FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 2007年06月

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
中国人民一般庶民の交通手段各種



最近良く見かけるQQと言う軽自動車です。
タイヤがちゃんと4本付いてます。

norimonokayo04.jpg

三輪オ-トバイ車にカウルが付いた車両。
全天候型です。

norimonokayo03.jpg

オ-プンタイプの三輪自動車にお手製の屋根を取付てます。
日除けにはなるでしょうが、雨除けには無理がありそうです。
それにワイパ-がありません。

norimonokayo07.jpg

箱乗りしてますが中国の珍走団ではありません。
合法です。(笑)
しかし・・・ナンバ-もありません。

norimonokayo02.jpg

エンジンオ-トバイは規制される方向のようで、町には左側の電動バイクが増えてます。
価格も2000元(32000円)くらいです。
免許は要らないようなので外国人が運転しても問題ないようです。
但し・・・
あの交通事情なので命の保証はありません。(笑)


norimonokayo05.jpg

田舎に行くと(都会にもいるが)アチコチに輪タクが走っています。
3元(48円)でかなりの距離を走ってくれます。
但し。坂道は気の毒で思わず降りてしまいます。
だれでもやれる商売のようです。
この輪タクは元締めのような組織から、一日幾らかで借りてきて商売をするのだと思います。
需要よりも供給の方が多いくらい大勢います。
儲かるのは輪タクを貸してる元締めです。

norimonokayo08.jpg

これはご老人用の車椅子なのでしょうか?
動力がなさそうなのですがどうやって動くのでしょうか?
まさか? ハンドルのレバ-を漕ぐようにするのかな?


norimonokayo09.jpg

三輪バイクの荷台を客室にしたタクシ-。
夏はとても暑そうです。


norimonokayo06.jpg

・・・・・・
ガソリンも電気もいりません。
ただし、水とエサが必要です。
でも道ばたの草で動きます。
それに水牛なので水陸両用です。(笑)

とてもエコロジ-ですが、道ばたに○ンコを落として行くので迷惑です。(笑)

norimonnkao01.jpg

リヤカ-です。(笑)
トラジに引かれています。
これは幾つでも連結してしまうようです。
走ってる姿はムカデが歩いているみたいです。
私もこれに一度乗ってみたいです。(笑)

当プログへ毎度お越し頂きありがとうございます。
ここには、フィリッピ-○のエロ画像も、タイのお姉さんの画像もありませんが

中国のへんな物の画像満載です

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



スポンサーサイト
このページのトップへ
上海浦東空港の入り口のカンバン


『それ、ゴミならちゃんとゴミ箱に捨てましょう?』
と書いてあるのでしょうか?(訳適当です(汗))

こんなスロ-ガンが、こんな大きな看板で、しかも国際空港にデカデカと出ている国。
横には世界最先端のリニアモ-タ-カ-が走っているのであります。

先進国なんだか、後進国なんだか、わかりましぇん!


20070627195005.jpg

その看板の前にあったゴミ箱。
創文明?(笑)

  

20070627195021.jpg

もうゴチャゴチャ!
譲り合う気はまったくありません。(笑)

20070627195037.jpg

堂々と横断歩道に駐車する車。
日本だと車いすマ-ク(体の不自由な人専用)の駐車スペ-スに車を平気で置く、頭の中味が不自由な人がいますが、さすがに横断歩道上には置かないでしょう?

20070627195047.jpg

パトカ-が来ても全然没関心。
中国人民は何処でも横断してきます。

20070627195102.jpg

店先で麺を食べる店番のおじさん。
中国の商店とかでは店の中でご飯食べてる店員が多いです。
しかも立ったまま食べている人多し。(座って食えよ!)

★★☆BLACK NIGHT☆☆☆

午前2時に話し声がするので目が覚めた。
どうやら隣の部屋に客が到着したらしい。
若い女の声がする。
しかも二人。
この、中国の田舎のホテルは壁がレンガで出来ている。
けっこう隣の部屋の音が聞こえるのである。
この中国人女性二人は甲高い声でおしゃべりをしている。
日本語だと気になるが、中国語だとさっぱり意味がわからないのでBGM代わりに睡眠に戻る事にする。

そして午前3時・・・・・
けたたましい笑い声で目が覚めた。
これは万国共通なのである。

うっ!うるさい!。
全く隣の部屋の事を考え無い奴らだ。

壁とトントン叩いて警告する。
・・・・・・
全然静かにならない・・

こういう時は
壁に16文キック!である

どうだ! 驚いたか!

