FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 2007年08月

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
中国式道路横断の仕方

中国では急速な車社会が到来。
日本と違い、歩行者優先の車社会ではなく、車優先の交通事情です。
横断歩道で手を上げても、走ってくる車は絶対に停まってはくれません。
停まってくれるのはタクシーか人力車くらいです。(笑)
それでは中国人の道路横断の仕方を学習しましょう。

oudankayo01.jpg

道路の真ん中を歩くご婦人。
渡れるタイミングを見計らっています。

oudankayo02.jpg

横断歩道はあっても、交差点以外は横断専用の信号なんてありません。

oudankayo03.jpg

大きな道路では、反対側まで一気に渡る事は不可能です。
道路中央で一旦停まって反対からの車の切れるのを待ちます。

oudankayo05.jpg

ちょとでも車が途切ればあらゆる方向から人、自転車、バイクが飛び出して来ます。


oudankayo06.jpg

道路を渡る時は、こうやって走ってくる車の運ちゃんを睨み付けます。(笑)
運ちゃんとの阿吽の呼吸が必要です。(笑)

oudankayo07.jpg

おまわりさんが居ても没関心。
何処でも横断OK了!(笑)

oudankayo98.jpg

パトカーだって停まってはくれません。

oudankayo09.jpg

我々の車の直前を横断しようとする、おねいちゃん達。
おばちゃんはちゃんと停まっています。

oudankayo10.jpg

あきらめ顔のおまわりさん達。
手のつけようがありません。


っていうか、

そんな所へ白バイ置くなよ! 邪魔だろ? (笑)


いよいよ名古屋の仕事も終わりに近ずいて、名古屋での更新もこれで最後となります。
土曜日に家に帰って、翌日には北海道へ旅立ちます。
暫くは北海道からの更新となると思います。

そんなわけで名古屋で見つけた食堂の看板です。
munasi.jpg


宮本むなし・・・・・

まるで中国のインチキ日本語みたいだぜ。
名古屋人の感覚もわからん。(笑)


参考資料

中国式道路横断


中国の交通状況


↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


スポンサーサイト
このページのトップへ
中国の子供達



公園で遊ぶ子供。
いかにも中国らしい服着てます。
お揃いの服を着ている所を考えると、双子なのでしょうか?


kodomodaro02.jpg

子供を連れたお母さん。
乳母車は日本のと少し違うようです。


kodomodaro03.jpg

この子供のズボンは割れてお尻が見えています。
オムツはしないのが中国流?。


kodomodaro05.jpg

中国は夫婦共稼ぎが多いので、じいちゃん、ばあちゃんが同居している場合は昼間は年寄りが面倒を見ています。
思いっきり甘やかされるかも知れません。
私も幼少の頃は殆ど祖父母に育てられたので、思いっきりワガママに育ちました。(笑)


kodomodaro06.jpg

これもおばあちゃんが通学の送り迎えをしているようです。


kodomodaro07.jpg

これもおじいちゃんが送り迎えかも知れません。
おじいちゃんも大変です。

っていうか、ヘルメット被らせろよ!
大事な孫だろ?。


中国は一人っ子政策で夫婦に子供は一人しか産めません。
特殊な事情(少数民族等)以外は罰金を払うようです。
つまり高額な罰金が払える富裕層は子供の数が自慢らしいです。
とても罰金が払えない貧困層(特に農民)では子供が減少。
そして、戸籍のない闇っ子も増えているとか?。
とても共産主義国家とは思えない格差が生じています。

そんな国家に必要な物はこれです。

Ckondousan.jpg

良く見ると日本の物が多いようです。
やはり品質第一で安全なようです。(笑)

しかし・・・・
中国製や美国(アメリカ)製のやつは・・・・

パッケージが危ねえよ!(笑)
しかも緑だって?
誰が使うんだ?(笑)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国田舎の夜景
日本は異常な猛暑に見舞われ、電力消費量がアップしてしまい、柏崎原発が使えない状況もあり、電力事情がかなり厳しい状況となってきました。
中国も電力事情はかなり厳しい状況であるようで、都会にある中国工場もいきなり停電通達がきて業務停止になる事がたびたびあるようなのです。
でも、節電に励んでいるかと思えば・・・・
denkimotainai02.jpg

中国の田舎の街を流れる川には川沿いにネオンがついています。
なんの為にこんな事をするのかわかりません。

denkimotainai01.jpg

道路にまたがって設置された電飾の宣伝看板。
飲料用浄水の宣伝らしいのですが、こんな町外れの道路で宣伝して効果があるんでしょうか?

