FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 2007年03月

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
中国の有料トイレ


中国の都市部は公衆トイレが有料である。
私は利用したことがないので良くわからないのですが、右側に映ってるおばちゃんがお金(5角=1元の半分)を徴収するらしいです。
中はどうなってるかわかりません。
一度覗いてみたいのですが、どこでもOKの田舎にはこんな物はありません。(笑)
高速道路のトイレは無料ですが個室のドアはあります。
しかしドア開けっ放しで座ってる人が大勢います。(笑)
この辺の感覚が日本人と違います。

今日から現場作業が始まりました。
しかし、到着しているはずのクレーン車は来ていないは、資材を積んだトラックの運ちゃんは怒りだすは、でトラブル発生です。
まったく中国では打ち合わせしてもまったく無駄。
予定は未定の有様です。
どういうわけか一台のトラックに3人も乗ってくるので、運ちゃんだけで15人くらいいます。
みんなが一斉に文句を言い出すので何がなんだかわかりません。
前の晩から現場に到着している運ちゃん達は、朝飯も食べていないので怒りっぽくなっているようです。
この場所は食堂も商店もありません。
(というか周りにはなにもありません、地平線が見えます。(笑))
しかもクレーン車が到着したのはお昼になってから。
もう2食も抜いて(前の晩も食べていないとすると3食?)いるので運ちゃん達は飯を食わせろとストライキを起こしてしまいました。
荷物を降ろそうとしません。
一触即発、いつ乱闘になるか冷や冷やものです。
でもそのうち下請けの老板(社長)が何処かの食堂に頼んだ昼食が到着してご飯を食べたら急におとなしくなりました。(笑)

その後はスムーズに荷降ろしが終了し、ニコニコ顔で帰って行きました。
おまけにタバコまでくれます。

あんたら、メッチャわかり易い人間やんけ!(笑)

今度から朝飯食べさせてから荷降ろしさせよっと。

朝と晩の気温差が10度近くもあり、一発で風邪をひいたようです。
おまけに風が強く粉塵が舞っているので呼吸器系もおかしいようです。
目薬を差して、鼻にスプレーをしてしのいでいます。
疲れてしまって皆様のブログにもお邪魔できません。
申し訳ありません。
体調復帰しだいお邪魔したいと思います。
リンクさせていただいている方のブログのいくつかは中国からはアクセスできないようです。
申し訳ありません。

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。











スポンサーサイト
このページのトップへ
中国のコーヒーショップcafe.jpg

2004年に初めて訪中したときは美味しいコーヒーが飲めずに大変困りました。
なにしろ中国工場のある都会でもコーヒーショップは見当たらず、マックでコーヒーを頼んでもインスタントコーヒー(甘くてミルクたっぷりのとてもコーヒーとは呼べない代物)を出してくる始末。
ホテルの朝食のコーヒーは一応ドリップしたものでしたが、入れ方がいい加減でとても飲めたものではありませんでした。
田舎へいったら当然コーヒーなんて飲む人は居ないようでコーヒーショップなんて存在はありません。
しかたがないので日本から挽いた豆とフィルターを送ってもらい、なんとかしのぎました。
それからは出張の度に必ず挽いたコーヒー豆とフィルターを持参しています。
今回は一緒に来た日本人もコーヒー大好き人間なので二人で2.5キロ
ずつ、計5キロも挽いたコーヒー豆をEMS郵便で送りました。
これで2ヶ月は心配ありません。(笑)

中国工場のある都会は最近やたらとコーヒーを飲ませる喫茶店が増えてきました。
ホテルの近くにはスターバックスもできていました。
でも値段はまだまだ高値でスターバックスで最低25元もします。
喫茶店では50元以上するらしいですが、さすがに馬鹿らしいので行きません。
デパートにもコーヒー豆がありましたがやはりかなりの高値で売っています。

2人分のコーヒーをドリップするのは面倒なので、電気コーヒーメーカーをデパートに探しにいったら、なんとブラウンのコーヒーメーカーを発見しました。
値段は約400元でしたが迷わず購入しました。(なぜかメキシコ製)
こういう商品がデパートに並ぶと言う事は中国人もコーヒー文化に染まりつつあるのでしょうか?
しかし・・・
中国人社員にコーヒーを飲ませようと勧めてみますがみんな嫌がります。(笑)
しかも

見下げたような目で見ます。(爆)

なんかよっぽど変な飲み物を飲んでいるように映るようです。

中国に着いてからはほとんど毎晩日式居酒屋で日本食を頂いているのでなんか太ってしましました。
でも明日からは日本食も日本人もいない田舎に移りますので現地の中華料理オンリーの生活が始まります。
痩せると思います・・・・(笑)

でも
棒ラーメン(九州味)60食、レトルトカレー10食、カップラーメン50食もあるので痩せないかも?

