FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 2008年05月

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
中国的曲芸

なんでもあり、全部没関心 な中国ではお金を払わなくてもあちこちで曲芸が見られます。



これは土菅でしょうか?
落としたらドッカーンってな具合です。


nagaiyo02.jpg

スチールパイプを運んでます。
バランスが難しい。


nagaiyo03.jpg

こういうバイクは、たいていバイクのタクシーのようです。
乗用車のタクシーよりはかなり安いので皆利用するようです。
荷物を担いでいるのは客なので落ちても没関心。
運ちゃんはスタコラサッサでしょう。

nagaiyo04.jpg

この人は自分のバイクで運んでます。
軽い物なら一人でOK了。



abunaiyo0528.jpg

老夫婦によるタライ回しの曲芸開始です。
父ちゃんくわえタバコで余裕です。


sugoiyo01.jpg

ガラス戸でしょうか?
風の抵抗もなんのその。
猛スピードで突っ走ります。

abunaiyo02.jpg

これも夫婦による曲芸。
お母ちゃんはちょっと必死ですが、父ちゃんは隣のバイクのおっちゃんと話しに夢中です。

sugoiyo02.jpg

後ろの人女性のようですが、良くこんな重たい物担いでいられます。
運ちゃんの頭にものっけてしまってます。


abunaiyo06.jpg

カメラに気がついてポーズを取ってくれたようです。
陽気な中国人もいます。

abunaiyo04.jpg

寝そべって運転する郵便配達員。
ではなく、交差点の真ん中でオサボリ中のようです。
まったくやる気なし、これだから中国の郵便物はまともに届かないわけです。

Rollin' and  Tambourine 





かわいい女の子の曲芸に観客のオヒネリが凄いです。(カゴの中にはお札が沢山)
一回の公演で200元くらい稼げそうです。
一回見れば飽きるのでアチコチドサ回りしてるんだと思います。
この娘は小学校低学年のようで、シャンシャンやってるのも中学生くらいの子供みたいです。
たぶん、こういう子供達に街頭で芸させて稼いでいる元締めがいるんだと思います。
ちゃんと学校へ行かせてもらっているのかが心配です

この子供のけなげな演技を見てるとなんか悲しくなります。

子供達にちゃんと学校へ行かせろ!
と思われる方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



スポンサーサイト
このページのトップへ
運河に棲む人
昨日から田舎に戻ってきました。
この中国の田舎には運河が沢山あります。
殆ど真っ直ぐに作られているらしく橋の上から見ると一直線です。
残念ながら500メートル以上先は霞んでよく見えませんが。(笑)
この運河は勾配が殆どないに等しいので流れは殆どありません。
よどんでいるので水質はかなり酷く緑色です。
そんな運河を航行する船舶。
主に砂やジャリ、穀物等を運んでいます。




こんな大きな運搬船が航行しています。
底が平らな形状でかなり浮力がありそうです。
タイヤが着いている位置に注目しておいてください。

tinbotu02.jpg

船首が操舵室のようです。

tinbotu03.jpg

船尾は居住区のようで洗濯物が干してあります。
ここで暮して運河を何日も旅するようです。
時々子供や老人が乗っているのを見かけますので、一家で此処で暮しているのかも知れません。

tinbotu04.jpg

こんな風に川沿いの桟橋で荷物を積みます。

tinbotu05.jpg

積み込みに容赦はありません。
もう少しで沈没です。(笑)

タイヤの位置まで沈んでいます。
要するに、岸壁や他の船への接触の際のクッションの役割をするタイヤが着いている位置が喫水線になるようです。
しかも穀物や砂等はむき出しで運んでいます。

つまり

雨降ったら水分含んで沈没まちがいなし!(笑)


おまけ画像

omake0527.jpg

ご好評のパジャマ画像です。(笑)

ネグリジェ画像はないのかよ?
と思われる方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。




このページのトップへ
中国的女性ファッション観察

今は都会に居ます。
トラジが我が物顔で走り回るいつもの田舎と違い、各国企業が進出しているこの都会の街は女性のファッションも先端を行っています。
(何が先端ファッションなのかは、おじさんは不知道)



