FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 2008年11月

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
中国田舎自由市場

中国の田舎では食材となる野菜や果物は、農民やその仲買人による自由市場で手に入れる事ができるようです。
公設の市場もありますが、所場代とられない路上即席市場なのです。
野菜は買った事がありませんが、果物なんかはこういう所で買った方が良い物があります。
それに値段交渉するとかなりまけてくれます。



こうやって大きい通りに集まって商売します。
だいたいが三輪車に載せてやってきます。

113002.jpg
ここは道路のはずですが占拠されてしまっています。
ぼやっとしてると店の前に店だされちゃいます。(笑)


113014.jpg
人の集まる所はすぐに露店が開いちゃいます。

113015.jpg
人のお店のい入り口で商売してしまう図々しいたくましいおばちゃん。
見たら最期、買わされるのは間違いありません。
こういうたくましいおばちゃんが中国を支えます。(笑)

113019.jpg
飯店なんかもこんな所で仕入れているようです。
こういう所は見ていても飽きません。

113013.jpg
これはトラックで直売しているようですが、お兄さんのやる気が見られません。
バナナのたたき売りは日本人の方が上手いかも?。

113016.jpg
超市(ス-パ-マ-ケット)の前で店開きする果物屋さん。
ス-パ-では果物を売っていないのでしょうか?

113007.jpg
どっからかバイクで運んできて路上販売するお姉さん。
こうやって誰でも商売してしまうようです。
この野菜は良く見掛けるのですが名前がわかりません。(ニラとかネギではありません)

113008.jpg
これはビニ-ルハウスで作っている物を直販しているようですね。
とれたて新鮮野菜でしょうか?

113009.jpg
これも例の野菜なんですが、農家が出荷している(トラックに積んでいる)横で買い付けにくる人が集まります。
この野菜は人気があるようなんですが、何でしょう?

通訳君や食材に詳しい運ちゃんに聞いてもわかりません。
どうやら日本にはない野菜のようです。


中国の現場はだっだ広い農場の中。
我々が仕事をしていると此所で働く農民のオジチャン達が集まってきて見学している。
時々なんか餌をくれる。(笑)
昨年の冬に行った時はイモを貰った。
暖房用に買ってきた七輪で焼いて食べてみたが日本のイモよりうまい。
イモの種類が違う(サツマイモではないようである)せいか美味しくいただけた。
日本のボッタクリみたいな値段の石焼き芋よりは、はるかにうまいよ。


現場ではお昼は飯店まで出かけて食事をする。
なじみになったので何でもOK、私の豚骨ラ-メンもレトルトカレ-も作ってくれる。
ある時、昼飯前になったら運ちゃんや連れてきた中国人社員達がいない。
周りを見渡すと草むらの中でなにかしている。
どうやら食べられる野草を摘んでいたようで袋に一杯ある。
これを飯店に持っていって調理してもらうんだと言う。

さっそく調理(炒めて)食卓に並んだ。
なんか精力が付く山草だそうで、みんなバクバクうれしそうに食べているのである。
私にも食べろと盛んに勧めてくれるのだが・・・・・

あの草むらは俺がいつも立ち○ョンしてる場所だよ!
とは言えなかったです。(笑)

糖分が多かったんじゃねえか?
と思われる方は
↓ここをポチッと宜しくお願いします。



昨日(土曜日)は健康診断を受けました。
レントゲン、バリウム飲んで胃の検査。
そして余計なお世話のメタボ検査。
体脂肪や体重、へそ周りも計られます。
そして信じられない数値が示されました。(笑)
一時は19パ-セントだった体脂肪が27パ-セントだって!
これはかなりマズイでないの!。

明日からマジメにジム通いしようと思います。

体脂肪じゃなくて体死亡だろ!
と思われる方は

↓ここもポチッとよろしくお願い致します。


人気ブログランキング

スポンサーサイト
このページのトップへ
中国農村地帯

なんちゃって共産主義国家中国は大都市と農村部では雲泥の差があります。
不幸な事に、この『泥』の方に出張させられる私が撮った写真をご覧下さい。


何処までも真っ直ぐな運河は少し前までは船による物流の要であったと思われます。
あまり船が行き交わなくなったので澱んでしまったようです。

112702.jpg
見渡す限りの田圃が広がる風景。
中国は大農業国なんですね、一応。

112704.jpg
慢 スロ-ダウンの標識。
たまに人が歩いてますので、注意が必要です。(笑)


112703.jpg
農民の家。
長屋みたいな家屋です。

112705.jpg
これも農民の家。
一軒家タイプ。材質は全部レンガです。
煙突もレンガでできています。

112706.jpg
これは少し大きなお家。
建物は立派です、煙突もないですし。


112707.jpg
ビニ-ルハウス栽培でもしているのでしょうか?
この辺の農家は結構お金持ちかもしれませんね。

112708.jpg
ここは村のようです。
こうやって農家がまとまって住んでいるのは、昔の共同農業の名残なのでしょうか?

