FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 2007年07月

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
中国で食べた日本風ラーメン
ra-men01.jpg

ra-men02.jpg

中国工場がある所は日本企業が沢山進出している、一応都会なのであちこちに日本食を出すお店があります。
ただし、まともなお店はあまりありません。(笑)
特にラーメンが美味しいお店は殆どありません。
中国の麺(面と書く)は小麦粉で作ってはいるのですが、どちらかというと塩やかん水が入っていない麺なのです。
それにスープも出汁がないのでおいしくはありません。

日曜日にホテルの近くのデパートに出かけた時、そこのレストラン街(日本のデパートにある食堂街みたいな感じ)で「ちりめん亭」と言う日本食のレストランを発見。
最近できたお店のようです。
そこでお昼ご飯とすることにしました。
丼物や定食もありましたがちりめん亭と言うくらいですからラーメンが売り物のようなのでミソラーメンを注文。

麺はかん水が入った日本の中華麺に近い味がしました。
まあまあ、いただけます。
しかし、
スープは濃い味噌汁と言う感じです。(笑)
中国人は何か勘違いしているようです。


今から27年ほど前は沖縄に仕事が多く、長期出張で滞在しておりました。
その頃の沖縄は日本に返還されて6~7年だったので、日本というよりは外国にいる気分でした。
生活習慣や食事も内地とは違う物が多かったのです。

初めて訪れたところは沖縄の北部の町だったのですが、泊まっているホテルの前にこの町にたった一軒の寿司屋がありました。
たまには寿司でもという事で暖簾をくぐり、板さんに「一番新鮮な魚握って頂戴!」と注文。

出てきた握り寿司は

黄色や紫の鱗が!

とっても不気味っだったよ~!

寿司なんだからネタに注意してくれよ。(笑)

これが沖縄で捕れる最も新鮮な熱帯魚魚、グルクンだそうです。

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。








スポンサーサイト
このページのトップへ
中国のアイスクリームと売り子のお姉さん

中国の高速道路のパーキングで食べたアイスクリーム


バニラ味

ice01.jpg

チョコミックス


ice03.jpg

・・・何味かはわかりません?(笑)

4年前は売店で物を買うと、品物とお釣りを投げてよこすような店員が多かったのですが、最近は中国の女店員さんも愛想が良いです。

でも
「謝謝」とは絶対に言わない。(笑)
そういう場合は日本語で「マイドアリ~!」と挨拶してきます。

中国の田舎に滞在していると中華しかないので、いい加減食事に飽きてきます。
田舎でも犬徳基(ケンタッキー)はあるのですが、中国人社員も私もあまり好きではないので食べません。
よって、都会に戻った時は殆ど中華は食べに行きません。
毎食馴染みの日本居酒屋へ行ってしまうのです。(日本語OKだし)

でも、たまには違う物も食べたくなるので街を捜してみます。
この街は日本企業が多いので結構日本食のお店が多いのです。
牛丼みたいなのや、天丼みたいなのを扱う吉●家みたいな店も増えてきました。
但し、あくまで、全て「みたいな」のであって、本物ではないようです。(食べた人の話)


アメリカ人や欧米人相手のレストランにも行ってみました。
メニューは英語でも書いてあるので安心です。
お昼だったのでビーフステーキはパス(これがまたアメリカ人相手なので量が物凄く多い)。
とうい事でパスタを注文。
出てきたのは

pasutamazui.jpg

品名はなんだか忘れちゃったんですが、物凄くしょっぱい味付け。
上に乗った野菜は殆ど生。(笑)
ニンジンなんか硬くて食べられません。
パスタもなんか硬いウドンって感じです。
塩っ辛いウドン焼きソバみたいな代物でした。(泣)

これとアイスコーヒー(一応ドリップした奴)で120元(約1920円)

高け~し、まずいよ!

