FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 2007年01月14日

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
中国の小学校の朝礼



少子化が進む日本とは違い、人口が12億とも14億とも言われる中国には子供が多い。
これでも一人っ子政策があるので、1組の夫婦には子供が一人しか産めないけどこんなに人数がいる。
日本の小学校は通学班で集団で通学しているが、私の見た範囲では中国の小学校にはそんな物はないようである。
1人で歩いているか子育てをしているおじいちゃんかおばあちゃんが付き添って通学しているようだ。
小学生は首に赤いスカ-フを巻いているのだが、全部ではない。
新入生である1年生の時だけなのか、それともひょっとして親が共産党党員の家庭の子だけかも知れない?(笑)
交通事情が無法地帯の様な中国では危険が一杯である。
そのくせ学校の周りがグリ-ンゾ-ンとかにもなってはいない。
交通規制もない。
まあ子供もこんな状況ではすばしっこく育つのかもしれないが?(笑)
学校の周りは鉄柵で囲われていて門には門番が立っているようである。
出入り自由の日本の小学校とは違う。
不思議なのは小学生は良く見かけるのだがそれ以上の中学生や高校生に相当する子供をあまり見かけない。
たぶん制服なんてないようなので見分けがつかないだけだろうか?

中国には私立の学校はない?と思うので、皆同じ教育をうけるしかない。
国の教育方針にさからい、自分の国の国旗や国歌を教えず自虐的歴史観を擦り込むあんぽんたん、基地外、インチキ左巻き、本当は朝鮮のスパイ日教組の先生もいないだろう。
日本だったら公立学校は反日教育を行い、組合活動が忙しく授業は自習ばかりの給料泥棒教師組織日教組だらけなので小学校から私立に入れた方がまともに育つ。(笑)
それと日本にはそこいら中にある塾も見あたらない。
みんな家でお勉強をするのだろうか?
共産国家なので義務教育制度があると思われるのだが、幾つまでなのだろうか?
泊まっていたホテルのフロントの新人服務員(女姐)は、17歳とか言っていた。
と言うことは16歳までが義務教育だと思うので日本で言えば高校一年までが義務教育なのだと思う。
大学へ進学する子供がどの位いるのかは不明だが、こんな田舎には大学はないだろうし、かといって都会に住まわせて大学に通うにはお金も相当かかる。
だから金持ちでもない限り進学は無理であろう。
ほとんどが義務教育が終わると働きに出るのだと思う。


中国の赤るい農村


↓ ここをポチっと宜しくお願いします。






スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

12月 « 2007年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。