これで静かになるはずである。
すると・・・・

壁を蹴り返してきやがった!(笑)

こいつらやる気である。

隣の部屋のドアを蹴り飛ばして

 f○ck you 凸! Keep quiet!
である。(中国語で相手を罵る言葉わかりません(笑))

しかし・・・・
隣は若い女性二人、こっちは怪しい日本人のおっさん。
騒ぎになって警察でも来たら絶対に不利である。
しかも中国語は話せないし。

しょうがないからフロントまで降りていって

『隣の部屋がうるさいから注意しろ』
とフロントの女の子に頼んだ。
さっそく、電話を手に取り隣の部屋に電話をしようとしたので、
『女2人』と紙に書いて見せた。

フロント女姐は顔色が変わり、受話器をもとに戻すと私に別の部屋のカ-ドキ-を渡すのである。
『この部屋で寝ろ』とか言っている。

やはり・・・・

中国人女性は手に負えないらしい?(笑)
くわばら、くわばら。
あきらめて別の部屋で寝ました。

店じまい間近の商店街の様子
ゴミはかたづけない?


↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


ランキング1位 大変ありがとうございます。
更新がんばります。






このページのトップへ
中国の田舎の食堂のお料理各種



たぶん 羊の肉を煮込んだ物。
臭みはなくて味付けも濃いのでわりと美味しい。
骨がじゃまくさい。
奥左はアサリを茹でた物。
塩味である。
奥右側は春雨を野菜と煮た料理、とても辛い。

CA340046.jpg

手前は日本でもお馴染みのピ-タン、奥はタニシ。
中国人はタニシが大好きのようで、チュチュちゅっちゅ、とうまく吸い出して食べている。
私はパス。(笑)


CA340009.jpg

レバ-とピ-マン、玉ネギを炒めた料理。
日本人好みのお味。
その奥は海苔と卵とトマトのス-プ。
塩味でこれもなかなかいける。
テ-ブルの上は汚いが、これが一般的な中国のテ-ブルマナ-。(笑)

CA340053.jpg

手前はジャガイモの千切りとピ-マンの炒め物。
塩味です。
わりとさっぱりした味。
真ん中はちんげん菜の炒め物。

CA340043.jpg

豆腐と卵のでっかい茶碗蒸し風料理。
これは美味しい。


CA340054.jpg


中華ハムとピ-マン、白菜の炒め物。
めちゃくちゃ辛い。

CA340044.jpg

豚モツをショウガで煮た料理。
まあ、ようするにホルモンです。

CA340055.jpg

ブツ切りした魚とニンニクの料理。
魚の種類は不明、たぶん川魚。

CA340056.jpg

え~と・・・・

食堂のおばちゃん!
私の横に居て蠅叩きで蠅を退治してくれます。
やさしいおばちゃんです。
でもコップを指突っ込んで持ってくるのはやめてね!(笑)

ダ-シ-さんのブログには、いつも美味しそうな中華料理が紹介されています。
中国でも北京や上海に行けば、美味しい料理を食べる事が出来ると思います。

しかし・・・
私が行っていた場所は中国の田舎。
しかも外国人なんかメッタにいない中国人オンリ-の小さな町。
よって中華オンリ-(犬徳基はあるけど)なので贅沢は言っていられません。

ここでの食事は生きて行く為の戦いなのです。(笑)

中国からの研修生諸君も先日中国へ帰国しました。
私も忙しかったのでなかなかお相手をする事ができなかったのですが、秋葉原お買い物~お台場遊覧船観光に出かけました。
その日の夕食は中華料理だったのですが、彼らにすれば日本風中華料理でしかなかったようです。
やはり味付けが違うようです。
先週末はもう帰国前なので居酒屋へ行きました。
日本の料理も色々試してもらいました。(といっても居酒屋メニュ-ですけど)

とりの唐揚げとか手羽先等はなんの問題もなくクリア。
そのほか串焼き、焼き鳥は喜んで食べます。
刺身関係の生物は最初はためらいましたが、食べてみれば問題ないようです。
但しホタテ等の貝類には手は出さず。
それとワサビはダメ。
ツマは平気で食べてましたが、シソの葉は食べて吐きだしていました。(笑)
馬刺しはついに口にしません。
動物の肉はさすがに生ではダメなようです。
イタズラしてタバスコたっぷりかけたピザは、辛いのが平気らしく全然没問題。
『おいしい』(日本語で)とかいってます。
面白くありません。(笑)

日本食は口に合わない物もあるようですが、日本には何処でもいろいろな国の料理が味わえます。
しかも衛生面は殆ど問題なし。
中国人が日本で生きて行くのは問題はないでしょう。