112710.jpg
これも農家の一軒家。
電柱がないので没有電。

122711.jpg
ここには電線が引かれていますね。
でも洗濯機はないようです。

112712.jpg
農村のお姉さん。(笑)

112713.jpg
お洒落な農村ファッション。

112714.jpg
農村の交通渋滞(笑)


未だに水牛使った農耕してるのに驚いた方は
↓ここをポチッと宜しくお願いします。



ポチだかチロだかの敵討ちのタ-ゲットにされた元厚生次官はお気の毒としかいえませんが、厚生労働省傘下の年金遣い込み庁社会保険庁の職員は一安心なのでしょうか?
仕事は天下り先の民間業者にやらせて自分たちは遊んでても給料が貰えて、お小遣いまでちょろまかす人たちですから内心ビクビクしていたのではないでしょうか?
早いところ支援する民主党が政権を取ってくれないとおちおち職場で昼寝もできないでしょう。
ところで俺の年金どうなってんだ?。年金特別便を返信したのになんの返事もないし。
いいかげんにしやがれ!

と思われる方は

↓ここもポチッとよろしくお願い致します。


人気ブログランキング
このページのトップへ
中国的料金所



高速道路の料金所。

112502.jpg
完全手作業です。
不正がないように一人が働いて、それを監視する係が一人います。
ETCなんてもちろんもありません。
中国人多ETC不要。(インチキ中国語)

112508.jpg
入り口でこのカ-ドを貰って出口料金所で渡します。

112503.jpg
ここの電光掲示板に料金が出ますので料金を支払いします。
現金オンリ-。
カ-ドは使えません。
支払いが終わる迄ゲ-トのバ-は上がりません。


中国では高速道路でない一般道路でもいきなり料金所が現れます。
112504_20081125194851.jpg
見つけたとたん運ちゃんは舌打ちです。
もう此所までくると逃げようがありません。


112500.jpg
しっかり金取られてしまいました。
これは領収書。
金額は12元。
けっこう高いですね。


市街地の生活道路にある料金所。
112505.jpg
十字路4方向全てに料金所があります。
つまりどの方向から来ても通行料金を取られちゃいます。
迂回する道がないのでどうしても此所を抜けないとなりません。
町に入るのに12元取られて、出る時12元、24元かかります。
恐ろしい事考えます。(笑)
まあ、地元の車は無料なんでしょうけど。
この収入はどこへ行くのでしょうか?
中国版道路特定財源なのでしょうか?
日本みたいに道路族国会議員や天下り団体に流れるのでしょうか?(笑)

112506.jpg
ここは田舎の料金所。
田舎のくせに立派なゲ-トと監視カメラまである。
強行突破は不可能。(笑)
今年行った現場に通う為には此所を通らなければならない。
市の管理であるようで地元ナンバ-やトラジは徴収されない。
我々の車はちゃんと取られる。
片道12元、往復24元。
非常にばからしい。
毎日24元、10日で240元、1か月で720元、2ヶ月いたので1440元。
さらに町まで買いものに戻ったり、人を迎えに行ったりで、一日に何回も往復する事があったので2000元近く払ったはずだ。
しかも迂回しようにも道がない。(あるのだが細い道でおまけに村の中を走る上、道が悪いので車が泥だらけになる。)
この料金所はいつも三人で勤務。
働くのは一人、一人はその監視、もう一人はその監視。(笑)
暇なくせに職員は多い。どっかのなんとか財団みたいなもんである。

運ちゃんは毎回100元札を出して(細かい金があっても)嫌がらせを行う。(笑)
私もこんなボコボコの道路走らされて金までふんだくられるのは納得がいかない。

中国で買いものをすると財布には細かい硬貨が貯まってしまう。
1角である。(1元の1/10)
こいつはけっこう貯まる。
財布に入れると膨らんでしまう。
じゃまなので、ホテルの部屋のテ-ブルの上にぶん投げて置いてもメイドさんも持って行かない。(笑)
古事記のおじさんも受け取らないお金。(笑)
ようするに日本の一円玉的存在である。