デパートには女性をターゲットにしたお店がひしめきます。
FA20.jpg

リーバイスもあります。
日本のデパートと変わりません。

をうろついてに出て女性ファッションの観察です。
FA04.jpg

丈の長いブラウスは韓国TVの影響なんだとか?。
なんかダサい感じです。

FA05.jpg

こんな格好は姪っ子が良くしてるような?
左のおばちゃんは典型的な中国おばちゃんファッションです。(笑)

FA07.jpg

ショートパンツスタイルで生足出してる女性も増えてきました。
中国女性はスラックスだとガニマタで歩く人多いですが、足を出すと内股で歩くようです。(笑)

FA09.jpg

黒を着こなす粋な女性。着こなせないとただの喪服。
サンダルがポイントです。
でも、これ日傘じゃないと思います。(笑)

FA10.jpg

中学生か高校生くらいでしょうか?
お金をかけなくてもコーデネイトに気を使ってます。
ショルダーバックがポイントです。

FA11.jpg

右の女性は原宿あたりに居そうな格好です。

FA13.jpg

このスカートの下にジーンズやパンツを履くスタイルは、まだ日本でもはやっているのでしょうか?

FA16.jpg

スタイルとローヒールは良いと思いますが、髪型とメガネをなんとかした方が良いかも?

FA17.jpg

中国で肌を露出した女性がかっ歩するなんて、毛沢東さんも思いもよらなかったと思います。

FA18.jpg

これはどう見ても日本のファッションセンスではないですね。
あの国のファッションの真似でしょう?
歩きながら食べてるのが似合ってます。(笑)

残念ながら人民服を着た女性も現れそうもないのと、変態に間違われてタイーホされないうちに退散です。

しかし・・・・
こんな人も
FA01.jpg

結婚式が終わって2次会にかけつける途中なのでしょうか?

さらに・・・
FA08.jpg
FA02.jpg

・・・・・・・・・・

どう見てもパジャマだろ?それ!
けっこう若い娘でもいます、パジャマで歩いているのが。(笑)

そんなパジャマファッションは中国だけだろ?
と思われる方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
中国田舎の物資調達
中国の田舎で仕事をしていて一番困るのが補助資材や消耗工具の調達です。
一応は全て準備して送っているのですが、それでも変更が生じたり、消耗品が不足してくるので調達に走らなければなりません。
現場のあるところは地平線が見えるようなところですので無理。
朝出勤前に購入したり近所の街に買い物に出かけます。
日本だったらホームセンター等で購入ができますが、中国の田舎にそんな便利な物はありません。




大きな町だとこんな専門店が集まった商店街があります。
しかし私のいる町にはこんな大きな商店街はありません。
昔のアメヤ横丁みたいな怪しげな店が並ぶ商店街です。

こんな感じ。
kaimono08.jpg


kaimono09.jpg

こんな屋台みたいな店まであります。

kaimono11.jpg

買い物は全てラオパン(店主)と交渉です。
日本人(外国人)だと判ると吹っかけられますので、買うものを指示して中国人だけで行きます。
時々まったく違うものを買い込んでくるので遠くから監視は怠りません。(笑)
中国人は高くて品質の良い物は買おうとしないで、安くて(高い物の十分の一)品質の悪い物を買ってくるのでこれも困ります。(泣)

同じ物を扱っていても店によって値段が違い、他の店を覗いて交渉するので買い物に時間がかかります。
またインチキ臭い物も多いので見極めも大切です。

kaimono06.jpg

こんな商店街には必ずこういう運搬を行うトラックやら三輪車がいます。
大きなものを買ったお客さんを目当てに商売しています。

kaimono04.jpg

ここは町工場。
鉄工所です。
この街で見つけました。
必要になった部品を、図面を書いて渡して作ってもらいます。
非常に便利なのですが、ラオパンがいつも二日酔いで朝には出勤してきません。(笑)


kaimono03.jpg

これは鋼材の専門店。
一応新品の材料を置いてあるようです。

kaimono05.jpg

これは現場に一番近い街の鋼材屋さん。
新品もありますが中古の鋼材なんかも売ってます。
しかし、こんな使い古しの鋼材まで商品にしてしまうのも驚きですが、買う人もいるんですね。

