FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 2007年12月

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
中国の現金支払機

海外出張に出て困る事の一つにお金の問題があります。
特に中国の田舎に行く私が困るのが現金の管理です。
まず日本のカ-ドなんて使えません。
いつもニコニコ現金払いしかありません。
現金が沢山要ります。
かと言って多額の現金を持ち歩くのも危険ですし、ホテルに置いてくるわけにもいきません。
フロントに預けてしまえば良いのですが、これもいまいち言葉がうまく通じない状況では預けたくはありません。
しかたなく持ち歩く事になります。
まあ、半分は日本円ですのでこれはホテルに置いてきちゃいます。
あと1000ドル分の旅行小切手も置いてあります。
これは本人以外換金不能、保険も付いています。
この田舎の銀行では、日本円も旅行小切手も銀行員が見た事ないとか言う始末なのでまず盗られる事はないかと?。(笑)

まあ、いつまでもこんな事がうまく行くとは限らないので安全策として、中国の銀行に口座を作って口座に入金してしまい、カ-ドを使ってCDでおろす方が良いかと思います。
と言うことで銀行に入れたお金は何処でおろせるのかといえば、こんなのです。





なんと24時間営業です。

CA340013.jpg

田舎町にもこんなのがあります。やはり夜中も営業してるようです。
しかし、通りに面してるのですがドアもない軒先みたいな場所です。
こんな所で金おろしてても安全なんでしょうか?
とても夜中には金おろしにくる気にはなれません。

busousiteruze11.jpg

どうやら預け入れは出来ないようで紙幣のみの支払い専門のようです。

busousiteruze13.jpg

金を盗むおろしてる不良っぽい少年達。

金おろして振り返ったら、こんな兄ちゃんに囲まれてたなんてのも怖いよね。
オヤジ狩りされちまう。

最近の中国はこんな田舎でもこんな格好してる子供が多くなりました。
澁谷あたりにいるクソガキ子供とたいしてかわらん(^^;;。


年末なのに金がない! という方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


スポンサーサイト
このページのトップへ
中国の銀行と現金輸送



中国は国営の中国銀行の他にも色々な銀行がある。
農業銀行。商業銀行なんて、日本の農協銀行とか信用金庫みたいな役割なのかも知れない。
田舎町でも結構いろんな銀行が設置されている。
中国の銀行は完全に客と行員の間が強化ガラスで仕切られていて窓も全部鉄格子入り。
現金や通帳のやりとりはこの分厚い仕切ガラスの下にあるトンネルを通して行う。
客を全然信用してない。(笑)
というか此所まで警備が厳重だと、ちょっとやそっとでは銀行強盗は出来ない。
客を人質に取って現金を要求しても絶対に知らん顔されるに決まっている。(笑)

それなら現金を銀行に運び出したり入れたりするタイミングを狙うしかない。
busousiteruze04.jpg

現金輸送の車(警察車両)
日本では銀行の現金輸送は警備会社が行っている。
防弾チョッキとかは着ているだろうが、拳銃等の武装はしていない。
武装しているのは朝鮮玉入れ屋の景品交換所の現金輸送車の連中くらい。

中国の場合は
busousityeruze02.jpg

銀行の前に横つけされる現金輸送車。

busousiteruze03.jpg

現金を積んで(運び出して)います。

しかし・・・
busousityeruze01.jpg


しっかり武装してます。(怖)
しかも何故か迷彩色の制服だし。
西武警察みたいにショットガン打ちまくってしまうのでしょうか?(笑)
中国の場合銀行強盗は命がけです。


でもこの銃はなんかおかしい。
ショットガンにしては細いし、自動小銃にしては弾倉が見あたらない。
ひょっとして
 中国らしく偽物か?
AK47とかの方が迫力あるな。