って!

節電なんてしてねえじゃん!(笑)

先日、CSのデスカバリーチャンネルで世界最大のダムである中国三峡ダムのドキュメント番組を見ました。
満水になると地軸が傾くとか、気候が変わってしまうとか凄い巨大なダムですが中国の水事情、電力事情を考えると今後の中国の発展に必要不可欠だとか?
水力ダービンが発電する発電力は、中国全土の10パーセントをまかなう事ができるようです。

でも、中国の送電線とか変圧器とかを見ると、かなり電力ロスが多いと日本の電気屋さんが言ってました。
この辺もなんとかしないと、いくら発電しても足りないでしょう。

それに、こんなのがドンドン増えてます。

dendouzitensyakayo.jpg

人民は電動自転車が大好きのようです。

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国的特殊車両&積載事情

荷台にバスケットのゴールポストみたいなカゴを付けた自転車のおじさん。

akuroakuro07.jpg


手で車輪を回す車椅子のようです。
この方は足が悪いんでしょうか?
でも、なんかそんな風には見えないんですが。

akuroakuro09.jpg

もう、こんなに積んじゃってますが、さらに積んでしまうつもりのようです。
後ろは完全に見えなくても没関心。
限界を知りません。

akuroakuro10.jpg

廃材山積みのおじさん。
3輪車には最大積載量の制限はありません。

akuroakuro11.jpg

レンガ満載で走るトラジ同士で追い越しかけてますが、さらに追い越しをかける車。
3重追い越しは中国ではザラに行われています。

akuroakuro12.jpg

これまた、荷物満載の三輪バイク。
バックミラーなんて、ないので後方確認なんてしません。

aqkroakuro08.jpg

ナンバーなくても没関心。
車輪があれば公道走行OK了?

akuroakuro14.jpg

高さ制限なし?
電線に引っかかりそうです。

akuroakuro13.jpg

荷物の積みすぎで走れなくなった、三輪自転車のおじさん。
なんか、哀愁が漂います。(笑)


今月中に名古屋の仕事を終わらせたら、来月初日から北海道へ行く事になりました。

涼しくなってから北海道じゃ意味ねえじゃん!(笑)

しかし、アッチコッチ行くので忙しい。(泣)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国無法的道路運行状況



脚立を抱えて運転してます。
おのずと片手運転になります。
ハンドルとられたら転倒しちゃいます。

akuroakuro02.jpg

サングラスが似合うお兄さん。
二人乗りのあげくこの荷物。
後ろに積んでる荷物からすると引越し?

akuroakuro03.jpg

もう、なんでも有り!の交通状況。
フォークリフトが堂々と道路を走ってます。
追突されたら串刺しです。

akuroakuro04.jpg

なんだか良くわからないのですが、トラジのクレーン車のようです。
akuroakuro06.jpg

これも同じような機材です。
街中でも没関心。

akuroakuro05.jpg

なんか鉄の車輪みたいな物を運ぶトラジ君です。
縛ってるあるロープが切れたら、歩行者や車が下敷きです。
とても安全な運び方ではありません。
積めるだけ積んでしまう中国的運搬方法です。

今、仕事で名古屋近辺の都市にいます。
この辺は夏は暑いところですが、今年は半端ではありません。
うなぎでも食って元気を出したいところですが、私が食べられるようなウナギは日本で一週間くらい泳がした国内産と偽った中国産安いウナギなので食べたくはありません。
かといって、とても国内産天然ウナギは手がでません。(笑)

誰か天然ウナギ奢って!