でもくやしいので全部食べましたが。(笑)

欧米人も中国では食事には苦労してそうです。

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。






このページのトップへ
中国で仕事を行う場合、今までの仕事では行わなかった事柄を行う場合に、資材の調達を行うには大変な苦労が発生します。
新規調達を行う場合は調達を行う品物を捜し、価格交渉を行わなくてはなりません。
前回の工事では現地塗装用の塗料を調達するのが一苦労でした。
日本なら電話一発で調達できる品物でも、中国では捜しに行かなくてはなりません。

という事で捜しにでかけたのですが・・・
なかなか見つかりません。

もういい加減疲れてきたのですが、やっと大きなお店を見つけました。

penkiyadayo01.jpg

建築材料専門の巨大な商店街です。

最初に入ったお店ではお姉さんが一人で店番中。
お姉さんに問い合わせすると、ここにはないけど別の店舗にあるとの事。

お姉さんは早速店を閉めて電動自転車に飛び乗ります。
商売っ気があるお姉さんです。
こういうやる気のある店員のお店は信用ができます。

この巨大な商店街の反対側にある。お姉さんに案内されたお店は
oenkiyadayo05.jpg



penkiyadayo02.jpg

中国製の塗料

penkiyadayo03.jpg

penkiyadayo04.jpg

これは日本のメーカーの物です。
中国生産品なのでしょうか?

品揃えが豊富です。
ここは太ったやり手ババア風おばさんが店を仕切っています。

お姉さんは我々を店に案内すると、とっとお昼ごはんを食べ始めてます!。

メシ食うついでに連れてきたんかよ?!(笑)

捜している仕様の塗料がなかったのですが、おばちゃんはすぐに何処かに電話します。

しばらくすると、三輪自転車に塗料を積んだおじちゃんが登場。
何処からか持ってきたようです。
これで一安心なので支払いは中国人社員に任せて車で待機していました。
すると中国人社員達は手ぶらで車に戻ってきます。?!

なんと値段交渉が不成立!
価格が高いから買わないとか言ってます。

やれやれ!これだから中国でのお買い物は疲れます。(泣)
何が基準で高いとかは全然データなんてないんですが、気に入らないと買わないんです。(トホホホ)

むくれ顔のおばちゃんの店を出て違う店に向かいます。
少し離れたお店に入ると、ここの店にも目的の物はありません。
ここの店主のおじちゃんもドコゾへ電話して問い合わせしてます。
すると、さっきの店より高い価格を提示します。

どうやら・・・・・

さっきの店に問い合わせしてるようです!(笑)

目的の品物はあの店が仕入れ元のようなのいで、他の店に行ってもあのおばちゃんの店から仕入れるようです。

アホくさ!

もう疲れてやる気も出ません。
腹も減ってきたのでさっさと帰りたいし。

嫌がる中国人社員を無理やり説得し、おばちゃんの店に戻り購入しました。(泣)

したり顔のおばちゃんの顔は今でも忘れません。(笑)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国のお料理各種



前菜ともいえるお料理。
料理をあれこれ注文する前に、ワゴンに載せて運んでくるので好きな物をテーブルに取る。
小さいお皿に少しだけなので、メインの料理が出てくるまでのつなぎになる。
このやり方はなかなか良いと思う。
メインの料理が出てくるのが遅くても気にならない。


sakanadakedokirai01.jpg

こちらはメインのお料理。
川魚を揚げています。
私は川魚はいっさいダメなので(日本の鯉とかも全然ダメ)殆ど食べません。
しかしでかい川魚です。
もちろん種類は不明。

kyuuri.jpg

これはキュウリ、日本の物とまったく同じ。
中華味のタレをつけていただきます。
日本料理みたいな感じ。


konnyaku.jpg

コンニャクみたいな食感のお料理。
あまり美味しくはありません。(笑)


udonmitai.jpg

メチャ辛いスープの麺料理。
麺は刀削麺みたいなでっかいウドンです。
麺はそれなりに美味しいのですが、スープが辛すぎ。

odenkayo.jpg

汁のお味は違いますが、オデンみたいな料理。
手羽とか入ってますがその他の具はオデンそのもの。

maotaisyu.jpg

これは料理ではありません、マオタイ酒。
酒が飲めない私には毒でしかありません。
本当に中国の酒は強すぎて困ります。
飲めないと言っても無理やり飲まされちゃいます。
危険です。
中国で仕事のお付き合いは大変です。
ある意味仕事よりもきついです。

ビールくらいでカンベンしてくれよ!