年末を迎え、警備会社セ○ムの広告塔、4様の国から武装スリ団や武装強盗団がノ-ビザで出稼ぎに来てます。
皆さんも戸締まり、暗い夜道には充分気をつけましょう。

今夜の戸締まりを確認した方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。
















このページのトップへ
中国大衆食堂のお料理各種
mamedayo01.jpg

ピ-ナッツを炒めた物。
ご飯のおかずと言うよりは前菜見たいな感じ。
中国人は長い箸でうまく掴んで口に運ぶ。

nasudayo01.jpg

茄子の炒め物。
これはなかなかいけます。
甘い味付けなので日本人の味覚にもあいます。

renkondayo01.jpg

レンコンとピ-マンの炒めもの。
レンコンを炒めたのは初めて食べましたがこれもいけます。
tamagodayo01.jpg

トマト入りスクランブルエッグみたいな料理。
塩味がちょっと薄いですが毎日食べても飽きない料理でもあります。
saihandayo01.jpg

炒飯です。
チャ-ハンとは言わずに、『サイハン』と発音します。
ただ、日本のようにパラパラに仕上がってはいません。
これなら私の方がうまく作ります。(笑)

tingensai01.jpg

なんかの葉っぱ(青梗菜だったかな?)とモツを煮た料理。
ちょっと辛いのと見た目がいまいち。
味付けは合いません。

toufudayo02.jpg

豚肉と乾燥させた豆腐の料理。
箸で掴んでいるのが乾燥した豆腐(湯葉の堅い奴みたいな物)です。
美味しかったです。

中国の田舎に滞在していると毎日の食事(夕食)に困ります。
ホテルのレストランは上品なお料理しかないので毎日では飽きがきます。
それに中国人社員達もあまり高級なお店の料理は面倒くさいので嫌がります。
と言うことでこんなお店に良く行きました。
misenoyousudayo01.jpg

中国の一般的な料理『家常菜』のお店です。
ご覧のように小さい食堂といった感じのお店ですがなかなか繁盛しています。
衛生面はかなりデンジャラスですが味付けは日本人にも合います。
マイ箸、マイコップ持参ならば安全です。(笑)
調理場も覗いて見ましたがそんなには不潔ではないので一応安心です。(笑)
(まあ、中国の場合は高級なお店でも調理場はかなりいい加減なので何処でも一緒ですけど(^^;;)
毎日のように通っているうちに店の老板(ラオパン)やコック、服務員とも顔なじみになったので気さくに応対してくれます。
といっても言葉は殆ど通じないんですけど。(この地方の訛りもキツイ)

taiwannomise.jpg

この店の従業員の人達。
小さい店なんですが従業員が多い。まだあと4人くらいは常にいます。

特に服務員のオバチャン達は日本人の私に色々話しかけてきます。
若い小姐(シャオジェ)だとよいのですが皆さん年期の入ったかた達ばかりです。(笑)
obasandayo01.jpg

一番若いと思われる服務員のおばさん老姐。
年齢は35~40前くらいかな?
この人の中国語は少しわかります。

oZZy.jpg

オジ-・オズボ-ンみたいな、この店の女ボスのおばちゃん。
年齢不詳。
中国語は全く理解不能、通訳さんも理解不能(方言強いので)(笑)。


今日も忘年会一件ありました。
昼間は餅つき大会、夜は忘年会です。
疲れました。

忘年会に疲れた方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。






このページのトップへ
中国田舎の見慣れた風景



荷物の積み方も凄いですが首がないおばさんの乗り方も凄い。
っていうか、あるんだったらヘルメットかぶれよ!

kikennanorikata09.jpg

運転手の足元に荷物、運転手と後部の人で荷物を挟んで、さらに後ろにこの荷物。
いったい何を運んでいるんだ?

kikennanorikata02.jpg

トラジに積めない物はありません。
車体より長い物でもご覧の通り。
昼間ならまだ良いですが、夜薄暗い前照灯だけで(後部には車幅灯もブレ-キランプもない)トロトロ走るトラジはとても危険です。

kikennanoikata06.jpg

荷物はみ出し走法。
逆さコ-トのオ-トバイは多分バイクタクシ-。
運転がうまくないとつとまりません。

kikennanorikata06.jpg

子供用三輪車を運ぶお母さんライダ-。
中国ではこのスペ-スはかなり有効に使われます。

kikennanorikata04.jpg

廃品回収のおじちゃん。
歳とっても馬力があります。
みかけによらず(失礼)、こういう人が有銭人(金持ち)だったりします。

kikennanorikata03.jpg

ごく当たり前の風景。(笑)