逆は大いに問題ありですが。(笑)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


ランキング1位 感謝感激です。
このページのトップへ
中国の高速道路標識各種

今日は高速自動車道を歩いている人民の皆様は出演なしです。




私が行っていた田舎の方は平野部で、丘もないような所なので真っ直ぐに作ってありました。
中国の高速道路は人民を1週間で立ち退かせて村の中を突っ切ったり、畑を横断したりできるので凄い速さで建設されます。
よって地図にもないような高速道路があります。
道路案内も不親切(というか、無い)なので、何処がどう繋がっているか良くわかりません。
日本の様にパ-キングエリヤで地図をくれたりもしません。
(あった所ですぐ古くなる)
たぶん北京オリンピックまでには、相当な高速道路網が建設されるのではないでしょうか?


mark02.jpg

制限速度の標識です。
キロ/時表示なので最高速は日本より高いです。
でも真っ直ぐに出来ているので、さほどスピ-ド感はありません。


mark01.jpg

サ-ビスエリアの標識です。
日本とほぼ同じ標識ですね。


mark03.jpg

『車間距離を保て』の電光表示板です。
一定の間隔で点灯しているようです。


ryoukinnsyo.jpg

料金所の表示板です。
これに料金と重量(車重)が表示されます。
料金は車重でも決まるようなのです。
と言う事は停止ラインに計量器があるという事ですね。
(でもそんな構造には見えない)

mark04.jpg

行き先案内の標識です。
日本のように手前から警告してくれません。
いきなり分岐点に建ってます。

kouzi0102.jpg

これもいきなり道路工事です。
工事の人達も命賭けです。(笑)

kinkyuudenwa.jpg

どうやら緊急電話らしい物を発見しました。
無いと思ってましたがありました。

ただ故障しても日本の年間4000円も会費を盗ってる警察天下り機構JAFのようなのがあるのかは不明です。

私はもう32年間もJAFの会費とライセンス更新料払ってるけど、ライセンスももう使わないから脱会しちゃおうかな?


ランキング1位キ-プ中です。
結構プレッシャ-になりつつあります。(笑)

皆様!
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。m(__)m

このページのトップへ
中国の事故現場遭遇写真各種



我々を追い越していったワゴン車が今度はバスの追い越しに失敗!。
接触事故を起こしたようである。
中国人は性格上、とにかく前に車が居たら抜かなくてはならない。(笑)
普段の仕事はダラダラしてる癖に、車のハンドルを握ると思いっきりセッカチになる。

ziko061902.jpg

バイク同士の接触事故。
バイクは信号無視や車への直前割り込み、合流での左右確認もしない。
かなり危険な存在である。
一応警察が来て事故調書を取っている。
後でもめない様にだと思う。(保険の関係か?)

zikokao.jpg

これは輪タクを巻き込んでの事故のようである。
輪タクは信号無視、反対車線走行、車が来ても直前横断したり、なのでかなりスリリングな乗り物です。
私が乗った時も赤信号で大きな道路を横断しやがりました。(汗)
『もう死んだ!』と思いましたよ。


zikoziko062101.jpg

手前のオバチャンが偉そうにしてますが、関係ありません。
ワゴン車とバイクの事故のようです。
アレヨアレヨという間にヤジ馬が集まってしまいます。
いったい何処から集まって来るのでしょう?
っていうより、暇人多し!(笑)



ziko061901.jpg

コ-スアウトした大型バス。
もう少しで一回転して下の田圃まで落ちる所でした。
ブレ-キ痕が無さそうなので居眠り運転でもしていたのでしょうか?
こういう長距離バスは過密スケジュ-ルで動いています。
交代の運転手なんて居ませんから一人で長距離を走ります。
疲労しているのは間違いありません。
中国で長距離バスに乗る時は、運転手を観察出来る場所に座りましょう。(笑)


中国はここ2~3年で急速に車が増えた。
路線バスも増えたのだが一般庶民が車を所有するようになってきた。
男の人だけでは無く、女性ドライバ-も見かけるようになった。
値段の安い中国メ-カ-の車が売り出されたのも、原因の一つだ。
とにかくおねえちゃんも、オバチャンも車を運転している。

こりは、かなり危ない!