中国で犬HKの海外向け放送を見ていたら、山形弁をしゃべる外国人とロッド・スチュワートみたいな髪の毛の日本人のオバサンが出てくる料理番組をやっていた。
なにやら肉ジャガとか豆腐の料理(なんだったか忘れました)を作っていました。
なんか、日本の家庭料理を、ゲストの日本に住む外国人に教える番組のようです。

しかし

中国人がみたら、日本人の食事って品数が少ないって思われちゃいます!(笑)

一品だけしかオカズがないと思われるだろ?

あの山形弁を喋る外人タレントの人も、英語だけだとその辺にいる外人としか映らないですな。


しかし、名古屋って暑いですね。
ここでひと夏越すのかよ?(トホホホ)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国の看板各種


中国の高速道路の両脇には巨大な看板が乱立する。
田舎には皆無だが都会に近くなると、ドンドン建ち始める。
日本でも昔は首都低速道路からいろんな看板が見えたが、最近はあまり露骨なのは見かけない。
中国では今が盛り、とにかくコマ-シャル、売り込み攻勢が凄い。

と、言うことで私がネット上に公開してあげます。(笑)

kanbanwa01.jpg

照明器具?

kanbanwa02.jpg

服?

kanbanwa03.jpg

コンロ?

kanbanwa04.jpg

蟹?

kanbanwa08.jpg

おベンツ


dunlop.jpg

タイヤメ-カ-ダンロップの看板。
色使いは日本と同じ。日本のダンロップなのか?

kanbanwa06.jpg

右側の人はジェット・リ-ですね。
洋服メ-カ-?
夜間照明付きの立派な看板ですが、この看板はどうやって取り替えるのでしょうか?
たぶん、看板の上に写真シ-トのようなものを貼り付けするんだと思いますが、一度貼ってる所を見てみたいです。
それに強風だとかなり煽られると思います。
中国大陸には台風が上陸しないので大丈夫なのかな?
こんなでっかい看板が、道路に降ってきたら大パニックです。



金曜日に北海道から帰りました。

hikoukidayo.jpg

搭乗した飛行機は滑走路で離陸体制になったとたん、ドア故障で駐機場に引き返し、整備員が乗り込んできて整備し再出発、という飛行機があまり好きでない人にはとてもスリリングな、夏にはもってこいの飛行となりました。(笑)

帰りは秋葉原でパ-ツを捜していたのですが、こんなのを発見。


japantaxi.jpg

日本の輪タクです。
初めて見ました。
どうやら電動アシストの自転車らしいです。
近場の移動はこんなので充分ではないでしょうか?

明日からは、北海道ではなく暑い名古屋近辺にいます。(トホホホ)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
中国のゴミ清掃の人達



リヤカーを引きながら、道路の掃除するおじさん。

gomigomi03.jpg

道路を掃くおばさん。


gomigomi07.jpg

ゴミが落ちていれば、行きかう車もものとせず掃除してしまいます。


gomigomi04.jpg

仕事熱心なのは結構なんですが、見通しの悪いカーブなのでかなり危ないです。

gomigomi02.jpg

ゴミ集め用の自転車。
これに乗って道路へご出勤なのです。

gomigomi01.jpg

ゴミを山と積んだ三輪自転車。
ゴミ箱のゴミを集めて回ってるようです。

gomigomi06.jpg

町中にあるでっかいゴミ箱。
中国の田舎のはこんなゴミ箱が道路に置いてあります。
日本のような家庭ごみの回収車は見た事がないのですが、家庭のゴミはここに捨てにくるのでしょうか?