もう残す所一週間となりました。
訪中前に書いてしまう予定の年賀状は結局未だ書いてません。(泣)
これから書きます。

未だ年賀状書いていない方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。




このページのトップへ
とても汚い中国のタクシ-



中国でタクシ-の車種と言えば、やはりサンタナが一番多いであろう。
というか、私中国でサンタナ以外のタクシ-には乗った事がない。
先週帰って来るときは上海に泊まったのでサンタナ以外のタクシ-に乗れると思ったが、残念ながら全てサンタナ。
しかも汚い。(笑)
もともと大衆車なのでサスペンションも良くない。
乗り心地は悪い。
おまけにシ-トはへたっているのでシ-トに潜り込んでしまう。
今時の車は屋根が高くできているので余裕があるのだが、サンタナはもう25年以上の前の設計の車である。
当然エアバック、ABSなんて物は有るわけがない。
冬だって暖房も入ってない。(暖房をケチられるとは思わなかった、燃費に関係ねえだろ?)
この車に乗るたびに25年前にタイムスリップした感じになる。(笑)

交通法規無視に近い中国の道路を走るタクシ-の運ちゃんは大変な仕事である。
昔は日本でも『神風タクシ-』なんて言い方があるように、荒い運転をするタクシ-があったが、中国のはそんな物ではない。
田舎は人力車が多いのでさほどではないが、都会ではタクシ-の需要はかなり多いので大忙しである。
走れば金になる。
で、当然飛ばす、しかも裏道でも歩道でも何処でも走る。
割り込みも接近戦でとても怖い。
特に右折合流等は殆ど左を見ないで合流するので、命が幾つあっても足りない。

taxidattekitanaiyo03.jpg

やはり治安が良くないので運転席にはこんな防護カバ-が付いている。
(パイプで囲われたのもある)

taxidattekitanaiyo04.jpg

これは女性の運転手。

なかなか運転がうまい。
シフトチェンジも早い(サンタナは大抵マニュアルシフト)、私より早いかもしれない。
しかもベチャクチャ良く喋りながらぶっ飛ばす。(笑)

しかし・・・・・

喋ってる言葉全然わかんねえよ!

私の中国語は3歳児並です。すいません。

安心なタクシ-に乗りたい方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。






このページのトップへ
正しい日本語と奇っ怪な日本語



クリ-ムサンドウエハ-ス
正解です。面白くありません。

kaikinanihongo01.jpg

品は本物ふうみ
本物ふうみと言う事はニセモノ?

kaikinanihongo 03

お猿のマ-クのごいしゃ
お店の名前なんでしょうか?

kaiki nanihogo02

のどがしょくりょうシリ-ズ第2弾
ピ-ナッツ編

nihontotigauyo01.jpg

香り味生きてます食べてみませんか?
香り味ってのが良くわかりませんが何となく伝えようとする事はわかります。

しかしピ-ナシガうまい!でマイナス20点。
nihontotigauyo08.jpg

のどがしょくりょうシリ-ズ第3弾。
今度はインスタントラ-メン編
しかも日式(日本式)

nihontotigauyo10.jpg

ピスタチオではなくピヌタツチキ
kaikinanihongo04_20071218223321.jpg

優の良品
まさるの良品なのでしょうか?(笑)
『の』はいらねえだろ?

kaikinanihongo05.jpg

現場ごほります3分間程きごます。
ハンコ彫り(土産物屋のハンコ作成)の説明文。

英文はあってると思いますが、何でそっちは5分なんだ?(笑)

皆さんインフルエンザが流行っています。
お気をつけ下さい。
予防の為に
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
店頭に並ぶ日本文化


私は初期オバケのQ太郎世代なのですが、子供が小さい時は一緒にTVでドラエモンを見ておりました。
一応の知識はあります。
最近は声優さんが総入れ替えで私が子供と見ていた声ではないようです。
でもドラエモンの形までモデルチャンジしたとは気が付きませんでした。
nihontotigauyo04.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんか思いっきり不気味ジャン!?
なんか食われそうだよ。
あの天才漫画家の作品とは思えません。(笑)