中国人女性は男性より気が強い。


↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


皆様本当にありがとうございます。
ランキング1位 自分でも信じられません。(笑) このページのトップへ
没有安全 危険很多



寒くのないのに顔を隠しているのは、やはり恥ずかしいから?

danger061901.jpg

反対車線でもおかまいなし。
自分の行きたい所へ突き進みます。

danger061902.jpg

夫婦共働きが多い、中国では子供の世話はじいちゃん、ばあちゃんの仕事です。


acro08.jpg

何故か交差点のど真ん中で輪タクをバックで押し始めたおじさんです。
いったい何を考えているのでしょうか?


roba18.jpg

トラジに捕まって引っ張ってもらう自転車のおばちゃん。
ラクチンです。
トラジにはバックミラ-なんてありませんからコバンザメされてもわかりません。(笑)

DSCF9123.jpg

二人乗りしたあげく、リアカ-も引っ張って走ってます。
バイクも酷使されちゃいます。


ainori061905.jpg

そんな所に腰掛けて滑ったら転落してしまいます。

ainori061904.jpg

ご夫婦でしょうか?
だんなの運転姿勢にはかなり無理があると思いますが?(笑)

roba17.jpg


完全に引きずってます。
これだけの荷物を良く積んだと思いますが、運んでしまうおじちゃんも凄いです。

ainori061907.jpg

真ん中の三輪バイクに注目。
荷物も凄いですが、どうやら二人で片方ずつハンドルを握っています。
完全に曲芸走行です(笑)

曲がる時はどうやるんだい?

どちらの意志が尊重されるのでしょうか?


↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


皆様のおかげでランキング1位キ-プさせていただいております。
誠にありがとうございます。
このページのトップへ
中国のお料理紹介



火鍋です。
鍋が仕切られていて、白湯ス-プと赤くて辛いス-プの2種類があります。
これにいろいろな野菜、キノコ、豆腐、肉(羊、豚、牛、ニワトリ、鳩、犬、)をぶち込んで頂きます。
日本の鍋の様に具を並べたりはしません。
すべてゴッタ煮状態になります。
夏でも汗をかきながら頂きます。
中国人はこの火鍋が大好きなようです。
私は辛い方のス-プはまったくダメ。

zariganikirai.jpg

ザリガニちゃんです。
茹で上がって真っ赤っか。
しかも辛いお味です。
日本から中国に伝わったようで、中国では人気のメニュ-です。
フランスでは高級メニュ-ですが、中国ではお安い価格です。
中国人の様に繁殖力が強いので沼とか運河に大量にいると思います。
養殖しているかも知れません。
時期(6月くらいか?)になると何処のレストランでも食堂でも取り扱っています。
お味は良いのですが、殻を剥くのが大変で、おまけに汁が飛び散って大騒ぎです。
しかも身が少ないので労働の割りには報われません。(笑)

***************************
昨日は今、日本に研修に来ている中国人社員達(正確には取引先の会社の中国工場の社員)のお付き合いで、秋葉原お買い物ツア-兼東京観光へ行って来ました。

いつも中国で私の面倒を見てくれている運転手君や通訳君を含む4人です。
最初は靖国神社参拝も考えましたが、他所の会社の社員なので問題になるとマズイのでパス。(笑)

通常のお買い物ツア-となりました。
女性もいるので洋服や化粧品も調達しなくてはなりません。
アチコチ徘徊して無事終了。
そして午後からはメインイベントである秋葉原でお買い物になりました。
みんなカメラが狙いなのでまずは大型量販店で値段のチェック。
中国人にとっては日本の物価はバカ高いので、高価な買いものとなります。
よってみんな真剣です。
チェックした商品と値段を持って取引のある量販店に殴り込みをかけます。
4人でカメラ6台(一台は一眼レフ)、中国語翻訳機2台のお買い物なので強気の値引き交渉をかけました。(笑)
結果、大型量販店よりもかなり安い金額で入手。
これで中国人も満足してくれたようでした。

私もアチコチ歩き回らなくて済んだので楽でした。
店を出ると一人が時計が欲しいと言い出しました。
どうやら父親へのプレゼントのようです。
全員引き連れるのは面倒臭いので他の連中は喫茶店に残し、二人で時計を捜しに行きました。
あるお店に入って良さそうなブツを発見、店員の女の子を呼んでケ-スから出して貰いました。
中国人の彼は色々私に聞いてきます。(中国語しかしゃべれない)
自動巻か?(電池か?)とか、電波時計ではないか?とか聞いてきます。
それを私が店の女の子に日本語にして尋ねると・・・・・
トイ(はい)とか答えます?

れっ!? お姉ちゃんは中国人やんけ?

一生懸命わからない中国語訳して伝えていたのが中国人だったとは。
私はトンだマヌケ野郎です。(笑)

その後はゆりかもめに乗ってお台場へ行き、しょっぱい海(湾ですが)を見て貰い(半分は海を見たことがない人達なので)、水上バスで日本の運河を堪能してもらいました。

そして夕食は中華料理のコ-スです。
やはり外国へ来て安心できる食事は自国の料理です。
しかし・・・
この店の店員は殆どが中国人、それで中国人社員達とおしゃべりが始まりました。
なんか・・・
俺、中国にいるみたいだよ!

しかも店員の中国人私にまで中国語使うし。(笑)
俺は日本人だっちゅ~の!