こんなに日本食持ち歩いてる馬鹿な日本人は私だけかも?(笑)
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。




このページのトップへ
中国の三輪自動車
3rin0327.jpg


3rin0326.jpg


3rin0325.jpg

今はまだ上海近郊(といっても車で3時間はかかるが)にいるので未だ都会で生活しております。
3年前に初めてきた時は最初の写真のような3輪バイクに囲いを付けたような3輪自動車が一杯走っておりました。
昨年からは2枚目の写真のような3輪自動車が増えてきました。
これらの車は庶民用のタクシーみたいなのが多いらしく、客を乗せて走っているようです。
日本で言えば白タクみたいな存在らしくタクシーメーターがないので値段交渉をして金額を決めてから乗車するようです。
斜め後ろからみると前のタイヤが見えないので宙に浮いて見えるコミカルな格好の車は値段も安いらしく結構な勢いで増えてきました。
内装も外装も貧弱ですが移動手段としてはコストフォーマンスは良いのではないでしょうか?
でもコーナリングの安定性はかなり厳しいと思います。
なにしろ一本のタイヤでフロント加重を支えるわけですから安全性は良くありません。
しかも3輪でエンジンが前に着いていると言う事は後輪駆動なわけです。
プアなタイヤなので雨の日はドリフト走行になるかも知れません。(笑)
もっともスピードがどのくらい出るのかはわかりませんが。

都会を走る乗用車はサンタナ(VWの中国生産車)がめっきり減ってしまいました。
プジョー、シトロエン、アウディ、ポロ、フォード、ビユック等の欧米車も多くなってきています。
もちろん日本車のトヨタ、日産、マツダ、鈴木、ホンダも多くなっています。
都会に住む中国人民もかなり所得が上がっているのではないでしょうか?
それに合わせて道路もどんどん作られていて、あちこちで工事をしています。
また車の取得に伴って居住区も広がっているようで市街地から離れた所にもマンション郡が増えてきました。
昨日もホテルの近くのイベント広場でフォードの新車展示会が行われておりました。
フォーカスクラスで16万元くらいですから日本円にして約250万円くらいでしょうか?
日本とそんなに変わらない値段です。
中国人の所得水準からするとまだまだ高い値段ではあります。
しかし軽自動車みたいな小さい車も増えてきて、女性の運転手も増えました。

昨日はスーパーの駐車場でバックできないお姉ちゃん運転手を目撃しました。(笑)
駐車している車も気をつけないと、バックで暴走してくるかも知れません。
車が増えた分危険度もかなり増してます。

ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
煉瓦でできた建築物
renga0703241.jpg


renga0703242.jpg

中国に着いてからは中国工場で準備に追われているのと、毎晩日式居酒屋で長居をしているので新しいネタもインターネットもできず皆様のブログにお邪魔する時間がございません。
申し訳ありません。
時間に余裕ができましたらお邪魔いたします。


初めての訪中時は毎日が驚きの連続でしたが、5度目ともなると

ごく、当たり前の光景

になってしまい、新鮮味がありません。(笑)

今日は日帰りで現場の様子を見に田舎へ出かけました。
やはりネタ探しは田舎です。
太い大きな木が少ないこの地方(省)だからなのかは良くわかりませんが、この辺の住宅や建築物はほとんどレンガでできています。
写真のように骨組部分はコンクリートスラブで作っているようですが、壁は全てレンガを積んでいます。
レンガを積んだだけなので壁面での強度はまったくないに等しいはずです。
これでは箱状にはならないのでかなり地震には弱いと思います。
地震がないからできる建築構造です。
しかも出来上がった部分だけでも3階の高さがあります。
いったい何階までこんなレンガ構成で建物を作ってしまうのでしょうか?

レンガを積み上げてモルタルで仕上げをするので見た目はコンクリートに見えます。
中国にお住まいの日本人の皆様は、一度自宅の壁が何でできているかご確認されたほうが良いかと思われます。(爆)

そういえば、こんなのも目撃しちゃいました。

boat.jpg


運河に浮かぶ船もレンガを使っています。
動く船の船室もレンガで造ってしまうとは驚きです。

さらに帰りの高速道路では驚愕の光景が!