そのうち100枚近く貯まったので、みんなから20枚ほど集めて120枚にした。
こいつで通行料払ってやるのである。(笑)

運ちゃんはためらったのであるが、私にそく促されて料金所のお姉さんに両手でバラ銭を手渡す。
料金所の人達(3人居る)は唖然とした顔をしている。
中国人でこういうイタズラをする人はいないようである。(笑)
(日本だと受け取り拒否できるが中国はそんな事はないようである)
必死で数える料金所職員。
我々は早くゲ-トを開けろと騒ぐ。(笑)

よかったな!仕事忙しくなって!(笑)
2分後やっとゲ-トが開きました。


ごくろうさん! と思われる方は
↓ここをポチッと宜しくお願いします。




小学生低学年の頃、近所のガキ共と良くゴジラ映画を見に行く事がありました。
その頃の映画は2本立ての映画がほとんど。
ゴジラと併設されるのは加山雄三の若大将シリ-ズ。
ゴジラだけではもったいないのでこっちもしっかり見ていた。
当時はトップスタ-であった。
よって日本の芸能人大嫌いな私としても、少し好感は持っていた。
久しぶりにテレビで、星何とか子(名前失念)と競演している当時の映像が出ていた。

しかし・・・
○チンコ加山雄三だって?
なんじゃそりゃ!

駅前賭博、朝鮮玉入れ屋の手先になったようである。
往年のス-パ-スタ-もずいぶん落ちぶれたもんである。
また大借金でも抱えてるのか?
と思われる方は
↓ここもポチッとよろしくお願い致します。


人気ブログランキング
このページのトップへ
中国おしゃれ事情
初めて中国へ行った2004年頃は、都会を歩いていてもパッとしたお洒落をしている人は見掛けなかったのですが、最近の人民はビックリする程おしゃれになっています。
田舎でも結構フャッション関係のお店が出来てきたので田舎の人民もお洒落をするようになりました。

注)
私は最近は都内に出かける用事といえば秋葉原くらいしか行かないので、澁谷とか新宿なんかもう3年くらい行っていません。よって流行のフャッションはさっぱりわかりません。

都会
112300.jpg
見事なスタイルのお姉さん。
ノ-スリ-ブ、ショ-トパンツ、ハイヒ-ルみたいなサンダル?
最近の中国女性は凄いですね。(笑)

都会
112301.jpg
高校生くらいなのかな?
デ-ト中なのでしょうか?
結構裕福な家庭も増えてきたので子供達もお洒落にお金を使えるのでしょう。
こんなの見ると中国じゃないみたいです。

都会
112302.jpg
これもカップルでしょうか?
お姉さんはノ-スリ-ブ、ショ-トパンツで決まってますが、男の方が今市日光。
でも女性が持ってる大きなバックは今流行なんでしょうかね?

都会
112303.jpg
凄いお姉さん登場。
髪の毛は染めてますね。
休日の昼間なのでお水系ではないようです。
しかし後ろのお兄ちゃん達は格好がダサイな。

都会
112304.jpg
右のお兄ちゃんはさわやかな感じで彼女とつり合った格好で良いと思います。
でも彼女のお履き物が良く有りません。


都会
112305.jpg
夫婦のようです。
女性の方の格好はなんか韓国っぽい感じです。
男性の方は年配のわりにおしゃれかも知れません。

都会
112306.jpg
スパッツみたいなパンツです。
おばさんも若い娘に負けられません。

都会
112307.jpg
この娘のファッションは何が狙いなのでしょうか?


田舎
112308.jpg
観光中のおばさん軍団。
おばさんも最近は柄のスカ-ト履くんですね。
外股で歩くじゃねえぞ。(笑)

田舎
112309.jpg
お姉ちゃんライダ-。
田舎でも髪の毛を染める人が増えてます。
でもこういうのは今市の手前ですね。(笑)

田舎
112310.jpg
この小学生は肌の上に直接ジャケット着てます。
なんか良くわかりません。
お洒落なネックレスを見せるワザなのでしょうか?

田舎
112311.jpg
田舎のお姉さんもヘヤ-スタイルが今風です。

田舎
112313.jpg
このお姉さんが向かう所は服飾学校です。
ファッションのお勉強ですね。
このお姉さんのバックと写真2枚目の女の子のバックはマ-クが同じなんですが、何かのブランドなのですかね?