ここの店主はラオパニオン(女店主)です。
kaimono01.jpg

チャイナ服にハイヒール、どこかの飲み屋の女将かとおもいましたよ。(笑)


仕事も大体終わり、一段落ついたので都会に戻ってまいりました。
ここには日本食のお店もあるので一ヶ月ぶりに日本食を食べに出たり、今度の住処には洗濯機もあるので洗濯をしたり、かたずけをしたりしていたらこんな時間になってしまいました。
非常に忙しい一日となりました。
しばし骨休めをして来週また田舎に戻ります。

今度は日曜日に更新予定です。
それまで
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

このページのトップへ
中国アクロバット走法(三輪車編)

中国田舎の物流を担う、前がバイクで後ろが荷台の変な三輪車。
エンジン付きや電動(バッテリー式)モーターのまであります。
中国独自の変なモータリゼーションの発展の仕方の一例であります。
この三輪車が沢山の荷物をうまく積上げて走り回ってます。

0520sanrin01.jpg

田舎では人が乗ってても違法ではないようです。
荷物積上げ難易度20点、乗ってる少年の危険度100点。

0520sanrin02.jpg

かなりボロいですがフード付き
荷物積上げ難易度30点

0520sanrin03.jpg

これは荷台が少し高い位置にあるタイプ。
荷物積上げ難易度 40点

0520sanrin04.jpg

棒の長さで難易度20点+となりのバイクのおじちゃんで30点=50点

0520sanrin05.jpg

どうやってこの場所で此処まで積上げたのでしょうか?
技術点が入って80点

0520sanrin07.jpg

たった一人で積んでるので50点

0520sanrin08.jpg

荷物積上げ難易度 70点、よそ見してるのでー30点=40点

0520sanrin10.jpg

まだまだ積上げるようです。
80点

0520sanrin13.jpg

引越しの荷物でしょうか?
90点

0520sanrin11.jpg


・・・・・・・・・

100点!(笑)

で、こんなに積んで大丈夫なのか?と思いますが。

当然の事ながら

0520sanrin12.jpg


ぶちまけます。(^^;;

0520sanrin14.jpg

コケます! (--;;

0520zisin.jpg

地震で亡くなった人に哀悼の意をささげるために昨日は地震発生時間に黙祷が行われ、大運動会の松明リレーも3日間お休み。
日本からかけつけた救助隊も発生から一週間近く経っていたので、生存者は発見できなかったようです。
まだ余震も続いていて、2次災害の恐れもあるので撤収となったようです。
生存者に手を差し伸べてあげられなくて救援隊も無念の思いだと思います。
お疲れ様でした。

現地は気温が高いようで遺体の腐敗が始まってしまい近隣の都市へ運ぶようです。
元中国陸軍の運転手君は予備役の義務があるようで召集がかかっているようです。
目的は遺体搬送だそうです。
行かれちゃうと私はタクシーで現場に通わなくてはなりません。(泣)

お前が運転すれば良いだろう?
と思われる方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。

でも危険が一杯の中国での運転は無理!





このページのトップへ
中国的通学

中国の朝はあわただしい。
出勤前に子供を幼稚園や小学校に送り届けるお父さんやお母さんがバイクで激走するのである。



まだ眠そうなお父さん。
夕べの白酒(バイジュウ)がまだ残ってるようです。

gmg02.jpg


アンジェリナ・ジョリー風お母さん。
娘は似ていないようです。
ってか、朝からアイス食うな!(笑)

gmg03.jpg

これは幼稚園。
園児を連れてくる父兄でにぎわってます。

gmg04.jpg

家庭の事情で連れてこれない児童は、このような輪タク改造通学バスが家庭を回って送り迎えをするようです。


1、2、3(イー、アール、サン)
5manninn.jpg


日本救助隊の到着(テレビ報道)