そろそろ倒れるぞ。(泣)

天然ウナギの蒲焼食べたい人は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国農村地帯の収穫風景
aqkaruino.jpg


中国は個人での土地所有を認めない共産主義なので、個人農家は存在しないのかと思っていたら、ちゃんと存在する。
国から永代使用(お墓みたいであるが)を許可されて作物を作っている。
日本の農家のように個人で農業機械なんてのは揃えられないから、全て手作業であるようだ。
刈り取り等は専門の業者が有料で農業機械を持ち込んでするようだが、貯蔵や流通させるために必要な乾燥等は乾燥機械がないから天日干しである。
日本も私が子供の頃は田圃にヤグラを組んで干してあった。
機械化が進んだ現在は見かけなくなった光景である。

ある意味自然乾燥でエコロジーでもある。(笑)
でもヤグラなんて組まない。
手っ取り早い方法を取る。

つまり、公共の舗装道路を使う。(笑)
下が舗装されているので絶好の場所である。
収穫時期に農村地帯を通過すると作業をする農民がいっぱいいる。




akarukunainouson05.jpg


akarukunainouson04.jpg

akarukunainouson03.jpg

akarukunainouson02.jpg


一日の作業が終わると何処からかリヤカーがやってきて積んでいる。
殆ど機械なんて使っていない。
また、買う資金も調達はできないであろう。

nousonfuukei02.jpg

これはたぶん風選をしてゴミを飛ばしているようである。
とても気が遠くなりそうな作業である。

そういえば、先日中国で日本のお米が販売されたようである。
新潟のコシヒカリと山形のひとめぼれである。
中国のお米と日本のお米では食感はまるで違う。
中国人にとっても日本の米は美味しいのであろうか?
(というより、安全性の問題か)
でも買う人は都会に住む、共産主義のくせに存在してる事がおかしい富裕層の人達である。

なんたって中国のお米の20倍の値段ですから。
2kgで200元、約3200円もする。

って、そんな高い米、おいらの家でも買えねえよ!(笑)

うちもそんな高い米食ってねえよ! と言う人は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国的単車各種



中国では、人民が乗る自転車が道路を埋め尽くす程走ってる。というのが4年前の訪中時のイメージであったが、実際はかなり違っていた。
自転車よりもバイクが多いのである。

baikukayo081601.jpg

子供が危ない!

baikukayo081603.jpg

なんか、デザインも面白いのがあります。

baikukayo081602.jpg

これはサイドカー付き、ポリス用。

suzurikayo.jpg

これは前も紹介したSUZURIのバイク。(笑)

suzuli.jpg

これはSUKULI、スペルが少し違います。(笑)




恐怖の共産主義から、自由主義経済を取り入れたなんちゃって共産主義に移行されて人民も豊かになって、バイクに乗るようになった。(笑)
ガソリンエンジンもあるが、電動モーターのバイクも多い。
電動式は免許証がいらないようなので手軽に乗れる。
(日本では原付免許が必要)

手軽に誰でも乗れる+免許不要なので交通法規は教わらない+中国人=

メチャクチャあぶねえよ!(笑)


20070816231208.jpg

という事で、こんな標語がいたるところに。(笑)

人民の皆様、交通安全でお願いしますよ。
と思われる方は、
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国的建築現場

中国での仕事は、基礎や壁を建築業者に作ってもらわないと出来ない。
日本であればゼネコンが作ってくれるので安心であるが、中国であるとかなり不安、というか信用できない面が多い。
特に田舎においてはセメントプラントなんて殆どないから、現場でコンクリ-トを練っている。
現場でミキサ-を使って作っているのを見ていると、かなり配合がいい加減。(笑)
一応、学校でコンクリ-ト工学の単位は取ってるので(といっても、殆ど忘れているんだが(^^;;)少しはわかる。
いい加減な配合では強度はでない。
粗骨材(いわゆる砂利)もでっかいし、砂もふるいにかけていない様な物を平気で混ぜている。
強度試験用のサンプルピ-スも取らなければ、コアサンプルも当然取らない。
かなりいい加減な施工である。