なっ、なんかランキング1位になってるようです。(汗)
これも皆様のおかげでございます。

今日も、
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


しかし・・・あの怪物ブログがアジアランキングにやってきたのが気になるな?(笑)


このページのトップへ
中国の運河に浮かぶお船各種


誰が掘ったか知らないが(たぶん人民力だと思うけど)中国には運河がはりめぐらされています。
主要河川から枝分かれして運河を作っています。
道路と同じように真っ直ぐ作られていますが、水量は多くはなく更に高低差もあまり無いようなので、流れはゆっくり(というか長い沼状態)
です。
最近はトラック輸送の方が多いようですが、少し前まではこの運河を利用した水上輸送が物流の要であったようです。
ship09.jpg

けっこう大型の船も運航しています。
これは空荷の時の吃水線位置です。

ship04.jpg

荷物(これは砂)を積めば、この通り。
かなり無茶しよります。

ship07.jpg

これは造船所のようです。
捨ててあるのでは無く、作ってます。(笑)
けっこうアチコチにこんな造船所があります。


ship08.jpg

なんか、たいした道具もなさそうなんですが、ちゃんとした船になるようです。

ship02.jpg

この様な荷物運搬の船は、何日も運河を旅するようで船室に泊まり込みのようです。

ship03.jpg

殆どが建築資材の砂とか農産物(特に穀物)を運んでいるようです。
しかもバラ積みなので、砂運んだあとに穀物運んだりしてしまうようです。


ship06.jpg

これは少し小型のタイプ。

ship05.jpg

この船は何を運ぶのが目的なのでしょうか?
間違っても観光用ではありません。

トラックでもバイクでも、むちゃくちゃ積み込んで運んでしまう中国人ですが、船でも同じです。
みんな吃水線ギリギリまで積み込んでしまいます。

この小型運搬船もギリギリまで・・・・・・

ship01.jpg


って!

どう見ても沈んでんだろ!ソレ (笑)

おっちゃん達は別に気にしてもいない様子。

潜水艦かお?

皆様のポチッのおかげでランキングトップの座を手にする事ができました。
ありがとうございました。
しかし、月見さんが記事更新したらアッサリと抜かれてしまいました。(笑)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
中国雑技団も顔負け各種



私が子供の頃は洗濯屋(クリ-ニング屋)さんが、こんな荷物入れの付いたバイクで家々を洗濯物を集めて廻っていました。
このおじさんもクリ-ニング屋さんなのかな?

roba02.jpg

強そうなおばちゃんです。
後ろの人がヘルメットを被っているのは正解ですね。
いつ振り落とされるかわかりません。

roba04.jpg

絶妙なバランスで自転車を操ります。
おしりの使い方が決め手です。(笑)


roba06.jpg

さすがに自転車に乗るのはあきらめたようです。
こんな荷物の縛り方で、良く荷崩れしないか不思議です。


roba08.jpg

このパイプみたいのは何なんでしょう?


roba07.jpg

一家3人乗りですが、、こんなのはまだまだ序の口です。

roba14.jpg

こちらはもっと凄い!
一家4人乗りです。(笑)
っていうか、赤ちゃん落としたらどうすんだよ!

roba12.jpg

脚立を使ったアクロバットです。
2人の息が合わないとうまく行きません。(笑)

roba11.jpg

腕組んでラブラブなのか?
死ぬ時も一緒。
でも娘と父親にも見えるな?

roba001.jpg

え~と・・・・・

アクロバット走法(笑)


おかげ様で海外情報、アジアランキング2位に復帰できました。
ありがとうございます。
でもまだまだ接戦ですので
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。
このページのトップへ
中国のバス各種


高速道路を走るバスです。
エンジンカバ-を上げてはしってます。
大昔のフィアットみたいですがエンジンが収まらなかったわけではなく、単純に空冷の問題か、客室に排気ガスが入らないようにしてるだけだと思います。