四川省大地震もとうとう死者5万人に達してしまったようです。
テレビも連日救援活動の様子を伝えています。
まだまだ瓦礫の下で生存している人は多いようです。
映像でみると村が全滅状態で倒壊しているのがわかります。
骨組みのコンクリートスラブが折れて、周りはレンガの壁がバラバラに積もってます。
生存者もかろうじてできた隙間に取り残されているようです。
掘り出すのが大変のようです。
しかし、救助の映像をみていると兵隊や消防隊の多い事にびっくり。
画面が迷彩色の軍服で埋まって見えます。
とにかく人が多い。
一人を助け出すのに100人くらいが取り囲んでます。
しかも道具があまりないのか、何でも人力です。
イーアールサンの掛け声で大きな瓦礫をどけてます。
それに「ハラ、ハラ」とか「ハッ、ハッ」とかの中国独特の大きな掛け声がアチコチでかかってます。

これではうるさすぎて瓦礫の下の人の、か細い声が聞こえねえだろ!

人多すぎではないでしょうか?
もっと少人数で展開したほうが効率良いのではないか?
と思われる方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


このページのトップへ
中国レンガ建材



建築中の高層アパート。
構造はコンクリートスラブ(梁)を作って壁はレンガで造ります。
トラス構造の梁は見当たりません。

rengakayo02.jpg

現場にはレンガが沢山あります。

rengakayo01.jpg

需要の多いレンガはトラジがトコトコ運んでます。

renga02.jpg

レンガを積んだトラジはそこいら中に居ます。
朝から晩まで運んでおります。
農家の一軒屋から高層マンションまで、全ての壁はレンガでできてます。
再利用可能、砕けば土に帰る、ある意味自然にやさしい建材です。

こんな使い方も
renga01.jpg

舟の上にレンガ積んで家(タイヤ屋)作ってしまってます。


swinbunzisin01.jpg

sinbunzisin02.jpg

sinbunzisin03.jpg

だんだんと詳細が判明しつつある四川大地震。
救助活動も進みつつあるようです。
TVのニュースも発生前は大運動会の松明リレーやら、日本のオラウータンに会いに行ったおじさんの話題が中心でしたが、発生してからは松明リレーの話題がちょっとだけ流れます。

ニュースでは日本からの義援金5億円の報道が出ていました。
しかし他国の災害援助隊が到着したとの報道は皆無。
なにしろ、中国各省から消防隊や軍、武装警察、特警、医療関係で10万人規模の救援組織が向かったようで今の所手一杯というところでしょうか?
なにしろ空挺部隊がパラシュート降下して救助に向かわなければならない場所もあるようで、とりあえず自国の部隊を展開させているようです。
しかし、テレビで流れる救助活動を見ていると何かおかしい?。
それは救助する人達が手になにも持っていない事なのです。
瓦礫をどかすにも手作業、クレーンやパワーショベルなどは画像に写っていますが人が瓦礫の下にいたらそんな物は使えないはずです。
やはり地道で慎重な作業が必要となります。
でもバールやつるはし、ハンマーを持っている人が少ないのです。
それにジャッキで空間を広げている様子も見られません。
人が多くても道具がなければ救出作業は進まないでしょう。
この辺は地震大国日本の救助隊の方が得手だと思います。
もう発生から3日経過しました。
生存率が低くなる前に日本の救助隊が到着すればもっと沢山の命が救えると思います。

募金活動も活発になってきて、こんな遠く離れた田舎の街でも街角募金が行われています。
いつも晩飯を食べに行く飯店の前でも募金が行われていたので10元程(ケチ!)募金してまいりました。
またやっていたら、飯店のつり銭でも募金してまいります。