これが一般建築だと、もっといい加減になるようである。
これは平屋の建物に上階部分を増設している工事現場の写真である。
(公園の管理棟らしいのだが)



kouzigenba03.jpg

kouzigenba04.jpg

kouzigenba05.jpg


震度4くらいの地震がきたら、一発倒壊間違いなしである。
壁部分には鉄筋は入っていない(レンガを交互に組んでるので鉄筋は入らない)
つまりレンガの重量と、表面に塗るセメントの厚みで壁が持っているのである。

kouzigenba01.jpg

足場は竹で作ってあります。(組み方もかなりいい加減)
私も登った事ありますが、ミシミシ、バキバキでかなり怖いです。

kouzigenba06.jpg

良く知らないんですが、瓦ってペンキ塗るのかいな?


どうやら中国で建設中の橋が倒壊したようです。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070814i103.htm
鉄筋がみあたらないって話しですが、
まさか・・・・

レンガで作ってたんじゃ?(怖)

そういえば何気なく撮影した中国の高速道路の架橋ですが


hasinosita01.jpg


どう見たって傾いてるやんけ?!(笑)

日本も東京オリンピックに間に合わせる為に作った首都高速は、かなりの手抜きで出来てます。(笑)
もう殆ど当時の部分はないんだろうけど?

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
中国の働く車各種

hatarakusya02.jpg

これは車両(乗用車や小型のトラック等)を運ぶロ-ダ-と呼ばれる車両。
荷台がスライドして、積み込み易くなります。
故障した車を運ぶのが目的です。

hatarakusya03.jpg

これは故障車を吊り下げして運ぶレッカ-車です。

hatarakusya04.jpg

これも同じくレッカ-車。
とにかくいきなり動かなくなる車が多い。
都市部の渋滞の原因の一つである。


hatarakusya06.jpg

都会は今、マンションやら、工場建設ラッシュなのでセメント運搬を行うミキサ-の需要が増えてきたようです。
でも田舎には殆どいません。
かわりに田舎はこんなのが!
hatarakusya07.jpg


hatarakusya09.jpg

自走するパワ-シャベル。
日本では公道を走れません。
中国では没関心。

hatarakusya08.jpg

大型クレ-ン車。
前回の工事の為に手配したクレ-ン車です。
見かけはまあまあ。
若いお兄さんがオペレ-タ-(操作係)
久しぶりにヒットかな?と思いましたが、腕は最悪!(泣)


中国の牙科(歯医者)
hatarakusya10.jpg


商店街に軒を並べて営業する牙科。
歯科医院というより・・・・
歯抜きショップ?! って感じ。(笑)

昨日、家に戻ってまいりました。
駅から歯医者へタクシ-で直行し、即治療を行ってもらいました。
歯の下の方で膿んでいたらしく、それが歯の神経を刺激するとか?
義歯を外して応急処置完成。
痛み止め、抗生物質等の薬をゴッソリと貰って帰ってきました。
とりあえずは落ち着いています。

昨日、名古屋から乗ったのぞみ号は、発車時刻になっても発車せず、10分近くも名古屋駅に停車していました。
検札にきた車掌さんに訳を聞いたところ、ダイヤが遅れたJR高山線からの乗り継ぎのお客さんを待っていた!
という事なのでした。
なんでJR高山線からその新幹線に乗るお客さんが居るのが判ってたのか不思議です。車掌さんに『JRはそんな親切なんですか?』と聞いたら、
『良くあることです』だそうです。
まさかそのお客さんって政治家の先生とかじゃないだろうな?10分遅れで発車し、東京に着く時点で3分遅れまで取り戻しておりました。
7分近くも遅れを取り戻すということは
通常より相当高いスピ-ドだしてたんでしょ?(怖)

どっかでそんな事して事故ってなかったか?