中国は都会でも、田舎でも道路にあまりゴミは落ちていない。
あれだけタバコを吸う人間が多いのに道路が吸殻だらけにもなっていない。
それに商店街等は店じまいの時間になると、なんと店内のゴミを道路に履きだしてしまう。
それでも暫くたつと道路にゴミは無くなる。
ペットボトルやダンボールなんかはすぐ拾って行く人はいますが、さすがにゴミを拾って行く人はいません。
ゴミは清掃する人がいるのです。
それも沢山います。
朝などは100メートル置きにいるのではないかと思われる程、沢山の人達がオレンジ色の蛍光色の上着を着て作業しています。
この人達は一説によると失業対策だという話です。
社会保障(年金とかが殆どない)がしっかりしていない中国では、老後は子供に養ってもらうしかないようです。
でも子供に養ってもらえなかったり、収入が少なければ働かなくてはなりません。
よってこういう職業に就くのではないでしょうか?
中国人のマナーが向上しちゃうと、この人達の仕事がなくなちゃうかも?


でも、たぶん永遠になくならないでしょう。(笑)

日本もインチキ社会保険庁の振り込め詐欺に引っかかって、老後の年金なさそうだからこういうのやらされるかも?(泣)

社会保険庁の職員は全員懲戒免職だと思う人は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。





このページのトップへ
中国の農業機械各種



大きな農場の収穫の様子
超広大な農地で集約的農業が行われています。
こういう国営農場があちこちにあるようです。
この省はほとんど山がない平地なので、こういう大規模農業形態ができるようです。
農業機械も自前の大型な奴を相当数持っているようであります。
日本だと、今いる北海道でもこんな広い農場はありません。
なにしろ地平線まで畑や田んぼです。

nougyou06.jpg

中国でも個人の農家はあるようです。
共産主義国家なので個人が土地を所有するのは制限があるようですが、農民は農地として永代使用が認められたり、取得できると聞きました。
そういう農家は自分で農業機械なんて揃えられませんから、穀物の収穫の時期になるとこういう収穫用の農業機械をもつ刈り取り業者に委託するようです。

nougyou04.jpg

刈り取り業者は、この広い中国を刈り取り時期に合わせて移動しているようです。
この省だけでなく、他の省からもやってきます。

nougyou01.jpg


一日の仕事が終わるとこういう町に戻ってきて運ちゃんは招待所で宿泊、農業機械は夜の間に整備を行うようです。
こういう町には整備業者が軒を連ねています。
うまく出来ています。

nougyou03.jpg


朝になると次の農地へ移動します。
もう、あちこちに収穫用の農業機械を積んだトラジが走り回ってます。

nougyou02.jpg

さらに、こんなのが自走でトロトロと走り回っています。
ナンバーは付いていますが日本ではこんなのは自走できません。

さすが田舎。

中国の田舎の様子
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

このページのトップへ
中国の燃料各種
どこかの国がジャンジャカ原油を消費してしまうので、国際的な原油価格が上昇。
日本のガソリン価格もドンドン上がってしまってます。
通勤に車を使われる家庭では家計を圧迫してしまいます。
そのくせガソリン税を下げることは、官僚ども自分達の小遣い使える予算が減るのでしません。(●。●メ 凸
この先どうなってしまうのでしょうか?
物価は上がるし、おまけにバイオ燃料ブームで農産物の価格も上昇しちゃうし、で庶民は踏んだり蹴ったり。
そのうち中国人が車、日本人が自転車に乗る時代になるのでしょうか?



-10芝油
多分、日本で言う軽油だと思います。

sibayu03.jpg

97気油
ハイオクタンガソリンでしょう。
 
20070714221545.jpg

90気油
レギュラーガソリン



ガソリンスタンドの価格表示
sibayu05.jpg

ここは高速道路のガソリンスタンドなのですが、オクタン価の高いガソリンはないようです。
こうして見るとガソリンより芝油(軽油)の方が高いようです。

これは例のトラジのエンジンのプレートです。

sibayu01.jpg



北海道の近況
simatteru.jpg

今居る北海道の町は15年くらい前に暫く滞在していた所です。
15年前と比べるとすっかり衰退していて、町に活気がありません。
駅前の商店街もシャッターが閉まっている店が多いです。
これでは・・・・