阪神大震災の時は耐震施工されていない家屋の倒壊や、手抜き工事によるビルの倒壊やら、インチキ施工による新幹線や高速道路の橋梁の倒壊等がありました。
当時の内閣は不幸な事に社会党政権。(一部自民党売国奴国会議員)
この北朝鮮のスパイ組織が政権に着いているという、戦後最悪の事態において発生した阪神大震災では、在日米軍の救援要請も断り、自衛隊の派遣も渋った為、救助の遅れにより5000人以上の尊い命が失われました。
倒壊した家屋の下敷きになり存命していても、火災により焼死してしまった人も沢山います。
人殺しゲジゲジ眉毛や朝鮮のスパイ女は今も議員年金で老後をのうのうと過ごしております。
絶対に許せません。(いまだ社会党の残党が社民党やら民主党に沢山います)
村山と土井を始めとする社会党(現社民党、民主党)は断罪だと思われる方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。



このページのトップへ
四川省大地震



昨日中国の四川省で大きな地震があり、今日(13日)の時点で一万人以上の死者が出てしまったようです。
テレビのニュースチャンネルは殆ど地震のニュースを流しっぱなしです。
山岳地帯で起きた地震なので、崖崩れで道路が寸断され、陸路からの救助活動が遅れている模様。
詳しい状況はいまいちわかりません、ニュース映像等は同じ映像の繰り返しであります。
映像を見る瓦礫の山、崩れた家屋の下敷きになった人が多いようです。
まだ山岳地帯の村等には救助の手が届いていないようで被害はまだ広がる様相です。
殆どの家屋がレンガ作りのため地震ではひとたまりもありません。
なにしろ7階建てくらいののアパートやマンションだって、構造は鉄筋コンクリートですが壁は殆どレンガでできています。
レンガを交互に組み合わせて壁を作り、モルタルで固める工法なので鉄筋なんてありません。
構造体となるスラブだってコンクリートの配合がいい加減、鉄筋も材質がかなり怪しいものを使っているわけで、日本のカツラ男が設計したものより強度が弱いかも知れません。
なにしろこんな田舎だって建設ラッシュ、資材は何処でも不足しています。
正規の検査品が使われているとは思えません。
地震が無ければ問題はないのでしょうが、今回のような地震がひとたび起きれば大きな被害が出るのは当たり前。
今回の地震は建設ブームに沸く中国にとって大きな教訓になるでしょう。

さて私の居るところは震源地からは遠く離れておりますのでなんの影響もなし。
いたって平穏です。
ご心配いただきましてありがとうございます。
しかし今回の地震は何事にも没関心の中国人民もビックリしたようで新聞は全て売り切れ。
手に入りません。(まあ、見ても読めるわけではないんですが)
いつも行く飯店で新聞記事を写させてもらいました。
影響といえばネットのつながりが悪くなっております。
やっとyou tubeにテレビをカメラで写したものをアップしました。
(非常にみずらい画面で申し訳ありません)







こんな状態で大運動会は大丈夫なのか?と思われる方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


というより、私の居るホテルも殆どレンガなんで一発きたら終わりです。(泣)







このページのトップへ
中国的乗り物各種

中国田舎の道路は何が走ってても、どんな乗り方でも全部没関心。


通学バス
(輪タク改造通学専用車)

norimononanoka04.jpg

三輪バイク(荷台乗り)
ちゃんとヘルメットかぶってますね。

norimononanoka06.jpg

三輪バイク(前のり)
このおじさん、ぶつかったら前方に飛んでいってしまうでしょう。

norimononanoka03.jpg

手でペダルを回す三輪自転車。
松葉杖があるので足が悪い方のようです。
通勤お疲れ様です。
でも反対車線走ってきちゃダメよ。(笑)

norimononanoka07.jpg

三輪自動車。
最近は少なくなりましたがまだまだ健在です。
norimononanonanoka08.jpg

三輪軽トラック。
日本に昔あった、ダイハツミゼットを彷彿とさせるスタイル。

norimononanoka02.jpg

フォークリフト
ナンバーがなくても、前に長い爪が出ていても没関心。

norimononanoka01.jpg

道路工事用のロードローラー。
仕事が終わってご帰還です。
ぶつかったら相手はペチャンコです。(笑)

norimononanoka08.jpg

これも道路工事用の重機。
置いてあるのかと思えば・・・
norimononanoka09.jpg

走って帰っちゃいました。(笑)