bus02.jpg

同じく高速道路を走るバスです。
このバスはエアコン装備で快適そうです。
bus03.jpg

これは田舎の循環バスです。
市内や郊外の近距離バスらしいです。
最近は個人ではなく、バス会社が運行するバスが増えてきています。
バスも比較的新しいです。

bus04.jpg

これも近距離バスです。
個人経営のバスでしょう?
この程度の汚さなら問題ないと思います。


bus05.jpg

ううっ、段々汚くなってきました。
でもエアコンはありそう。

bus06.jpg

これはわりと綺麗。

bus07.jpg

一枚上の写真と同じ路線のバスのようです。
料金が同じなら綺麗な方にのりたい。

bus08.jpg

さすが、大都会 上海へ向かうバスは綺麗です。
色使いも段々ハデになってきてます。


bus09.jpg

大きな荷物は此所へ格納します。
サイドミラ-はウサギの耳が垂れたような形です。


bus10.jpg

高速を走る中型バスです。
やはりエンジンル-ムを開けて走ってます。
やはり高速走行するときは放熱性を上げる必要がありそうです。
bus11.jpg

この近距離バスはどうやらエアコンはなさそうです。

bus12.jpg

これは長距離バスです。

中国で一番大変な仕事は出張である。
一般市民はもちろん会社にだって、そんな沢山の車はない。
社員の皆さんはこういうバスを乗り継いで移動をしている。
中国語が堪能な方は問題はないが、私のような者はバスを乗り継ぐなんて無理。
何処へ行ってしまうかわからない。(笑)

大抵のバスは車掌さん(女性が多い)が乗っていて乗車券を発売している。
日本でも大昔は乗り合いバスに乗ると車掌さんがキップの検査、販売を行っていた。
あれと同じシステムらしい。

でも乗客が少ないと採算が合わないので、目的地に着く前に他のバス(近距離バス)に乗客を売られてしまう。

まことに恐ろしい!


これは故障したか、乗客人身売買(笑)をしている所
迎えのバスが後ろに付いている。
bus14.jpg


最近はお色気ブログにすっかり上位独占されています。
このブログはエ○画像もカメハメハ情報もありませんが
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
走在高速公路的人
(高速道路を歩く人)(笑)



そんなに交通量のない高速道路も。ちょっと詰まってくるとご覧の有様。
左から追い越しをかけるのはともかく、同時に右の隙間を突いて追い抜きをかけます。
ちょっと待てば安全な追い越しが出来るはずですが、危険な追い越しをかけてきます。
普段は呑気な中国人もハンドルを握ると性格がかわるのでしょうか?
(笑)

特に右側の路側帯は人民歩行路帯ですのでかなり危険です。(笑)

生息人民達各種
walkman01.jpg

高速道路上でバスや車から下車して歩く人。
こうやって移動をする人は多いです。


walkman02.jpg

この人は捨てられたペットボトルを拾っているのかもしれません。
とにかく中国はペットボトルが良いお金になるようです。
公園とかでも拾ってる人が多いです。
(レゲエタイプの人でもない普通の人)



walkman04.jpg

集団でヒッチハイクをしているようですが・・・・・

おっかなくて乗せられないよ!(笑)

walkman05.jpg

下車して一服なのでしょうか?
これから何処へいくのか?


walkman06.jpg

インタ-チェンジの本線合流付近にタムロするヒッチハイカ-。
我々が前を通過しようとすると手を挙げて追いかけてきました。
こんなに沢山の人がヒッチハイクしてるって事は、乗せてくれる車も多いと言う事なのでしょう。
人情は厚いのかも知れませんが、治安的に大丈夫なのでしょうか?

walkman03.jpg

やっと撮影に成功しました。
高速道路を自転車で走るおじちゃんです。(笑)
良く見かけるのですが、なかなか撮影のチャンスがありません。
しかも逆走してくれてます。(嬉)


**********************
久しぶりに洗車してワックス掛けしようと思ったら、朝から大雨、雷雨です。
しょうがないので撮り貯めしておいたCS放送の映画を見てました。
そんななかに『フランケンシュタイン対バラゴン』という東宝怪獣映画があります。
子供の頃近所の子供達と映画館で見た覚えがあったので、懐かしくて録画しておきました。
ようするにゴジラシリ-ズが当たった東宝が、怪獣映画を沢山作り出した頃の作品です。
どういうわけか第二次世界大戦間近に連合国ドイツから日本へフランケンシュタインの心臓が運ばれてきます。
さらにヒロシマで被爆した心臓が15年後に子供に成長して、さらに巨大化。
研究所から逃げ出し、山にこもるがソコに地底怪獣バラゴンが現れ戦闘となる。
戦って勝利する。
という単純明快なスト-リ-です。
フランケンシュタインのぬいぐるみは不要で、怪獣もウルトラマンからの使い回しで低予算。(笑)

しかし、勝利したはずのフランケン君、何故か山の中なのに現れた巨大タコに襲われて、いとも簡単に水中に引きずり込まれてしまいタコのエサに・・・(笑)。
どこかでみたような展開・・・・・

パイレ-ツ・オブ・カリビ○ンかよ!(デッドマンズ・チェストの方ね)

こんなマヌケな終わり方してたか?、記憶が定かでなかったのですが、このシ-ンはアメリカ輸出向けのラストシ-ンらしいのです。
日本版にはなかったようで、巨大タコ好きなアメリカ人向けの編集らしいですな。

