FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 2007年01月31日

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
中国の花火爆竹専門店





20070131201127.jpg


中国人はお祝い事になると必ず花火を上げ、爆竹を鳴らす。
爆竹は音がするだけで、火薬量も少ないのでそんなに危険ではなさそうである。
しかし花火は違う。
連発打ち上げ式で、打ち上げ高さもかなり高い花火を使用する。

国慶節(建国記念日)の時等は結婚式が多いのであちこちで打ち上げが始まる。
火の粉が降ろうが、燃えかすが落下しようが、おかまいなし。
そして
打ち上げた後は・・・

当然、やりっ放し。(笑)

大抵箱に火が着いて燃えている。

どんな村でも町でもちょっと大きい市でも絶対にあるのが花火爆竹専門店である。
需要が多いので店も多い。
しかも花火だけしか売っていない。
これで商売になる程、売り上げがあるようだ。
でも民家や商店から離れた場所にあるわけではない。
街中、しかも商店街のど真ん中にある事が多い。
しかも剥き出しで積んであるし、通りからも丸見え。
日本の消防署ならば営業許可を与える訳がない状況である。


火事になったらどうなるのであろうか?

一片にドカンとはならないであろうが、あれだけ強力な花火である。
おいそれとは近づけないであろう。
消火するのはまず無理ではないだろうか?
当然延焼は免れないと思う。
いくらレンガで作った家だといっても中味は燃えてしまう。

私は中国で一回も見た事がない物が二つある。

消防車と消火栓(爆)

中国って火事ないのか?(笑)
そういえばホテルにスプリンクラ-付いてたかな?(怖)
中国のホテルは安全を考えて低層階に泊まりたいのだが、低層階にはレストランや宴会場があるので夜遅くまでカラオケでうるさい。
かと言って高層階に泊まると火事の時、間違いなく逃げ遅れて死ぬであろう。

だって

火災報知器鳴るとは思えないもん!(汗)
中国のホテルは何処でも電気配線がいい加減である。
絶対に鳴らないと思う。
今度からガスマスクと消火器、部屋に持ち込むか考え中。


↓ ここをポチっと宜しくお願いします。






スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

12月 « 2007年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。