そして・・・
norimononanoka10.jpg


水牛さんです!
時々道端の草を食べるので目的地までは時間がかかります。(笑)


金曜日の午前2時頃、お腹に激痛が走り目が覚めました。
烈しい腹痛と吐き気。
見事に当たちゃいました~ 
  ToT

1時間置きにトイレに行く有様で殆ど眠れず、朝にはフラフラです。
前の晩に食べたものに当たったようです。
今、日本人の電気技師さんが来ていて同じホテルの隣の部屋に居ます。
朝トイレで苦しんでいるといると、隣からも「ゲーッ、ゲーッ」と烈しい嘔吐の音が聞こえて来ました。
こっ、こっ、これは、私だけでなくこの人も当たってしまったのか?
夕べ同じものを食べているはずなので、当然といえば当然。
私より年上なのでかなり危ない状態かも?
心配になり、這うようにして隣の部屋へ行きドアをノック。

すると・・・・
「どうしたんや~?」
と寝巻き姿で出てきました。
シャッキとしていつもどうり、なんともないようです。


「腹痛かったり、吐いたりしませんでしたか?、今吐いてるような音してたし?」


「ああ? アレはタバコ吸いすぎるといつもそうなんや~」

って、ただのタバコの吸いすぎかよ!?
そんなにタバコ吸うな!(笑)
まあ、無事でよかったんですが。

しかし中国人達も同じ物を食べて全然問題なし。
どうやら私だけのようです。
しかたがないので金曜日は仕事は任せて、一日ホテルで何も食べず寝てました。
胃と腸に何も無くなったら腹痛も治まりお腹もすいてきました。
しかし外に食べ物を買いに行く元気もありませんし、フロントに電話しても私の中国語で注文したら何を持ってくるかわかったもんじゃありません。(笑)
しかたがないのでただ寝てるだけ。
ホテルの部屋で孤立です。

夜、仕事が終わってから中国人達が心配してお粥を持って来てくれました。
食べたら復調して翌日は仕事に復帰できました。

謝謝

今は元気になっております。

お前はいったい何を食ったんだ?と思われる方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。





このページのトップへ
中国職人事情
日本の現場で働く職人さんといえば、溶接工、とび職、ペンキ職、型枠大工、鉄筋工、等の専門職が主体です。
中国においてはこの職種分けがかなり怪しい。(笑)
自分はこれができると主張すると、その専門みなれるようなのです。(笑)
許可証や免許はいくらでも偽造してくるので提示させても無意味。
実際に使ってみないと能力がわかりません。
最初から信用して仕事をさせてはいけません。(笑)
とても危ないです。
この辺が中国で現場作業を行う上で一番気を使うところであります。
こういう作業員は大体が農民の人達で、農閑期に現場などで出稼ぎに出るようです。
こんな田舎でもあたりはマンションやアパートの建設ラッシュ。
古い建物をぶっ壊して新しい建物を建てています。
夜中でも作業している有様なので作業員の需要はかなりあるようです。
syokuninn01.jpg

この田舎街のメインストリートの交差点で何かのプラカードを下げて待っている人達。
どうやらこの人達は建設作業員の人達で、自分ができる職種を書いてスカウトされるのを待っているようです。
撮影したのは夕方なので、これからの夜間作業か、次の日の仕事を求めて此処に座って待っているようです。
結構沢山の人が職を求めてタムロしています。

そして、人が集まれば始まっちゃいます。
syokuninn03.jpg

syokunin02.jpg

トランプや花札みたいなの。
当然賭けてますので現金が飛び交います。
おまわりさんが見ていても没関心。
エキサイトしちゃって求職活動どころではありません。(笑)