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。
このページのトップへ
夕べ、10時30分に家に着きました。



帰りはいつものM○でなくて、J○Lだったのですが、ガラガラの乗客、おまけに殆どが日本人で静か。(笑)
キャビン・アテンダントはとても親切、ゲ-ムや映画が個別に楽しめる等々、とても快適に帰って来ました。
機内食も
jal2.jpg

日本で作った料理なので上品なお味。(写真、思いっきりぶれてます、すいません)

やはり日本の航空会社は安心して乗れます。(まあ、今なにかと話題のJ○Lなんですけど、中国の航空会社よりは安心できます。)

とにかく、

機内に蠅が飛んでません!(笑)





今、世界をお騒がせの中国の薬品や食物ですが、中国の国内も凄い事になっているようです。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/55552/

水源の湖が渇水と工業廃水、生活廃水等で汚染され、アオコが大発生。
と言うことです。

幸い、私は田舎に居ましたのでさほど被害は被りませんでした。
でも聞く所によると、水が臭くてとてもシャワ-や洗濯に使えるような状態ではなく、当然飲用なんか出来るわけがありません。
トイレの水に使うにしても、水が水槽に溜まっているだけで異臭を放つありさま。
毎日お風呂に入らなくても気にならない中国人達も、これには参ったらしく水が臭くない友人や親戚の家に避難してお風呂に入ったり、水が臭くない会社の洗面所で洗髪したりと、大騒ぎになっていたようです。
また、飲料水(浄水)が便乗値上げされたり、不足したりで一時はパニック状態にまでなったようです。

共産主義国家が一番恐れるのが一般市民の暴動です。
外国マスメディアが居ない超田舎なら武力鎮圧してしまうでしょうが、外国人がいっぱい居住している都会では武力鎮圧はできません。

暴動に発展しては困ると思ったか、人工降雨薬剤のロケットを大量に打ち上げたり、アオコを殺す薬剤を空中散布したり、長江との堤防を爆破して長江の水を混ぜたり等々、一応の体裁は整えたようです。

今度は薬剤汚染の酷い長江の水と、重金属汚染の湖の水をブレンドしましたので

どういう化学反応を起こすか見物です。(笑)


私が行っていた田舎も最近は大型工場が誘致されて、農地の中に突然と工場が現れます。
下水や汚水処理等の対策は間に合わないというか、対策なんてされません。

よって、やはり河川はこんな状態。

aoko01.jpg


aoko02.jpg

もともと水量が少なく流れが遅い河川(運河)に、生活排水や工場廃水をジャンジャカ流しているようです。


kitanaiyo.jpg

大きな河川(川)もだいぶ汚い。
元々水資源に乏しい国であるのに、急激な工業化によって都市部に人が集まり、工業廃水や生活排水が行き場が無くなってきたようです。

私は中国にサバイバル浄水器(濾過式)を置いてあります。(笑)
緊急で水道水を飲まざるを得ない場合は、これで浄化して飲もうと思っています。


mienaiyo.jpg

揚子江(長江)に架かる橋からの展望です。
ここは何度も通りますが、この橋から展望が開けた事は殆どありません。
大気汚染も順調に進んでいます。(笑)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
中国のおまわりさん各種



keisatu04.jpg

普段はあまり見かけませんが、突然沢山現れる交通取締りの警察官です。
日本の警察みたいにボーナス時期になると反則金稼ぎに取り締まるのでしょうか
それとも交通安全週間?。(そんなのは絶対に無理!)
でも、どういう訳かバイクしか止めていません。
何処でも道路横断してしまう人民には没関心。

拳銃等は所持していません。
警棒等も持っていないようです。
何処でも道路横断してしまう人民には没関心。


0-bisu.jpg

中国のオービス(速度を測定し、証拠写真を撮る機械)です。
中国らしく、違反者は即、反則金を徴収されるようです。
keisatu05.jpg

ここです。
でも目立ち過ぎですので誰も捕まらないようです。(笑)


koutuu02.jpg

koutuu01.jpg

これは日本で言う道路管理の役目のようです。
警察官ではないようですが、バイクを止めて検査しているようです。
権力があるようです、軍服みたいなのを着ているのでちょっとビビリます。
武装はしていません。


keisatu03.jpg

法院と書かれた警察車両。
普通の警察官ではないようです。
検察庁みたいな役目なのでしょうか?

