも例によって中国○際航空であった。
スッチ-は全て中国人なのであるが当然お化粧はしている。
がに股でも歩かない。(笑)

機内食の配膳が始まりスッチ-はあわただしく動き廻る。
私は前方のスクリ-ンに映されるニュ-スを見ていたのだが、スッチ-が通りかかり私の目の前で他のスッチ-に手を上げて(水平にして)合図をした。
半袖のブラウスだったので袖の中が視線に入ってしまった。

・・・・・!

日本女性と違う点をもう一つ発見した。(爆)



*****************************
やはり風邪をひいたらしく体調がすぐれません。
昨日は、かかりつけの耳鼻科のお医者さんに行って診察と注射を受けてきました。
来週は月曜日にA型肝炎の予防注射があるのと仕事が忙しいので倒れるわけにはいきません。
どうも前回の中国出張から体力が落ちたようです。
へんな病気にかかってないか心配です。(笑)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。




このページのトップへ
中国で撮ったスナップ写真です


道路の真ん中を歩くおじいさん。
一人わが道を進んでおられます。

oban23.jpg

何のお店だか良くわからないが店番をするおばあさん。
中国の女性がタバコを吸うのは見たことがないのだが、このおばあさんはタバコを吸っていた。

taiyaya.jpg

タイヤ修理の露天商だが暇なようである。
こんな商売で食っていけるのだろうか?


matikado03.jpg

中国の公衆電話はこういうお店にある。
田舎はほとんどこういうスタイルになっていて電話のほかにもタバコや雑誌、お菓子も売っている。


matikado02.jpg

道路に雑貨を並べて売っている。
しかし対面のお店にも同じような品物が並んで売っている。
対面の店に嫌がらせかケンカ売ってるのかも知れない。(笑)

matikado01.jpg

果物を売るお店が並んでいる。
品物も同じような物である。
一箇所に並んで商売になるんであろうか?

kakegotosunna.jpg

朝っぱらから賭け事をする人達。
現金が飛び交っていた。
なんのゲ-ムかわからないが歩道にテ-ブルを出して興じている。
中国人は賭け事が大好きである。


ayasiiyatu.jpg

高速道路の入り口でお土産のような物を売る露天商。
ガラ悪そうだが買う人いるのかいな?
しかもその辺ゴミだらけである。

今日は昼ごろから体調が優れません。
今朝は結構冷え込んでいたので風邪をひいたかも知れません。
空気が乾燥すると一発で喉をやられてしまいます。
いつも夜遅くまで起きているので今夜は早めに寝ることにします。
それでダメなら早速明日は医者(耳鼻科)に行く事にします。
来週はA型肝炎の予防注射を予約してあるので風邪を引くわけには行きません。
体調しだいでは中止になってしまい、今後の注射サイクル(2週間おきに2回、3回目は半年後)に狂いが生じてしまいます。
先月下旬にはインフルエンザの予防注射をしたので、2週間おきに注射を
する事になってしまいました。
前回の訪中前には破傷風の予防注射を2回受けています。
とにかく予防注射で回避可能なものは全て受けておいたほうがよさそうです。
後で後悔したくはありません。
前回インフルエンザの予防注射を受けに行った時、看護士さん(おばちゃん)と話をしました。

看 外国はどちらに行かれるのですか?

私 中国です。

看 中国では最近狂犬病が流行ってますし、この間も日本で発病して一人亡くなったんですよ!
  発症すると100パ-セント死亡するそうですね。
  
私 じゃ~、狂犬病の予防注射もお願いします。

看 ・・・・・うちは獣医じゃありません!
 

 おいら犬か?(笑)

人間用はないのか調べたらありました。

でもよほどの事がないと予防接種は打たないようです。
看護士さんも知らないわけです。

でも、ここ見てビックリ
http://www.johac.rofuku.go.jp/infection/drugs/vac-rabi.html


あの国は高度危険流行地で真っ黒ですがな~!(泣)

さすがだよ中国、全部真っ黒、アフリカと一緒じゃん!
やっぱし一本打っとく?

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
中国生産の日本車達



日産ブル-バ-ド 
日本では売っていない形。
2世代前のブル-バ-ドに似ている。

tiida.jpg

日産ティ-ダ 
日本生産型と同じ。
但し日本にはないマニュアルミッション車であるようだ。


honda.jpg

ホンダアコ-ド
現行型なのかは私がホンダの車には全く興味がないのでわかりません。

alto.jpg

スズキアルト
日本では絶版になっていると思います。
形はかなり古いようですが中国では現行車?