高速道路を走っている自転車は初めて見たばい!(笑)

鍬かついで高速道路を横断している農民は良く見る光景ですが、自転車は初めて見ました。
ここをポチっと宜しくお願いします。


このページのトップへ
皆様ご無沙汰しております。
無事中国で生活を開始しております。
上海浦東空港に到着してお迎えの運転手を探しても見当たらず、しかも中国移動通信のSIMカードを入れたGPS携帯で連絡しようにも開通作業がなぜかできない状態で音信普通。(汗)
なんとかAUのICチップに入れ替えて連絡を取ると、なんとお迎えの車は途中で追突されてリタイヤ。
代わりの車が来るまで空港に足止め。
早くも中国らしいトラブルに巻き込まれてしまいました。
翌日は下請けの工場周りを行いましたが一軒目の訪問先で検査が終わったら11時、中国の工場は11時から昼食になる所が多いのでさっさと退散(逃走とも言う)しようとししたら案の定老板(社長)から昼食のお誘いが。
なんとか帰ろうとしても無理やりレストランに拉致されました。
こういう場合は絶対に昼から酒飲まされます。
しかもテーブルにはあの白酒(バイジュウ)が!
これで干杯(カンペイ)攻撃が始まってしまいました。
私が中国で一番怖いのは鳥インフルでもA型肝炎でも狂犬病でもなく、この白酒乾杯攻撃です。
この50度以上もある、とても特殊な匂いがする酒は、お酒を味わうというよりは度胸試しに近い、とても危険なお酒です。(笑)
なんとかグラス一杯だけで済ませましたが下戸の私にとっては致死量に近い量であります。(笑)

もうお昼からはどうでも良くなってしまいました。(笑)

夕べはホテルの部屋のLANに繋げようとしたらユーザー名とパスワードで管理されているので繋がらず。

今日やっと接続ができました。
でもさっきまで日式居酒屋で何故かロシア人達に梅酒で乾杯攻撃を受けてしまい、頭フラフラ状態です。(笑)

明日からはなんとか規則正しい生活を送ってブログの方も更新したいと思いますのでよろしくお願いします。
 ここをポチっと宜しくお願いします。
このページのトップへ
中国の三輪トラック
a3rint.jpg

これも一度運転してみたいのですが公道じゃ無理だろうな?(笑)

今週に入って中国駐在委員のパソコンにウィルスが侵入したらしく、メッセンジャ-もメ-ルも使えなくなっています。
中国工場のパソコンは中国語窓でイントラを組んであるのですが、日本人が使えるように日本語表示ができるソフトが入っています。
これがなんかあまり良くなくて色々トラブルを起こします。
実際にはウィルスなんだかこのソフトのバクなんだか犯人がわかりません。
向こうにいったら調べてみようと思います。

私は出張に持ち歩くB4サイズのパソコンは昨年中国で壊れてしまい中国に残してきました。
今回は新たに知りあいから買い取った中古のパソコンを持って行きます。
これなら盗まれてもあきらめはつきます。(笑)
どうせメッセンジャ-とメ-ル、ブログの更新がメインなので充分です。
ですが昨年末購入してすぐにフォ-マットして、OSやらソフトを入れて、さらにウィルスセキュリティ(安いソ-ス焼きそば製)をインスト-ルしておきました。
それからは殆ど使う事がなかったので放置しておりました。
しかし2~3日前から様子見で電源を入れて見たところインタ-ネット接続ができません。
色々調べてみるとどうやらソ-ス焼きそばのウィルスセキュリティが悪さをしているようでした。
アンインスト-ルすると問題なくインタ-ネット接続が出来るようになりました。
どうやらこれはあまり良くないようなのでノ-トンを買って来て入れる事にしました。

しかし、夕方になって息子がアウトレットに連れて行けと言うので付き合わされました。
行きは高速道路で1時間でしたが帰りは高速道路が20キロの大渋滞です。
しかたがないので下道で2時間かけて帰ってきました。
やっとソフトのインスト-ルが終わってスキャンを行っています。
まだまだ寝る事ができません。(泣)

暫く更新ができないかも知れませんが、たまに覗いて下さい。
宜しくお願いします。
なるべく現地新鮮ネタをアップする予定であります。
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


このページのトップへ
中国のTE27的トラジ




一度で良いからこのトラジを運転してみたい。(笑)
免許がいるのかな?
セルモ-タ-なんかないから、クランク棒を突っ込んで手で廻してエンジンをかける。
構造が簡単なので壊れてもすぐ直る。
エンジンもその辺にごろごろあるようで載せ替えが効く。
そうとう長く使用できると思う。

それに

絶対にモデルチェンジはしない!