その他にも子供と見ていたお馴染みなキャラがいます。
nihontotigauyo05.jpg

これは間違ってるのかどうかわかりません。
その他のは見たことがないのでサッパリ不明です。
世界一の反日国家韓国では、ドラエモンは韓国で生まれたマンガになっているようですが、中国では素直に日本のマンガとして商品が売られています。

でも・・・

中味はまるっきりニセモノじゃねえのか?(笑)

その他の日本的商品

nihontotigauyo06.jpg

田舎の雑貨屋の店頭で叩き売りされるキティちゃんのスリッパ。
ありえません。(笑)

nihontotigauyo09.jpg

何故かお相撲さんがパッケ-ジに描かれたお菓子。
凄いまわしを締めてます。

nihontotigauyo02.jpg

北海道昌魚

全く意味不明、中味不明ですが日本技術だそうです。
こうする事によって信用されるのでしょうか?

貴方の会社の商品も、売っていないはずの中国で売られてるかも?
不安な方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。




このページのトップへ

日本では寒い冬に鍋を突くのは体が温まりますが、中国で食べられる鍋と言えば火鍋です。


白いス-プと真っ赤なス-プ(激辛)があります。
辛いのが苦手な場合は白いス-プだけでも、また、辛いのだけでも良いようです。
中国人と一緒に食べると大抵辛いのだけになりますから、日本人は注意しましょう。
特に辛い物が苦手な私は辛いス-プの方は一口も食べる事ができません。

hinabehaponzu09.jpg

野菜や肉、キノコ、豆腐、海鮮何でもOKです。


日曜日などは田舎の街の火鍋屋は満員で入る事が出来ない有様で、一年中火鍋を食べている中国人達も冬は特に回数が増えるようです。
ウイ-クデ-でも夕食時になると結構込んでいます。
夏場だとこんなには混んでいませんので火鍋屋にとってはかきいれ時です。
食材の回転が早いと新鮮だと思うので安全性が上がります。(笑)


普通はそのまま食べるか、あるいはこんなタレ(成分不明)につけて食べます。
hinabehaponzu 12

私も火鍋は好きな方なのですが、味が今市日光ハッキリしていないので不満でした。
そこで今回は
hinabehaponzu03.jpg

そう!日本から味ポンを持って行きました。
仕事の準備はいい加減ですが、食に関する物は準備万端であります。(笑)

なかなか美味しく頂きました。
男性にはあまり評判が良くなかったですが女性には好評でありました。
次はシャブシャブのタレで挑戦したいと思います。


中国人の火鍋風景
hinabehaponzu06.jpg

友人達と

hinabehaponzu04.jpg

家族と

hinabehaponzu01.jpg

食用愛犬と・・・

って、ワンコも火鍋食うのかよ!?

それより繋いでおけよな 、まったく。
私は狂犬病の予防注射してないんだから。
(最近ペットを買う中国人が増えてますが、鎖に繋いで散歩してるのはあまり見かけません。それに殆どが狂犬病の予防注射してないようです。感染したらイチコロですので皆さん注意しましょう。)

土日はフリッピ-ナ達が強いです。
負けないように ↓ ここをポチっと宜しくお願いします。








このページのトップへ
中国の街に溢れるコピ-DVD
昨日、我が家に帰ってまいりましたが朝4時起きの上、帰ってから雑用をしていたら疲れがどっと出てしまいダウンしてしまいました。

今回の出張では電気商店街を偵察してきました。
そこには本物にクリソツな違法コピ-DVD、CD等が堂々と売られておりました。
何でも1枚10元(約160円)です。
日本語字幕や吹き替えもあると店の人が言うので棚を見てみると、変な日本語が書かれたパッケ-ジのDVDが並んでおります。
話しのネタに何枚か買ってみました。
邦画のDVDも沢山置いてありましたが、私は邦画と邦楽は全く興味がないのでハリウッド映画を買いました。






私が好きなジェイソン・ボ-ンのシリ-ズもコピ-されて売られています。
しかも、日本で公開中のシリ-ズ3まであります。

intikidvd02.jpg

シリ-ズ1と2は日本語吹き替えと字幕、シリ-ズ3は英語版です。

とりあえず、チラッっと見てみましたが
画像は問題なし。
しかし、日本語字幕も吹き替えもありません。
ランゲ-ジは英語とフランス語の切替のみ。(笑)
字幕は中国語のみ。


パッケ-ジの日本語はいったいなんなんだ?