さて、うちの職人さん達は相変わらずこんな所に住み込んで仕事をしてます。
sumika02.jpg

sumika01.jpg

寝具や炊事道具持参で此処で暮してます。
一番近所の町までは歩いて1時間はかかります。
まわりには何もありません。
夜は漆黒の暗闇です。
テレビなんてありませんので夜は寝るしかありません。
夜早寝する分、朝は早起きのようで近所の川で釣りをしているようです。
今回の炊事係りは太ったスーパーマリオみたいなおじさんです。
一日3食、6人分の食事を作る係りなのです。
マリオが釣った魚を見せてくれました。
当然今晩のおかずになるようです。

hirudaze02.jpg

なんか、ドジョウの大きいのみたいなのが一杯います。

しかし、中に薄べったい奴が何匹かいます。
こいつです。
hiruydaze01.jpg

どうみてもヒルのようなのですが、とてもでかい。
まさかと思い、食べるのかと聞いたところ
「ハオチー」とか言ってます。

・・・・・・・・・・・・
そんなもん食うんじゃねえよ!

運転手君や通訳君、ここの職員とかに聞いたところ、いくら中国人でもそんな物は食べないと言います。

どうやらマリオの創作料理のようです。(笑)

机と飛行機以外はやはり全部食べちゃうのか中国人?
と思われる方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。







このページのトップへ
中国武装警察

中国の警察組織はややこしい仕組みであるようで、公安とか司法とかに分類されている。
まだいくつかの部署があるようである。
うちの運転手は猛スピードで,前を走る公安と書かれたパトカーを抜いてしまう。
それでも捕まったりはしない。
なめられたものである。(笑)

そんな警察機構でもっとも怖いのが武装警察である。
例の件で鎮圧を行い、日本でもその名を知られるようになった。
装甲車や戦車に近い車両ももっているようで、警察というより軍隊に近い。
この田舎街でも武装警察を良く見かける。
busousitennnokayo01.jpg

武装警察の車両。
大きく武装と書いてある。

busousitennnokayo03.jpg

この街での武装警察のお仕事は主に銀行の現金輸送である。
銀行に横付けされた車両。
朝と夕方に現金を出し入れしている。
到着するとすぐに車両の警備に飛び出してくる。
服装からして警察って言うより軍隊。
持っているのは自動小銃のようである。

busousitennokayo04.jpg

あたりを警戒。
銃はいつでも撃てる体制である。

busousitennnokayo02.jpg

銀行の前にも一人立ってにらみを効かせる。
こちらは小銃ではなくピストルを腰に下げている。
防弾チョッキも着ている。

busousitennnokayo05.jpg


こっちは銃の持ち方からしてショットガンのようである。
もっと近寄って撮影しようと思ったが、銀行強盗と間違われて撃たれるかもいしれないのでこれ以上は無理。(笑)

busousitennokayo06.jpg

こちらは郵便局の現金輸送車。
同じく武装しているようである。

中国で現金輸送車を襲うというのはまず無理。
容赦なく、ダッダッダッダッダッと、蜂の巣にされるであろう。


こちらはノンキな普通のおまわりさん。
交通パトロールのようである。
omawarisanha.jpg


Police
ごらああああ~!
ヘルメットかぶらないけんだろ~!


man
って、おまえがゆうな!

武装警察が居たら暴○なんて起せないよね?
と思われる方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。




このページのトップへ
中国おもしろ日本語


ふうすうびょうしょくいん

nihongokayo01.jpg

秋田小町
中国製。
商標登録されているので本物の日本産秋田小町は中国では使えません。
まさか日本のお米の名前を商標登録されてしまうとは、思いもよらなかったでしょう。

nihongokayo03.jpg


ちんぴ・・・・・(笑)

nihongokayo04.jpg

ドウボウカツ”コウリ
意味まったく不明。

nihongokayo05.jpg

我い質を求め・テツオソを選ぶ。
これも意味不明。

nihongokayo06.jpg

バタード風味。
バター味なのでしょう。
バターを使わない中国人の食味にあうのでしょうか?