カラフルなカラ-リンングを施して、ダ-トレ-スをさせたら面白いと思う。(爆)

大昔、トヨタにTE27という型式のカロ-ラがあった。
大衆車カロ-ラのク-ペボディに、セリカGTの1600ccツインカムエンジンを押し込んだスポ-ツモデルである。
じゃじゃ馬的な走り方をするので人気が高かった。
暫くして排気ガス規制があり生産中止となった。
貴重な存在となってしまう。

私がラリ-を始めた頃はこのTE27はラリ-の世界でも人気車であった。
しかし玉数が少ない。
崖から落ちて全損になると解体●さんで普通のカロ-ラSRを買ってきてエンジンと車体●号の刻●を〆%#&**@☆∞∞○・※してオ-バ-フェンダ-を付ければ、あっという間に元どおり。(爆)

先月末でトレ-ニングジムは退会したので今月は仕事も忙しい事もあり全く運動をしていない。
体重が増えている・・・。(泣)
ジムは4年前に入会したのだがそのときは体重が3桁に近かった。(笑)
昔は自分で設計した物件は自分が監督に行くのが常識だったので、デスクワ-クばかりでなく現場に出たので良い運動になっていた。
しかし10年前に体制が変わって、よほどの事がない限り現場には出なくなってしまった。
それからは太る一方で限界点に達しようとしていた。(笑)
しかし、4年前に中国の仕事を任されたのをきっかけにジム通いをすることにした。
とても前の体重では現場はできない。
訪中するまでの約1年で15K減量した。
さらに中国で5K痩せて帰ってきた。
もっともこの5Kは帰国1ヶ月で元に戻ったが(笑)

その後もジム通は続けていたが、担当してくれていたトレ-ナ-が急に退職してしまい、その後は放置状態になってしまった。
その担当者は色々チェックしてくれて、メニュ-を変えたりしてくれるので効果があった。
放置されると得意のル-ズさが出てしまい、トレ-ニングしていても効果がない。
ドンドン元に戻ってしまった。
昨年の訪中で下痢して6K痩せて帰ってきても、ジムに通っているにも関わらず体重は増加。
めでたく振り出しに戻った。

スゴロクじゃねえよ!

このジムは良いトレ-ナ-がどんどん居なくってきたので(何か経営上のトラブルか?)辞める事にした。
金払って太るのは馬鹿らしい。

それに来週から訪中である。

中国で生活すれば、おのずとダイエット!

さて何キロ減量できるでしょうか?(笑)
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


このページのトップへ
中国製三輪乗用自動車



全開でコ-ナ-に飛び込んだら絶対に転倒する事間違いなし。
フロントを軸に回転すると思います。
今まで車3台転倒させた私が言うのだから間違いありません。(笑)

来週月曜日から出張なのですが、行くまでに終わらせておく仕事が終わりません。
残業が続いております。
サバイバル食品を送ったり、パソコン関連の周辺機器を食品に紛れ込ませて送ったりして出張の準備の方はなんとか進んでいるのですが持って行く荷物がまとまりません。
夏服やら普段履く靴(私の足のサイズの靴は中国では絶対に売っていません。)は中国に置いてあるのですが、今回は時期が冬から春にかけてなので服の用意に困っています。
中国も3月までは暖かかったらしいのですが日本と同じく3月に入ってから冷え込んでいるようです。
現場は屋外なので寒いと困ると思い、防寒ジャンパ-やベンチコ-トを用意しました。
じっとして作業を見ているだけなので寒いとどうにもなりません。
普段着としては
セ-タ-は基本的に着ないので毛糸のチョッキを一つだけ。
トレ-ナ-1枚、フリ-スのブルゾン、ジ-パン、コッパンを各1枚ずつ。
Yシャツ2枚、ポロシャツ1枚、下着上下4枚。
他には部屋着としてジャ-ジ上下です。
もうこれでス-ツケ-スに入り切れません。
パンパンです。

で、どうするか考えました。

圧縮してしまいます!
圧縮袋を100均で買ってきてさっそく詰め込み開始です。
こんな事は今までやった事はなかったのですが。

おもしろか!(笑)