中国の田舎の町の方が活気があります。

こんな町でも朝鮮玉入れ屋と朝鮮金貸しはいたるところにあります。

骨までしゃぶられてしまってます。

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。





このページのトップへ
中国の露天商売各種
中国の露天には日本では信じられないような商売があります。
突然現れて商売を始めてしまいます。



このおじさんは路肩に日本の100円ショップで売ってるような物を並べて売ってます。
こういう商売には営業許可とかが要るのでしょうか?

dokodemokaigyou02.jpg

何を売ってるのかは不明ですが、タライの中に入っているようです。
こういう商売はいたる所で見かけます。
中国人はこういう物に興味津々のようで、すぐ人が集まってきます。
何人かはサクラかも知れません。(笑)

dokodemokaigyou03.jpg

風船みたいな子供向けの玩具を売る行商のおじさん。
学校帰りの子供がターゲット?

dokodemokaigyou04.jpg

こういう商店街の通りには必ず露天があります。
縄張りとかもあるのかも知れませんが、ショバ代は誰が集めるのでしょうか?
ひょっとして公安?(笑)

dokodemokaigyou08.jpg

道路で飲み物を売る露天。
けっこう売れているようです。


dokodemokaigyou05.jpg

刃物を売る露天です。
刃物も研いでくれます。

dokodemokaigyou06.jpg

(モデルは私ではありません)
耳掻き専門のおじさん、一回3元(48円)

dokodemokaigyou07.jpg

これが商売道具です。(と椅子)
一日20人もくれば、結構いい稼ぎになると思います。

私もやってもらおうか考えましたが、前の人の耳ほじった奴を耳に突っ込まれるのは嫌!(笑)
せめて消毒してくれ。



ramu.jpg

今日、北海道入りしました。
夕食に名物のジンギスカンを頂きました。
久しぶりに本場のラム肉をたらふく食べてしまいました。
美味しかったです。
これでダーシーさんのブログの旨い物紹介記事に対抗できたかな?(笑)

しかし・・・・・

気温が15度しかねえよ!
15do.jpg

とても寒いんですが?(笑)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


このページのトップへ
あさってから北海道へ避暑出張になります。
でも仕事が終わりません、まだ仕事中です。(泣)
と言うことで、今日も更新が簡単な(笑)アクロバットネタでございます。
もう、見飽きたと言わずにご覧下さい。m(__)m

中国の荷物の運び方各種

長~い鋼材を肩に担いでオ-トバイを運転するおじさん。
写真には写って居ませんが引きずって走ってます。
地面(舗装)にこすれてますので、目的地に着く頃にはだいぶ減っているのではないでしょうか?
音が凄いのでみんなよけてます。(笑)

bikkuri02.jpg

街中から郊外の村へ食料品等の配達を行う人達のようです。
とにかく、積めるスペ-スは全部使ってます。
しかし・・・後ろの人の荷物、片手で持ってて重くないのでしょうか?

sukurofurarinori.jpg

2人乗りでこの荷物。
中国のバイクは酷使されちゃいます。


Dsenpuuki.jpg

荷物を積むスペ-スがなくてもぶら下げて運んでしまいます。
とにかく、どんな事(手段)でも荷物を運んでしまうところが中国です。


bikkuri05.jpg

このくらいではもう驚かなくなってしまいましたか?(笑)


oioisugosugi.jpg

馬力のある、おじちゃんです。
何キロくらいあるんでしょうか?

bikkuri01.jpg

偶然撮った写真ですが、ピントが手前の車に合ってしまい、ボケてます。
バイクのお姉さんは網戸のような物を運んでいるように見えますがどうやって積んでいるのでしょうか?
良くわかりません。
①お姉さんが背負っている。
②後ろに座った人が抱えている。

可能性は②ですが、これで走っていけたのでしょうか?
信じられません。

次回の更新からは北海道情報も織り交ぜて更新します。
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。
このページのトップへ
なんで名古屋の冷やし中華にはマヨネ-ズかけるんだ?(笑)
食えねえよ!