nihongokayo07.jpg

カカクカオウ。
漢字を日本語よみしたのだと思いますが、なんか食いたくない食品名です。

nihongokayo02.jpg

最初、ちかん って読んじゃった。(笑)

nihongokayo08.jpg

百味林シりIズ食品は、上等な原料を選んで 現代的なプロセスで 丹精して作り出したので 味が 獨特で よいにおいが 漂う旅行の最も 良い仲間だ
 
意味はわかりますが、上から目線です。(笑)

nihongokayo09.jpg

nihongokayo10.jpg


自然の奇味ツタ獨特のワヌキ風情のき味部いへひ

・・・・・・・・・
買いたくなくなる説明文です。(笑)
薯太郎って名前も古臭いぞ。

ここは中国田舎街。
日本人なんて居ませんので日本食のお店はありません。
そんなわけで毎日のようにホテルの近所にある中国体臭大衆食堂で夕食です。
ここで運転手君、通訳君と一日の疲れを癒しながらお酒と料理を頂いております。
3人で腹いっぱい飲み食いしても80元(1300円くらい)、安いし料理のお味は割りと口に合うのです。

ただし、お箸とコップはデンジャラスなのでマイ箸、マイコップ持参です。
それにA型肝炎の予防注射も打ってあるので安心です。(笑)

ここは大衆食堂なので一般人民の客で賑わっております。
私にとっては普通の中国人民の生態観察にもってこいの場所であります。(笑)

そんなところですので変わった人も現れます。
先日は正札をつけたワンピースを着た若い女性が現れました。
中国人は何があっても驚かないのかと思っておりましたが、これには店にいた客もビックリ。(笑)
昨晩はこんな女性が現れ、一堂唖然。

women.jpg


そんなもん被って街歩く奴は世界中何処にもいねえよ!(笑)
ミッキーさんもビックリです。

中国人も変わってきたよね? と思われる方は

↓ ここをポチっと宜しくお願いします。




このページのトップへ
中国アクロバット走法

0425akuro05.jpg

チャリにこの荷物。
倒れたら起き上がれません。
おまけにお話しながら走ってます。
車線塞いでます。

0425akuro06.jpg

何か獣が走ってくるのかと思いました。
夜見たら怖いです。

0425akuro07.jpg

長い鋼材を後ろの人が担いでいます。
先が地面に触れたらすっ飛んでしまいます。

0425akuro08.jpg

芝刈り機みたいなのを引っ張ってます。
おまけに右手にはほうきまで持ってます。
凄いテクニックです。(笑)
これで信号無視で交差点を曲がってきました。

0428akuro01.jpg

道路の真ん中に木が生えてるのかと思いました。
どうやったらこの高さまで積めるのでしょうか?
荷物を高く積上げたトラックが架線を引っ掛けて切ってしまい、停電になる事も多いようです。


0425akuro10.jpg

リヤカーを後ろの人が持ってます。
おまけにくわえタバコ。
ドラム缶の中身はたぶん軽油。(ガソリンスタンドで給油しているのを見ました。)
走る火薬庫、危険がいっぱいです。

0425akuro09.jpg

トラジの特等席、屋根乗りです。
眺めはよさそうです。
何か後ろの荷物を押さえているようです。


0501news01.jpg

もう判決が出たようです。
3人が無期懲役のようです。
ぜんぜん人の話は聞こうとしないようです。

今日はメーデー(May Day)、労働者の祭典の日です。
この国も一応強酸主義国家なので今日から4日まで休日になります。
我々は仕事です。(泣)

この田舎街も人であふれかえってます。
いつもの2倍は居ます。
花火もそこいら中で打ち上げられてうるさいのなんの。(泣)
ホテルも満室です。

情報ではオフランス系ショッピングモールとか、大運動会協賛企業のマック怒鳴る怒はスルーで犬徳基が松明妨害の仕返しに襲われるとの情報がありましたが、どうなったのでしょうか?
この街の犬徳基はそんな様子もなく大賑わいです。

食い終わってから始まるのか?(笑)

私が連休無しで働いて大変だと思ってくれる方は
↓ ここをポチっと宜しくお願いします。


このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

04月 « 2008年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。