服を袋の中に入れ、掃除機で中の空気を吸い出すとペッタンコになってカチンカチンになります。
こうなると面白くって持って行く服は全て圧縮。(笑)
容積が1/3くらいになるのでス-ツケ-スに余裕が産まれます。
但し重量は変わらないので余裕があっても荷物を増やすわけにはいきません。
ス-ツケ-スは事前に成田に送ってしまうし、上海では迎えの車が来るのでス-ツケ-スを持ち歩く事はないのですがケ●な会社がエコノミ-しか取ってくれないので20kまでしか許されません。
ノ-トパソコンは機内に持ち込みするので重量には加算されませんが、さっき計ったら服だけでも23Kもあります。(ス-ツケ-ス含む)
原因はス-ツケ-スの重量が9..5Kもあるからなのです。
中国の航空会社は荷物の扱いが乱暴なので頑丈なス-ツケ-スを去年新調したのです。
ですから中味は10Kちょっとしか入りません。
これでは帰り(4月中旬以降)の時着て帰る服が入りません。(笑)
まさか4月中旬だってのに冬用のス-ツ着て帰って来るわけにもいきません。
かといって中国で服を買うには抵抗があります。
好みの物は今までの調査からいっても絶対に見つからないでしょう。

やはり・・・・

中国服買って中国人になりすますか?(笑)

絶対に中国マフィアにしか見えないから、入国させて貰えないかもしれません。
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。




このページのトップへ
中国の銀行


中国の銀行窓口は日本の様に窓口カウンタ-が開放等はされていない。
分厚いガラス(防弾?)が天井まで延びて仕切っている。
窓口は横入り出来ない様にスタンドポ-ルとロ-プで仕切られた先にガラスの壁がある。(中国では並んでいても横入りされる、私も日本だったらビチ切れて摘み出す所だが中国ではおとなしくしている。)
ガラスには声が聞こえる様に小さな穴が幾つも開いている。
しかしこれでは書類も現金もやりとりができない。
良く見るとガラスの下にトンネルがあり、其処に通帳や書類を入れる。
すると窓口係がそれを手を突っ込んで取り、今度は現金を入れる。
それを客が手を突っ込んで受け取る。
おまけに窓には格子が入っている。
田舎の銀行でもこんなリッパなセキュリティ-である。

多額の現金が置いてあり、良く仲間内で現金強奪がある朝鮮玉入れの換金所よりも厳重である。

中国はアメリカみたいに警備員がショットガンを持ってたりするのであろうか?(笑)
なかなか白昼に銀行強盗するのは難しそうである。
それに一番大きい札が100元(1400円相当)なので労働に対しての対価が少ない。
それに捕まれば中国だから死刑ではないだろうか?
だからニセ札作る方が効率が良いのであろう。
かなりニセ札が出回っているらしく商店やス-パ-のレジは100元札を出すと必ず透かしたりして確認する。
我々日本人だと知らずに受け取って使ってしまう。
それがもしニセ札だったら大損である。
日本のように警察に届けてもニュ-スの話題にもならない。

そんなのは日常茶飯事である!

これも掴まされた方が悪い、という理論である。

銀行が渡す札だって危ないらしい。
100元札を受け取ったらその場で確認した方が良いだろう。
どうやって確認すれば良いかわからないが?(笑)


私は今までお金は旅行小切手にして所持していたのだが中国では換金が難しい。
円建てでもドル建てでも同じなのである。
窓口のおね-ちゃんは日本の旅行小切手を見た事がないらしく換金に応じてくれない。
散々交渉して調べさせてようやく換金できるといったパタ-ンである。

危うく中国で無一文になる所であった(汗)

今回は日本円現金で持って行こうと思っている。
都会なら銀行でなくてもホテルの換金所で日本円の換金が可能である。


でも田舎のホテルでは

これは何処の国のお金ですか?

とか言われてしまう。(笑)

一番安全で確実なのは中国の銀行に預けてCDで引き出す方法であろう。
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
口水と呼ばれる携帯用お茶容器


中国に行くと健康的な事にコ-ラやジュ-スを飲まなくなる。
理由は冷やした物がないので常温だからである。
夏はホットである。(笑)
夏に暖かいコ-ラを飲んでもちっともうまくない。
よって飲むのは飲用水だけである。
でもそれでは寂しいのでお茶にしたい。
でもペットボトル入りのお茶には砂糖が入っている物が多い。
昔、私が幼少の頃は麦茶に砂糖を入れて飲むと嬉しかったが(甘い物が少なかったので糖分は嬉しいのである)それと同じ感覚なのであろうか?