中華料理らしくないお料理各種(田舎編)


毎日、昼食を食べに行っていた田舎の食堂で出してくれたサラダの様な物。
麺を揚げた物に野菜とハムがのっかている。
春巻きの皮みたいので包んで食べる。
コックの試作品らしい。
ドレッシングが中国らしくないので、なかなかいける。
但し、麺を揚げた油が良くないので沢山は食べられない。


poteto01.jpg

夕食を食べに行ったレストランのメニュ-
ようするに、ポテトフライ。
マックの程ではないが、中華に飽きた時は良いかも?
ケチャップはない。

mame02.jpg

これも同じ店のメニュ-。
コ-ンのフライである。
爆発しないで形が残ってるので衣をつけてサッと揚げているのでしょうか?

warabi08.jpg

これはワラビとゼンマイ(山菜)を煮た物。
味は薄いが日本料理みたいな感じである。
この店はキムチなんかも出してきた所を見ると色々研究してるのかもわかりません。


japantoufu.jpg

これは火鍋屋のメニュ-にあった『日本豆腐』であります。
どう見ても卵豆腐であります。(笑)
味は微妙、卵豆腐でもありません。
店のお兄ちゃんに『これが日本の豆腐か?』と問いつめたら、自信を持って『そうです』とか答えました。
とんでもないウソツキです。(笑)

CA340002.jpg

これは中国人女子社員がおやつに食べていたお菓子。
形は違うが、味は沖縄のサーターアンダギーにソックリ、というかソレである。
私は沖縄で良く食べていたので間違いない。
やはり大陸から伝わっていたのでしょうか?

中国の床屋の店構え(都会編)
tokoyadane.jpg



私の髪の毛は天然パ-マ(中味は天然パ-)がかかっているので、髪の毛が伸びてくるとカ-ルしてしまう。
だいたい1ヶ月に一度は散髪しないと髪の毛がグチャグチャになる。
2004年に初めて訪中した時は滞在が2ヶ月だったので中国の床屋(しかも田舎)へ行った。
日本人見せ物小屋状態となり、たいへんだったのである
もう嫌なので中国長期出張の際は床屋に行っておく。
しかし前回は忙しくて床屋に行って居る暇がなかった。
日本に帰る迄ガマンしようと思ったが、みっともないので床屋に行く事にした。
田舎では危険なので、都会に戻ってから中国駐在員行きつけの床屋へ案内してもらった。
日本へ帰国したらすぐに床屋へ行き直そうと思っていたので
『少し切れば良い』と伝えた。

最初に洗髪が始まるのは中国式。
汚い頭の奴が多いのだろうか?(笑)
おねいちゃんが慣れない手つきで洗う。
どうやら洗髪は見習いの仕事らしい。
洗い終わると今度はおやじ(40くらい)のカットが始まる。
私は近眼なので、メガネを外すと鏡に映っている自分の頭は見えない。
少しと言ったのにジャンジャカ切る。

さっき言われた事は、もう忘れているようだ・・・・

不安になりつつも、今の時点で『少しだけにしろ』と言ったら左右で違う長さになりそうである。
危険なので黙って従うことに。(笑)

頭が思いっきり軽くなると、仕上げに洗髪はしないでドライヤ-で残った髪の毛をぶっ飛ばして終わる。(ひげ剃りとかはしない)

メガネをして頭を見ると・・・・・・

思いっきり短いじゃん!

まあ、夏ですから短くてもOK了!(泣)

しかし・・

もみあげが中国人風だよ!(笑)

これで30元でした。(約480円)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
今晩は出張疲れで中国ネタの更新が出来ません。
明日の夜にはなんとか更新したいと思います。

今週は名古屋近辺に居ました。
久しぶりの名古屋出張です。(約15年ぶり)
今年の夏は北海道と名古屋で決定です。(笑)

新幹線『のぞみ』ですが、ほんとに過密スケジュ-ルでダイヤが組まれているのですね。
名古屋~東京が1時間40分くらいですので、遠いと言う感じではありません。

PA0_0003.jpg



PA0_0004.jpg

6月に打ち合わせに来た時はわからなかったのですが、こんなビルを建ててます。
最初は曲がってしまったのかと思いました。(笑)
しかし、エレベ-タ-もツイストするのでしょうか?