どうやら日本企業が多い都市なので、アホな日本人をタ-ゲットにしているんだと思います。
intikidvd03.jpg


プロツ”エクト 名は
トレッドスト-ソ
主人公はボ-ソ
撮影方法はリアルさの追求

もう簡体字とインチキ日本語のオンパレ-ドであります。(笑)

intikidvd04.jpg


どうやら、これは
マット・デイモソ主演のスパイ・アクツョソ!!
のようであります。(笑)


スパイ・アクツョソ!!が好きな方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
一応都会の都市に並ぶ巨石文明遺跡(笑)




kyoseki02.jpg


kyoseki03.jpg


kyoseki05.jpg


kyoseki04.jpg



kyoseki08.jpg


トラジが走り回る農村部から都会に戻ってきました。
田舎から来ると排気ガスの臭いが鼻につきます。
休日で人が大勢タムロ歩いている街を偵察に出かけてきました。
何故か歩道には大きな石が沢山置いてあります。
誰が置いたか知りませんがとても奇妙な光景です。
そういえば街には交通警官がウロウロしています。
どうやら歩道に駐車してしまう、電動バイクやら自転車を取り締まっているようです。

ひょっとしてこの石は・・・
歩道に路駐させない為に置いたのかいな?
そうだとしたらなんちゅう馬鹿な凄いアイデアです。(笑)
そのくせ、車の歩道駐車はOK(駐車料金を取る集金係りがいる)なのが、なんちゃって共産主義国家中国らしい。

このとおり
kyoseki09.jpg

kyoseki10.jpg


あさって帰国しますので
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
ヒルマカラサケノンデンジャネエヨ


お前ら仕事中に酒飲んでいいんかよ?(笑)


sakenomasenna02.jpg

このグラスに注がれたのがあのくそまずい白酒です。
4杯ほど注がれてしまいました。

やっと仕事が終わり、この田舎から引き上げ準備をしてたら客(役人、しかも警○)が昼間から宴席のお誘い。
昼間から酒飲んでしまうらしい。
ここのトップ連中が全員集合して私を接待してくれるのだが、目的は私を酔いつぶすのが目的である。
第一、下戸のおいらは酒は殆ど飲まない。
それなのに65度もある、コーリャンから作ったとっても臭いがきつい白酒を飲まされる。
犬並みの嗅覚を持つ私には臭いがしただけでゲ○吐きそうになる。
客じゃなけりゃ蹴っ飛ばして逃げてくるところだが、大事な客なのでしかたがない。(俺は営業じゃないんだが・・・トホホホ)
いきなり乾杯攻撃に会い、始まって10分で頭痛と吐き気に見舞われる。
トイレ行く振りして口から吐き出したり、横に置いたジュース飲むふりしてその中に吐き出したりしたがグラス2杯は飲んじまった。
何も食べることができないので胃は痛くなるは足は立たなくなるはで宴席終了前にダウン。
客も満足(笑)

ホテルで休んで頭痛は消えたが胃の中から湧き上がる白酒の匂いは消えず。
夕食は少し食べたが相変わらず気持ちが悪い。
かわいそうに通訳君も飲まされダウン。
未だに起きてこない。
まったくとんでもない酒である。

中国人はこの白酒で胃を殺菌しているのだと思う。(笑)

白酒を飲みたくない方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。




このページのトップへ
今日は時間がないのでいつものアクロバット走法でお許し下さい。

2輪編です。




abunaiabunai02.jpg

abunaiabunai04.jpg

ガスボンベ運んでます。ぶつかったら大爆発間違いなし。(^^;;

abunaiabunai05.jpg

abunaiabunai06.jpg

abunaiabunai11.jpg

abunaiabunai07.jpg


まったく何を考えてんだ?