今はちっとも嬉しくないので買わない。(笑)
ではお茶は自分で煎れてもって歩くしかないので中国人のマネをしてこれを買ってみた。
ガラスの容器でキャップがネジ式でパッキンが入っている為、横にしても漏れない。
なかなか便利である。
値段も安く9元(126円)であった。
重宝していたのだが、ある日キャップを廻そうとしたら容器が割れてしまい手を切った。
クラックが入っていたのだと思うが、やはりガラス容器では取扱に注意しないと危ない。
よって次はステンレス製の水筒にした。
これも値段の割には良い物で4年経った今でも現役である。
こういう容器は日本よりも需要が多いのでいろいろな容器があるので面白い。
日本だと水筒なんて遠足かハイキングくらいでしか持ち歩きしませんから。


昨日中国移動通信のSIMカ-ドとGSM携帯電話を買ってきました。

moto.jpg

昨年はドコモの国際ロ-ミングが出来る機種を使っていましたが、中国で通じないは、日本に帰って来ても圏外だは、でトラブル続き、おまけに対応は高級官僚気取りだったのでさっさとAUに乗り換えしました
AUは国際ロ-ミング共用の機種はダサイので国内専用にしてICチップをGSM携帯に入替して使う作戦にしました。
でも良く考えてみるとこれだと利用料金がバカ高いし、第一中国人社員達は私に電話したがりません。
さらに受信も嫌らしい(笑)。
発信も受信も課金される中国では私の携帯からだと料金が高くなるようです。
そこで中国で使える携帯電話とSIMカ-ドを購入する事にしました。
携帯電話はGSMなら何処のメ-カ-でも機種でも使えます。
SIMカ-ドは電話番号がインプットされているので、これを携帯電話に挿せば使用可能となります。(日本では使えません)
中国に着いてから開通作業をすれば良いようです。
電話料金はプリペイドなのでこういう所で
teki.jpg

カ-ドを買ってチャ-ジすれば良いようです。
但し90日以上チャ-ジされないと電話番号が解約になってしまう方式らしので、日本に帰国してから3ヶ月以上中国へ行かなければ解約になります。
でもSIMカ-ド自体は1980円だったので気になりません。
又購入すれば良いわけです。(関係者に電話番号を通知するのは面倒臭いですが)
電話機自体も一番安い機種だったので7800円でした。
これなら無くしてしまってもさほど気にならない金額です。

しかし・・・・

100元分のリチャ-ジカ-ドが何故3000円なんだ!

失敗しました、これは中国で買った方がお安いです。(T0T)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国のクレ-ン車
boroi.jpg

資材を設置する為に一日だけ呼んだクレ-ン車。
凄いのが来てしまった。
タイヤが丸坊主である。(笑)
このトラックは前にマフラ-が着いている。
後方排気ではない。
こんな構造で乗ってる人は排気ガスで倒れないのかいな?
すっごい危険なトラックである。
まあ、オペレ-タ-の運ちゃんもかなり

危ない感じであったが。(笑)

中国での仕事は大型クレ-ンを使用するのであるが、中国では日本の様に重量クレ-ン屋がアチコチにあるわけではない。
しかも値段が高い。
最初の工事の時に現れたクレ-ン車は25tonクレ-ン車である。
日本では珍しいトラック型のクレ-ンである。
これもかなりボロい。
排気ガスもかなり臭い。
周りにいると屋外でも気分が悪くなる。
そのせいなのか、燃料代がもったいないからなのか良くわからないが、すぐエンジンを止めてしまう。
よって指示をうけてからエンジンをかけて動かすので作業が遅くなる。
10日間使ったのであるが一度も燃料補給をしなかった。
(現場に固定して動かさなかったが、燃料を入れにタンクロ-リ-はこなかった)
使用料金からするとかなりボロい儲けになるようである。
ちなみにこのクレ-ンの運転手は二人きた。
共同出資者の間柄らしい。
だから仕事には二人でくる。
非常に効率が悪い勤務態勢である。(笑)
しかもヘタクソな方が運転をしたがるので困った。

出資者が3人のクレ-ンも来た事があった。
この時は運転担当(移動時)と作業時の運転担当、携帯電話しまくりの営業担当と別れているようであった。
ようするに動くオフィスなのである。
こちらはもの凄く効率が良い。(笑)
このクレ-ンは50トン用なのでかなり大きいサイズであるので、近辺の業者ではあまり所有していない様で需要が多い。
我々の仕事が夕方終わってからさらに違う現場で夜の作業をするらしかった。
移動時の運転手が運転している間が作業運転手の休息時間なのであろう。
今、中国は建設ラッシュであるのでこういった業種は成長産業である。

しかし・・・・・

資格を持ったオペレ-タ-なのか怪しい?(笑)


今度は資格証明書を提出させよう。



訪中予定は16日でしたが、案の状 工程が遅れてきて日程が3日ずれました。
訪中までに終わらせなければならない仕事が山積みだったので、少し助かりました。

でもエンドは決まってるので遅れた分はしわ寄せがきます。
今回もノンビリはできそうもありません。(泣)

cafe.jpg

着々と準備しつつある、サバイバル食品。
コ-ヒ-(轢いた豆)2キロとレトルトカレ-20食、九州味棒ラ-メン60食分、その他です。(爆)
重量15キロ、これだけで送料が一万円超えます。

って 中味の金額8千円なんですが・・・・
送料の方が高い。(T0T)

少し減らそうかな?
いくらなんでも多すぎですね。

でも・・

中国で売り飛ばす手もあるな?(笑)

予約受付中!

