FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 2008年01月23日

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
戦争プロパガンダ

今日はcrazy train2の予定でしたが、中国人の皆様に日中戦争の始まりとも言える北支那事変の写真をお見せします。
これは私の父親(故人)の遺品の中にありました。
昭和13年(1938年)に北支那(現在の中国東北部北京付近)に徴兵され、出兵していた私の祖父の従兄弟が当時中学生の私の父に送ってきた絵はがき集です。
軍事郵便のハンコが押されていて当時の様子を伝えてくれます。



我軍の定県入場を歓迎する住民 

war04.jpg

緩遠省に日章旗を掲げる皇軍


war03.jpg

動揺する北京前門大街の雑踏

war02.jpg

上 敵塹壕の一部
中 通州城頭に立つ皇軍の歩哨
下 通州日本特務機関の正門

war01.jpg

北支山東省猛家庄にて 

当時13歳の中学生だった私の父はこの絵はがきを見てどう思ったのか?
もう35年前に他界してしまったので聞く事も出来ません。

これらの絵はがきは間違いなく戦争プロパガンダ(政府や国家が国民に向け、戦争の正統性などを国民に説得する大衆宣伝、説得)であります。
日本兵だって一般市民が徴兵されて中国へ出兵。
恨みも何もない中国軍と戦う訳ですから、戦争プロパガンダを行わなくては誰も鉄砲なんて打ちやしません。
そして日本国内に向けてはこの様な絵はがき、戦争高揚映画でプロパガンダを行うわけです。
これは当然中国側でも同じで、一般人民の中国人だって戦争なんかにかり出されるのはまっぴらご免のはず。
当然日本を叩く為のプロパガンダを行っているはずです。
それが飛躍して南京大虐殺が作られた可能性もあります。(戦死者は非戦闘員も含めて7000人という資料もあります。)
歴史的真実を探るというのは当時の事を知る人が少なくなってしまった現在は資料に頼るしかありません。
しかし正確な資料を見分けるにはかなり難しいのではないでしょうか?


そして肝心な事は、今も行われている国策プロパガンダに騙されないで自分で真実を知る事です。
過去を知り未来を見据える事が真の日中友好に繋がると思います。

それと、私のブログは中国人の生活や様式を面白く日本人に見せているだけで、蔑称する為ではありません。
あしからず。

そういえばこの日本軍の戦争プロパガンダ絵はがきを作って、一生懸命中国と戦争をさせようとしていたのはこの新聞社です。
(会社のハガキが封筒に同封されてました)
asapi.jpg

いまやアサヒるで有名な反日新聞社です。(笑)

朝○日報は読まない方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

12月 « 2008年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。