夜間の交通事故

二人乗りの電動バイクが歩行者のおばちゃんと接触して転倒したようです。
何故か知りませんが、暗くなってもなかなかライトを点けない中国人ドライバー。
電動バイクは電気の消費を気にして真っ暗の中を走ってきます。
ものすごく危険です。

安全運転しろよ! と思う方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
中国ライダーの防寒スタイル

私のいるところは今とても寒いです。
日本にも近いのでそんなに寒くないだろうと油断していました。
朝はマイナス2度まで下がって、日中でも7度くらい。
かなり乾燥しているので底冷えがして足元から寒さが伝わります。
持ってきた服を重ね着して凌いでおります。
乾燥しているせいで喉の具合も悪くなりました。
ホテルの部屋も暖房のせいで乾燥してしまいます。
バスタブに熱いお湯を張ってドアを開けておきます。
こうすると部屋に湿気が入り乾燥が防げます。
さらに部屋にある湯沸し器でお湯を沸かして蒸気もたてています。
こんなことなら小さい加湿器をもってくればよかったです。
こんな乾燥した寒い大地に住む人民ライダーの皆さんの防寒方法はこれです。



samuiyo02.jpg

samuiyo03.jpg

samuiyo04.jpg

samuiyo05.jpg

オーバーコートを逆にするのがはやりです。(笑)

samuiyo06.jpg

このグリーンの軍隊コートみたいのは田舎の衣料品店には必ず売っています。
ボタンが金色で星のマークがついています。
私も買おうとお店で試着してみましたが凄く重たい。
8Kgくらいはありますので着て歩くのは無理。
中身は全て綿。
昔日本の寝具で袖のついた布団がありましたが(はんてん布団だったかな?)あれと同じくらいの重量です。
そうとう前から出回っているようでデザインもかわりません。
値段は100元前後。
こんな物じゃなくてライダー用の防寒用品作らないのが中国らしいです。

ネット環境最悪の状態で更新しておりますので
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


このページのトップへ
摩訶不思議な日本語事情


梅のお菓子らしいですが「うずまきソフト」。
その他にも何か日本語らしい説明がついていますが、まったく意味不明。


tyuugokurasiiyo10.jpg

これはどうやらあのマズイオートミールのようですが良くみると

tyuugokurasiiyo09.jpg

「良品の才ート、ミルク」のようです。(笑)
日本人でオートミールを食べる人は少ないと思いますが、中国では贈答品になる高級品のようです。
私は貰ってもうれしくありません。

tyuugokurasiiyo15.jpg

これは日本式(笑)のお菓子と書いてあります。
「日式で?んだミルクのようを濃厚を味ちバ」
意味不明ですが?

tyuugokurasiiyo17.jpg

「こうひんしつのはわたしです」
これは意味が判りますがなんか間が抜けてます。

tyuugokurasiyo16.jpg

「かったおつム°」
おつむを買ったようです。

tyuugokurasiiyo12.jpg

「塩ビーナツツ」塩は簡体字
「富なタソバタピタソ」
「最良な材料 最良の味」は良いのですがその下の日本語はまったく意味不明。

今日、夕食後に超市(スーパーマーケット)のお菓子売り場を偵察していたら、服務員(フーエンと読み、どういうわけかそこら中にタムロしている中国の店員)が私を見て「リーベンレン(日本人)」とか言い合って私を観察しています。
なんで日本人とわかったのか不明ですが、何人も私の事を遠巻きに見ています。
この田舎街では外国人は珍しいらしく興味の対象になってます。
これではおちおち写真を撮る事もできません。(笑)
ついてくるんじゃねえよ!
日本人はお菓子が珍しいので写真を撮ってる、と思われたかもしれません。(笑)

浪漫飛行さんのように食中毒にならないように祈ってくれる方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。




このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

11月 « 2007年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。