2年前に訪中した時はサンタナばかりで他の車はあまりみかけませんでしたが、最近は日本の車も増えたようです。
特に目に付いたのは日産車が増えて居ることです。
写真の他にも現行フ-ガとかマ-チも走っているのをみましたし、TVCMもかなりやってました。
上海サ-キットでレ-ス活動も行っているようです。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/news/060011.html

中国製の車達

zinbei.jpg

ジンベイという名前のワゴン車
なんかハイ○-スを引き伸ばした様な格好です。
デザインは完全にパクッてます。

bicy004.jpg

ワンシ-タ-スポ-ツ?(^^;;


bicy005.jpg

多目的ステ-ションワゴン

Imidoriiro.jpg

3輪軽自動車?


中国でも中流階級くらいになると中国製の車は手がでる値段らしい。
でもやはりみんな中国製の車は買いたくはないようである。
やはり外国製の車を欲しがる。
でも外国車になると関税が高く、値段も一気に上がるのでなかなか手が出ない。
そこで世界の自動車メ-カ-もこぞって中国に生産工場を造り現地生産車を作り始めた。
結果、価格が安くなって日本車が増えてきたようである。
(他の国の車も増えているがやはり日本車の急増が目立つ)


でも・・・・・・

これは日本車じゃありませんから~!

nisemononida.jpg


どう見てもホンダのロゴマ-ク、デザインはデリカスペ-スギヤである。

騙されるな中国人!

きっと日本がマネしたとか言って売ってるんだろうと思います


↓ ここをポチっと宜しくお願いします。
このページのトップへ
オランダのプログレッシブ・ロックバンド 
FOCUSの2004年版ライブCD


先週の日曜日は夕方になって奥さんの買い物と夕食がてら近所のジャス○へ行きました。
先に夕食をすませて奥さんの服の買い物に付き合うのはまっぴらご免に買いに行ってる間、私と息子はCDショップ(タ○-レコ-ド)へ行きました。
2人とも当然洋楽の売り場を覗きます。
私の好きな昔のプログレッシブ・バンドのCDは殆ど持っているのと既に解散してるので2人も他界してる某有名バンドみたいにどっかから集めた音源で新譜出したりできません。
でも一応チェックしてみるとこのCDを発見しました。
なんかジャケットが怪しいのと、発売元が胡散臭そうなので海賊版かと思ってためらいました。
海賊版だと音質がいまいちで聞いていられない物が多いのです。
でも一応タ○-レコ-ドだし値段が1、280円でした。
2CDでこのお値段なら外れでも良いかなと買ってきました。
このグル-プは全盛期(1973年頃)に解散してしてからは音沙汰なしだったのですが、知らないうちに再編成したようです
(最近はこういう情報を集める気力もないので)

音質はいまいちですがそう悪くはありません。
メンバ-はオルガンとボ-カル?のタッジス・ファン・レア-以外は全て入れ替わっていますのでは正式にはFOCUSと呼べるとは思えませんが、演奏は忠実に行っています。
全て昔の曲なのでオ-ルド・ファンが聞くには充分だとは思います。

いつもお世話になってるYouTubeさんで捜したらありました。

昔のFOCUS



今のFOCUS


オルガンの所に座ってるデ○は誰なのかと思ったら、変わり果てたタッジス・ファン・レア-だったのでびっくり。
高域の声(ヨ-デル)も出なくなっているようで苦しそう。

っていうかギタ-にヨ-デルやらせんなよ!
イメ-ジ崩れるだろ!(笑)


なんか少し前まで毎年日本で縦断ツア-やっていた昔のメンバ-誰もいませんベンチャ-スみたい。


そういえば色々訴えられて顔面蒼白になっちゃった元黒人マイケル・ジャクソンが日本でこんな事を
http://eplus.jp/sys/web/mjpcp/index.html
本人は出演しないのに40マン!?

これって・・・・・

韓国人タレントの超ブッタクリ、インチキ、お粗末、日本のおばばのサイフは私の物、韓国では日の丸燃して反日だけど日本に来ると親日のふりしてアニョハセヨ、カネダセヨファンミ-ティングより高額である。
日本人は良いカモである。

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

11月 « 2006年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。