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
中国の田舎の商店



中国で一番良く買うのが飲料水である。
田舎だとこういうお店に置いてある。
飲料水やお酒(白酒)、ビ-ル、清涼飲料水(コ-ラ、ジュ-ス)等を売っているのである。
『冷飲』と書いてあるのは冷たい飲料もあります、という事だが冷やしたコ-ラやジュ-スがあるわけではない。
冷蔵庫があっても大抵カラッポであるし、たとえ冷蔵庫の中に入っていても電源が入っていない事が殆ど。

ほとんど冷やかしである。(笑)

なんの為の冷飲の看板だか良く判らないのだがアイスクリ-ムは売っていた。
コ-ラもジュ-スも暖かいのではとても清涼飲料とはほど遠いのであるが、お腹を壊さないので良いかもしれない。
でもたまには冷たい物も欲しいのでアイスクリ-ムを良く買って食べた。
これは日本とソックリの味なので無問題。

今までは夏~秋にかけての訪中であったが今度(3月中旬)は冬から春になる。
日本でも暖冬であったが、中国も先日まではかなり暖かくて春の陽気であった。
しかし先月末訪中した別チ-ムに今日電話したところマイナス2度だそうである。
ダ-シ-さんのブログによると北京は大雪らしい。(寒)
かなり寒いらしい。
しかも行くときは暖かかったので薄着の装備で行ったらしい。
さらに食事も初めての人達には合わないらしく辛そうである。

全滅間近である!(爆)

今、出張の準備をしているのだが衣服を選ぶのに迷っている。
外で作業をするのであるが防寒ジャンパ-を持って行くか迷う所である。
他にも普段着としての服も迷う。
特に上着である。
冬用で準備するか春先用かで迷う。
向こうで買っても良いのだが色が地味な物が多く好みではない。(笑)
ス-ツケ-スに入るだけ冬服と春先用の服を詰めるしかなさそうである。
さらに行く時に寒いようであれば冬用ス-ツにコ-トで行くしかない。

しかし・・・

帰りは4月下旬・・・・・

汗かきながら帰ってくるのか?(笑)

中国のファ-ストフ-ドのマントウ

mantou02.jpg

だいたい2個で1元以下、かなり安い。
肉が入ったのとか、野菜が入ったのとかがある。
作ってる所は見ないようにして買う事。(笑)
加熱してあるから無問題・・・・・だと思う。(笑)
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
中国の湯飲み茶碗

前回の訪中の時、帰国前日に元中国人社員の楊君夫婦達と食事をした。
その時おみやげに持たせてくれた湯飲み茶碗である。
鉄製(鋳物)で竹の模様が入っていて漢文で何か書いてある。
たぶん、高価な品物であろうと推測される作りである。
もったいないので使わずに飾ってある。(笑)

中国のオフィスでは陶器の茶碗よりもこういう蓋の出来る湯飲み茶碗を使う人が多い。
茶こしが付いていて茶葉を入れ、お湯を入れる。
なかなか便利なので何個か日本に持ち帰って使っている。

中国では意外とウ-ロン茶よりも緑茶を飲む人の方が多いように見受けられる。
最初、レストランでガラスのコップにお茶の葉が直接入っているのを出された時はビックリした。
お茶葉が邪魔でうまく飲めない。
口にお茶葉が入ってしまい、お茶葉を食べる羽目になる。
ずいぶんと手抜きなお茶の入れ方である。
他の人の飲み方を見ているとお茶葉が沈殿するまで待って、そっと上澄みを飲んでいる。
私の祖父は静岡の出身でお茶好きな為、毎年大きな茶箱でお茶を静岡から取り寄せしていた。
朝食、10時、昼食、3時、夕食と一日に何回をお茶を飲むのである。
子供の頃は祖父母が私の子守をしていたのでお茶ばかり飲まされていた。
よって緑茶は大好きなのである。

こんなお茶の入れ方では、ちっともお茶がうまくない。
ホテル暮らしだとわざわざお茶を買ってきて急須を用意してまではお茶は飲まない。
よってレストランで出てくるお茶を飲むのがせいぜいである。
大抵は番茶みたいな緑茶である。
たまにジャスミン茶がでる所もある。
このジャスミン茶は沖縄でも良く飲んだので慣れている。
お茶の味を楽しむのではなく、臭いを楽しむお茶である。