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。






このページのトップへ
中国のポット各種

中国ではよっぽど山地の清流を水源にでもしていない限り、水道の水はそのままでは飲めない。
世界一清潔な胃袋になっている日本人ではたちまち下痢をする。
鍛え抜かれた中国人さんでも生では水道水は飲まないようである。
かと言って、ペットボトルに入った浄水やら、天然水を料理やお茶に使用するのはもったいない。
で、どうするかと言えば沸かして飲むのである。

夏でも沸かしたお湯を、茶葉を放り込んだ口杯と呼ばれる容器に入れて持ち歩く。
だいたい、冷たい飲料を嫌う人達なので熱くても、温くてもOK了。

なので色々な湯沸し道具やらポットを見かけるし、超市(スーパーマーケット)でも売っている。
どんなのかというと



中華風電磁ポット。
結構なお値段です。


yakankayo02.jpg

お茶用湯沸しポット


yakankayo03.jpg

コルクの栓が付いた保温用ポット
ごく一般的なポットです。
レストランから一般家庭まで良くみかけるタイプです。
このポットはなかなか優れもので、保温性はバツグンです。
コルクを使っているので密閉性が良いのでしょうか?
ちゃんと替えのコルク栓も売っているので便利かも?
値段はかなり安い(100元=1600円)前後です。
日本には売っていない代物なので、日本におみやげにもって帰ろうかと思いましたが・・・・・

こんな物お土産に持って帰る奴はいねえよ!

と家族に言われるので止めました。(笑)

昨日から歯が痛み出し、物を食べると激痛が走ります。(泣)
現場責任者なので帰るわけにも行かず、それにもう歯医者さんは夏休みになってます。
しかたがないのでかかり付けである、高校の同級生の歯医者さんに電話して強制的に休日治療の予約をしました。
日本にいる時でよかったです。
中国ではどうにもなりません。

だって、中国では
kibakayo01.jpg

牙科歯医者です。
雰囲気が、医者というより床屋って感じなんです。

怖くてかかれねえよ!

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


このページのトップへ
中国の公園風景
私は国内出張に出ても殆ど観光見物はしない。
仕事で来ているという事もあるが、日本の観光地はいかにもこれ見なさい式で観光させられ、さらにおみやげ買わされるのがオチである。
非常にツマンナイのである。
若い頃は沖縄に行っていたが当時の沖縄本島南部の観光と言えば慰霊塔が並ぶようなところばかり。
戦争を知らない世代であり、若い頃だったので興味もなかった。
それより嘉手納基地のフェンス越しに見る、B52爆撃機の離着陸を見たり、コザ市をうろつく刺青入りのアメリカ兵を見ているほうが沖縄の現実を知るのに役にたった。

どうにもひねくれている性格なので、人が喜んで見る物と反対の方向を見てしまうのである。

中国においても同じで、近代的な中国都市をみるより、田舎の中国人民を見ている(観察?)方が中国を知る上では役に立つ。(笑)
非常にラッキー(?)な事に仕事先は田舎。
もう中国人だって観光には来ないような所へ出かける。
(まあ、観光名所は元々無いような地域)
私は非常にうれしい!(嘘)
というわけで、浪漫飛行さんみたいにかわいい彼女と美しい観光地の写真等はほとんど撮っていません。(彼女は無理だし)
でも、貴重な写真がありますので紹介します。(笑)
これは休みになった時に花見に出かけた時の写真です。
この公園には日本から送られた桜が咲いています。


ちょっと大きな公園には絶対にある塔です。
こういう塔に登って風景をい見るのが好きなようです。

kouennkayo2.jpg

これも公園には絶対にある石碑です。


kouennkayo3.jpg

石碑をバックに写真撮る人が絶えません。

kouennkayo5.jpg

長々と書かれた説明文。
私にはまったく意味不明。(笑)

kouennkayo8.jpg

咲いていた桜です。
中国人は桜は馴染みがない樹木なのでしょうか?
折ったりする人は居ませんでした。(何故か行儀が良い?)
kouennkayo1.jpg

とにかく、人、人、人、大混雑です。

kouennkayo7.jpg

こういうモニュメントが多いのも中国の公園の特徴。

kouennkayo6.jpg

沖縄のシーサーみたいな守り神なのでしょうか?