PA0_0006.jpg

郊外で見つけたラ-メン。
今度食べてみようと思います。
しかし、辛いのは苦手なのでダメ。


新幹線でお弁当を食べました。
メニュ-はみそカツ&エビフリャ-弁当です。
エビフリャ-もミソ味なのでカツを食べても、エビを食べても同じ味。
付け合わせも少ないので、ついに途中で飽きて残してしまいました。
次はこれはパス。
でこサングンさま、おすすめは何でしょうか?(笑)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。





このページのトップへ
今週は名古屋近辺におります。
泊まってるホテルは、LANが夜9時過ぎるとアクセスが遅くなり、ブログの管理画面が開かなくなります。
まったく、困った事態です。
中国の田舎の方がよっぽど快調でした。(笑)
このホテルは次はパスですな。(全国チェーンのホテル)

急いで更新しないと時間切れになります。
皆さん見飽きたとは思いますが例の奴で更新させていただきます。

20070705195941.jpg

コミカルなおじさんですが、積んでるのはタンク?

nimotuoosugi04.jpg

工事に使う資材なのでしょうか?
フニャフニャしてます。

nnimotuoosugi03.jpg

荷台というのは何処までのことを言うのでしょうか?
車幅なんて関係ありません。

20070705195917.jpg

二人のりしてさらにこの荷物?
オートバイの大きさは日本と同じなのですが、荷台が長くできているようですね。
しかし、サスペンションが壊れないのでしょうか?

AKURONAYATU03.jpg

レンガ満載のトラジです。
なんでもレンガで造る中国ではレンガの需要は多いです。
こんなのがトコトコと一杯走ってます。

nimotuoosugi02.jpg

中国のバスは乗客だけでなく荷物だけでも運んでくれます。
宅配はしませんがバスセンターまで持っていけば指定のバスセンターに置いていってくれます。
ただし、無くなっても責任はとってくれません。

nimotuoosugi01.jpg

このお姉さんは買出しの帰りなのでしょうか?
しかし、凄い荷物です。
中国人(特に女性は)はたくましい。

定位置に戻ったようですが「誘惑」に負けそうです。(笑)
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国のペットボトル飲料


葡萄のジュース 中国製なのか台湾製なのかは良くわかりません。
一本2.5元(40円くらい)です。
日本の果物ジュースから比べると甘いです。

umeumedayo.jpg

「鳥梅汁」と書かれた飲料。
プラムジュースのようですが、味が良くわかりません。
炭酸が抜けたコーラのような感じです。
あまり美味しくはありません。

santori-.jpg

日本のサントリーのスポーツ飲料です。
中国で作っている物のようです。
日本と同じスポーツドリンク。

mar01.jpg

この葡萄ジュースは好きな味なのですが、田舎にはあまり売っていません。
台湾製なのでしょうか?

日本でもペットボトルはリサイクルされていますが、分別回収されて行政が処理を行っていると思います。

中国では行政が回収しなくても一般人がせっせと回収してしまいます。
都会の街中でも、田舎でも道路に落ちていたり、公園のゴミ箱に入っていたりしません。
高速道路のサービスエリアで私が飲んでいた飲料水のペットボトルを捨てた処、掃除のおばさんが拾い出して持っていきました。
(分別回収ゴミ箱はありません)
数年前はこういうパーキング等にはレゲエ風のおばちゃんがウロウロしていて、ペットボトルを回収していましたが今は見かけません。
最近は掃除のおばちゃんの余禄になるようです。
町中でも大きな布袋を引きずったおじさんが,ゴミ箱や道路に落ちてる(というか通行人が飲み干したペットボトルをあげてる)
ペットボトルを集めています。
よほど金になるようで、中国人社員から聞いた話ですが、友人の母親は毎日公園を散歩しながらペットボトルを集めていたら、一年で2万元(約32万円)も稼いだそうです。

kanearimasune01.jpg

このおばちゃん?は高速道路の料金所で車からペットボトルを回収してます。
最初は貧しい人なのかと思ってました。
こんな所でよく追い出されないで居るのは、料金所の人がかわいそうだと思って見逃してあげてるのだなと思いました。


しか~し・・・・
良く見ると
kanemotizyan02.jpg

耳にはイヤリング! しかもくわえタバコ。
さらに
kanemotteruzo04.jpg

高級そうな腕時計!