昨年末、日本に研修に来た中国人社員(男)は他の社員に色々おみやげを頼まれたらしく買い出しが大変であった。
そのリストの中に緑茶があった。
どうやら女性社員に頼まれた様だ?
私は何処かお茶屋に連れて行こうとしたが、彼はなんと秋葉原電気街で買い物をしたついでにレジの横にあったお茶の包みを選んだ。
外国人専用コ-ナ-なのでそんなおみやげが置いてある。
500g450円であった。(笑)

そんなんでいいのか?(笑)

でも、なんか好評だったらしく、日本人駐在員が帰国する時もまた頼まれたらしい。
先日書類をEMS郵便で送るついでにお茶(500gx2)を同梱しておいた。
もうそろそろ到着すると思う。
好評であると良いが?

でも・・・・

特売で500g600円のお茶だけど。(爆)

逆に中国緑茶を母の土産に渡したら一言。

マズイだって!

もう土産はやらねえよ!(笑)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。





このページのトップへ
中国のガソリンスタンド

『おらの順番はまだか~?』 てな具合? 

昨年は石油が不足していたらしく(今でもか?)ガソリンの値段が上昇していた。
場所によっては30Lしか売らない店もあるようだった。
未だかってこんな凄い勢いで経済成長する国はなかったし、図体もデカイので大変なエネルギ-が必要となる。
何もかも足りなくなって来てるようである。

今日、ニュ-スを見て居たら日本のアチコチで金属の盗難が発生しているらしい。
道路のグレ-チングや車止め等の公共物が大量に盗難にあっているらしい。
しかも田舎にある火の見やぐらの半鐘まで盗まれていると言う。
鉄やステンレス、銅、とにかく金属の塊みたいな物の盗難が多いらしい。
ニュ-スでは盗まれた金属類は中国に運ばれているという解説であった。

需要に供給が完全に追いつかなくなってきているようである。
7年くらい前は日本では金属の値段が安く、鉄クズを処分しようとすると全て産業廃棄物扱いになってしまい、処分する時にお金を払う始末であった。
現場管理を行う人間にとってこの鉄くずの処分が頭痛の種であった。
最近は国内の現場には出ていなかったので鉄くずの処理にお金がかかるのかは知らないが、車を廃車にする時には廃車処理代を取られないとも聞く。
最近新車購入の時や車検の時に取られるリサイクル費用と言うのがあるが、あれは金属の価値が無い時に決まった法律である。
処分にお金がかかるどころか売れる時代になったのでその辺に車を捨てる輩はいなくなったはずである。
たぶんあのリサイクル費用は役人どもが自分達の好きに使ってしまうか、天下り団体を作るのに使ってしまう。

我が家の周辺にも廃品回収のトラックが一日に何回も通り過ぎる。
荷台には自転車や電化製品、が積まれている。
こんな物でも回収すればお金になるのであろう。
運転しているおっさんの目がギラついている。

獲物を狙う肉食獣の目である。(爆)

昨年、要らなくなったCRTを処分しようと外の物置の上に置いたら、アッという間に無くなった事があった。
たぶんこの手の業者が盗んでいったのだとは思う。


初めて訪中して工事を行った時に大量に鉄くずや廃材、ダンボ-ル等の廃棄物が出た。
中国で産業廃棄物は値段がどのくらい取られるのか判らなかったので心配であった。
日本だと50万くらいかかりそうな廃棄物が出るのである。
日本からの輸入品等は厳重な木枠梱包に入っているので相当なゴミが発生する。
とりあえず、金属類、 木枠、ダンボ-ル、発砲スチロ-ル等に分類して現場の片隅に置いた。
毎日出るゴミであるので最終的には置き場所ももっと広い場所にしなければならないな?と考えていた。

しかし・・・・・・

次の日には影も形もなかった!(笑)

夕方になると何処からか農民のおじちゃん、おばちゃんが現れて持って行く。
鉄くずはサンリンス-に乗るおじちゃんが集めて持って行く。

まるで砂糖にたかるアリのようである。(笑)

でもゴミ以外は持って行かないので盗難は殆どなかった。
その点は安心していられた。

でも今年は色々切羽詰まってきてるので、安心してると危ないかもしれないですね。
誰か夜警に置いておかないとヤバイかも?
朝になったら資材全部無くなってたりして。(笑)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。




このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

02月 « 2007年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。