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。




このページのトップへ
奇食ファンには有名な名古屋の喫茶店
今、出張で名古屋近辺の都市に滞在しております。
私は日本国内色々なところへ出張ででかけ、その地方の食事を色々食べておりますが、この地方のお食事はある意味特殊。(笑)
一般的にどの地方へ行っても同じであるはずのお料理も名古屋になると、トンカツに赤ミソかけてあるし、冷やし中華にはマヨネーズが乗ってるし、味噌汁は赤だし、ウドンはペッタンコ。(笑)
さらに異常に喫茶店の店舗が多く、コーヒーを嗜好される方が多いようです。
コーヒーを注文すると茹玉子等がサービスで付いてきます。
午前11時まではさらにトースト、サラダまで付いてくるそうな?
コーヒーの値段だけでこんなについてくるなんて、名古屋って面白いところであります。



せっかく名古屋にいるので、奇食メニューで有名な喫茶店「マウンテン」に行ってみました。
http://kissamountain.blog61.fc2.com/
朝食を抜いて腹を減らして昼食に頂こうと思っておりましたが、
kisyoku01.jpg


メチャメチャ混んでるやんけ!
せっかく甘口抹茶小倉スパ食べようと思っておりましたが、駐車場は10台以上の車で満杯、店の外には順番待ちの人垣、さらに車の中にも待機してる人大勢です。
ちょっと様子を伺っている間にもタクシーで乗りつける人達やら、車でものすごい状態です。

こんなに奇食愛好家がいるなんて!
あきらめて帰ってきました。(泣)

そんなに奇食が食べたいなら中国名物
サルの脳みそ
をお勧めします。


中国のお料理
unagimazui.jpg

田ウナギと呼ばれるドジョウのでっかい奴のお料理。
骨が太くて丸かじりはできません。
はっきり言って美味しくありません。(笑)


CA340061.jpg

米のおこげの料理。
これに白濁な海鮮の入ったスープをかけていただきます。
スープをかけるとフニャフニャになってしまうので、これをかじりながらスープを頂いたほうが美味しく頂けます。


市場で見かけた食材
tgyuukasyokuzai01.jpg

日本にはない野菜も多いです。
特に香菜と呼ばれる野菜は香りが強くて臭いに敏感な私は苦手です。

町で見かけた食材

pochi.jpg


って
ポチかよ!

嘘です、これは食材ではありません。m(__)m
飼い犬を食べたりはしません。

でも食堂のメニューにはって字が多いが。(汗)

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。




このページのトップへ
中国の高速道路に居る人達各種


止まった車にかけより、交渉するおじさん。
ヒッチハイクに成功か?

20070802210547.jpg

料金所の前をうろつく人達。
なにか交換でもしているのでしょうか?
ここの料金所は出口ではなく、高速道路が継続している所なのでこの場所も道路上です。
危ないったらありゃしない。

20070802210318.jpg

こんな路肩で子供にオシッコさせてるお母さん。
日本では考えられない危険なまねです。

20070802210339.jpg

ヒッチハイクする気か、バスを待っている人。
分岐点とか合流点に良くいます。
車を乗り継いでいるのかもしれません。


20070802210354.jpg

前方施工って小さ過ぎないですか?

20070802210425.jpg

一生懸命掃除する係りの人。
周りの車に注意しましょう。


20070802210448.jpg

道路上で故障したトラック。
結構道路上に故障した車います。
道路の真ん中で立ち往生している車までありますので注意が必要です。

20070802210532.jpg


あ~・・・
皆で連れショ●かよ!

中国の高速道路からの景色です。
最初の方に歩いてる人います。(笑)


↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

07月 « 2007年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。