あんた!金持ちやんけ!
ペットボトル長者?


↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
過積載のトラック各種

揚子江をまたぐ高速道路の大きな吊橋は、なにやら工事を行っていて交通規制がかけられていた。

車両重量50t以上通行禁止?

日本ではそんな重量を積んだトラックなんかないと思う。
でも高速道路を行き交うトラックを見ていると納得できる。




これは中味は入っていないんだとjは思います。
でもどうやって積んだのでしょう?
難し過ぎます。(笑)


tumisugidaro01.jpg

これもどうやって積んだのでしょうか?
途中で崩れないのが不思議でなりません。

tumisugidaro02.jpg

中味なんだかわかりませんが、ロ-プのかけ方がいい加減です。
こんな物が道路の真ん中に落ちていたら道路清掃の人が大変です。

tumisugidaro03.jpg

これは丁寧にネットがかけられています。
しかし、どうやって荷物を降ろすのでしょうか?

tumisugidaro06.jpg

三輪バイクを山と積んでいます。
斜め積みは中国では一般的です。
まえの荷台にオ-トバイの部分が載っかってしまいますが没関心。
平積みの2倍は積めるのではないでしょうか。
これも積み降ろしが難しそうです。

tumisugidaro07.jpg

トラックを向かい合わせに2台積んでいます。
フロントタイヤを外して斜め積みにしてあります。
タイヤの脱着が大変そうです。

tumizugidaro04.jpg

大きさがたいして変わらないトラックを運んでいます。
どうせやるなら、

もう一台積んでくれるとうれしいんですが?(笑

1台じゃ中国らしくないのでつまらん!(笑)

積み過ぎは問題ありですが、押し過ぎは問題ありません。

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


このページのトップへ
ASTRA


夕べ、といっても深夜ですが、WOWWO○で放送していたエイジアのライブ映像を見ました。
1980年代には大物プログレッシブ・ロックバンドが次々に解散してしまい、80年代はそれまでの志向と違う音楽になりつつありました。
それまでのプログレは演奏テクニック重視、愛だの恋しいだの、の生チョロい歌詞はいっさいなし。
一曲が10分以上なんて曲もざらにあり、シングルカットは不可能に近い。
70年代はそれでも可能でしたが、80年代に入るとレコ-ド会社にとってはシングルヒットを狙えるバンドが欲しくなります。
イエスみたいにポップ路線に方向転換したバンドもありますが、殆どは新しい曲作りに方向性を見いだせず解散。
そこで大物老舗バンドに所属していたミュ-ジシャンが集まってできたのがエイジアです。
売れ線のメロディラインとラブな歌詞。
かなり売れっ子になりました。
しかし大物のプライドはメンバ-間に確執につながり、メンバ-チェンジが激しくなってしまい1984年に一旦解散。

その後も、もうオリジナルメンバ-いねえだろ、だけど未だに日本公演やってるなんてすごいよねベンチャ-ズみたいな事をしながら何回か再結成が続く。


昨年、なんと仲が悪いオリジナルメンバ-で再結成されたようで、今年の3月に日本でライブも行われました。
このライブ映像はその時の日本公演の模様です。

見てビックリ!
ベ-スとボ-カルのジョン・ウエットンは『まいう~』とか言う石塚なんとか君にソックリに、、キ-ボ-ドのダウンズは太った彦麻呂に、ギタ-のハウは白髪禿げの老眼鏡使用のおじいちゃんになっています。
ドラムスのパ-マ-は相変わらず元気だけど、出っ張った腹が気になるのかドラムソロでTシャツ脱がないし(笑)
新曲を作らないナツメロバンドでしかありませんが、なんかガッカリ。

やはり・・・

ロック・ミュ-ジシャンはデブったり禿げたりしてはいけません!

ブ-トキャンプでもやっとけ!

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

06月 « 2007年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。