この他にも武装警察というのが居て、ヘルメット、防弾チョッキ、拳銃携帯の警察もあります。
治安出動とか現金輸送が仕事だと聞きました。
武装警察は自動小銃まで持っているようで、一般警察とは別組織になっているようです。
元武装警察に勤務していた中国人に聞いたところ射撃訓練、カンフー等で訓練しているようです。
日本の警察官みたいに射撃訓練してないから何処に弾飛んでくかわからないのとは違うようです。
確実に仕留めるようです。
銀行の前で何度か見かけましたが、とてもカメラを向ける勇気はありません。(笑)


keisatu01.jpg

武装してんぞ、近ずくと撃っちゃうゾ!
と書かれた郵便局の車両です。
現金輸送車のようですが郵便局員でも武装しているようです。
郵便局員が自動小銃ぶら下げているのでしょうか?
日本では考えられません。
まあ、日本の朝鮮玉入れ屋(パチンコ屋)の非合法景品交換所の現金輸送車もヤクザが武装して運んでますが。

いよいよ明日帰国となりました。
今回はめずらしく順調に仕事が進みましたので、1ヶ月のビザを使い切る前に帰ることができます。
今日は中国工場がある都会にいますが、2~3日前までは水騒動があったようです。
なんでも水道水を取水している大きな湖に大量の藻が発生してしまい、水道水が悪臭を放つ汚水になってしまったとか?
おかげで飲料水(浄水)が不足して値上がりするは、シャワーも臭くて浴びれないはで大騒ぎだったらしいです。
私が戻ってきたときはなんとか騒ぎも収まり、ホテルのシャワーも臭くはありません。
飲料水も値段が下がったようです。
対応が早いのにはビックリですが・・・

ものすごい大量の薬剤を空中散布して、藻を殺したようですので

そっちの方がビックリだよ!。

生態系(人民も含めて)への影響が心配です。
帰れてよかった。(笑)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。





このページのトップへ
中国の露天(屋台?)各種(田舎編)

中国は露天(屋台)が何処にでも出現します。
もう、道路上だろうが歩道を塞ごうが、お構いなしで店を広げます。
果物は良いとしても加工食品を売る店は、当局の許可とかいらないのでしょうか?
私は怖くて果物以外は買いません。



道端で果物を売るおじさん。

yatai05.jpg

街角で飲料やお菓子を売るおねいさん。
飲料は冷えていません、常温です。
つまり、暑い日は十分に温まっています。(笑)
炭酸飲料は開けるときには要注意です。


yatai04.jpg

同じく街角で果物を売るおじさん。
すっかり熟睡状態であります。
これでは起こすのが気の毒で、買う事ができません。(笑)

yatai03.jpg

交通量の多い、大きな道路には必ずこの様な飲料を売る露天があります。
自動販売機がない田舎ではこのようなお店が、ドライバーの喉を潤します。

yatai01.jpg

この焼餅を売る屋台は何処にでも現れます。
しかも良く売れるようで、店開きをするとすぐ客が寄ってきます。
美味しいのか食べて見たいのですが、屋台の物では危なくって食えねえよ不安なのでちゃんとしたお店で買って食してみました。

これです

nan01.jpg

小麦粉を練って焼いた、ようするにインドのナンみたいな物です。
味は微妙な砂糖味と塩味の2種類でした。
もの凄いシンプルなお味でございます。
一個4角(約6円)です。

こんな風に焼いてます。
yatai02.jpg

焼いた傍から次々に売れています。
この店も繁盛しているようです。


nann02.jpg

ただ小麦粉を練って伸ばしているだけのようです。
一日で何個売れるのでしょうか?

人が集まる超市(スーパーマーケット)の前には屋台が道路両側に広がっています。


え~と、今日は笑う所がないのでこんな画像をどうぞ。
夕べ食べに行った火鍋屋で見つけました。
中国の商売繁盛の置き物のようです。

kintamandou.jpg


キンタ・・・・・・

読むのやめとこ。(笑)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国式荷物のはみだし方各種


バイクの両側に詰め込まれたニワトリさん、もうグッタリです。
ニワトリ専用運搬車でしょうか?

20070601230546.jpg

はみ出してるというか、引きずってしまってます。
全部没関心(ぜんぜん、気にしない)です。

20070601230606.jpg

なにやら風船のような物を運んでいます。
風船のキャラは日本でおなじみのキャラです。

20070601230632.jpg

いったい、どうやったらこういう風に積めるのか不思議です。
まあ、落としても没関心。


20070601230654.jpg

唖然です。
こうなると芸術的なはみ出し方です。

20070601230709.jpg

下から上に広がって積むのは、かなり難しいかと。
横風が吹いたら倒れそうです。

20070601230842.jpg

バイクでも車幅は無視。
というか、バランスは大丈夫でしょうか?


撮りそこなってますが・・・・
20070601230910.jpg


ジミー・ヘンドリックスかお!?(笑)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

05月 « 2007年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。