今日は勤労感謝の日ですが仕事してました。
たぶん明日も仕事しないといけないと思います。
昨年は今頃訪中して、現場やってましたが、死ぬ程寒かったです。
(毎日氷点下、まだ雪のある北海道の方が寒くなかった。)
おまけにホテルは暖房が出ない晩があって凍死しそうだった。
暖房が効いた所で机仕事なだけでも感謝です。


昨日の朝フジテレビをみていたら、蝶ネクタイをしたメガネのおじさんが映画の紹介を始めました。
なんでも韓国の監督がつくったSF怪獣映画らしいんですが、なんとロサンゼルスで戦車持ち込んで
市街戦の撮影をしたらしい。
アメリカでは911テロ以来こういう撮影の許可は下りないらしい。
しかしこの韓国人の監督は許可が出なくても強行すると知事のタ-ミネ-タ-を脅かしたらしい。
これを凄い監督だと褒めちぎる蝶ネクタイの人。
どう考えてもおかしいだろ!
ヤクザやチンピラのやる事とかわらない事をする国民性はこんな所にも。
グーグル地図サービスで“領土論争” 「韓国領」と書き込み
この対馬の問題を取り上げてる新聞は産経新聞のみ。(一面トップで報じています)
テレビも全く報道なし。(関東では)

もうテレビ(朝鮮玉入れのスポンサ-が多い)とか、新聞(朝日とか毎日の反日新聞社)がはびこるマスメディアから正確な情報を得るのは難しくなりつつあるようです。


党員の半分が反日左翼朝鮮巻きの元社会党員が占める民主党が政権とったら日本は終わるかもしれん。
と思われる方は
↓ここをポチッと宜しくお願いします。




でも自民党も国籍法の内容も良く知らないで法案賛成したアホウな議員が大杉。
売国奴のエロ拓、泣き虫加藤、子が誠、紅の傭兵親子は子分連れて民主党へいけ!

と思われる方は
↓ここもポチッとよろしくお願い致します。


人気ブログランキング




このページのトップへ
赤るい農村的風景

中国穀倉地帯の収穫の様子。
刈り取った麦を天日干ししています。

道路に広げて乾かします。

この時期は道路は農民に占拠されてしまいます。


112002.jpg
注意をうながすカンバンもないのでかなり危ないと思います。
農民のオッサンはそんな事は没関係。

112003.jpg
乾いたら袋詰め。
道路のゴミも一緒に袋詰めしてしまいます。(笑)

112005.jpg
袋に入れたら道路に積んでおきます。

112006.jpg
トラジがやってきて回収して行きます。
日本だと農協へ運ぶんだとおもいますが中国には農協はありません。
何処が管理しているのでしょうか?(というか管理してないのかな?)

112008.jpg
ここは大きな国営の農場。
道路ではなく専用の広場がありますので其処で乾かします。

112009.jpg
雇われた農民か職員だと思いますが一日中ホウキで反転させています。
一日中これしかやりません。
タバコ吸いながら黙々と作業しています。
タバコの吸い殻はこの穀物の中へポイしちゃいます。(笑)

112011.jpg
ここも国営農場。
ここは滑走路みたいに広い所が有ります。
ここだけでなくアチコチにこんな滑走路があります。
周りの畑からドンドン運んで此所に広げています。

112012.jpg
ここで働いている人はは出稼ぎ農民らしいので此所に住み込んで働きます。
周りには何にもありません。
夜は漆黒の闇。
なんの娯楽もありません。(トランプか将棋するしかない模様)

112013.jpg
霞んでて良くみえませんが、見渡す限り農地。
ここの職員でさえ端まで行った事がないそうです。
日本の北海道でもこんな広い農場はないでしょう。
作っているのは確認しただけで米、麦、スイカ、綿花、冬瓜、大豆がありました。
あとは豚とか牛も飼っています。

この農場を管理する組織は農業とは無関係な組織であり、日本では考えられない所が運営していいます。
共産主義国家であるがゆえに、こんな変わった組織が運営していると思います。
ここで知りあった農場の管理者孫さんは38歳。
細身のわりとハンサムなおじさんである。
ここで機械の管理をするのが仕事である。
月給2000元、ボ-ナス年2万元らしい。
このド田舎ではかなり高給ではないだろうか?
農繁期は夜勤やらでかなり忙しいが冬はやることがない。
我々が此所で冬に工事をしに行った時は、鍵を管理する都合上つき合ってくれていた。
でも何時も眠そうである。

どうやら毎晩マ-ジャン三昧らしい。(笑)
昼間は寝て、夜はマ-ジャンである。
手にはマ-ジャンパイのタコが出来ている。
冬は殆ど仕事はないので毎日仲間と賭けマ-ジャンしていると言う。
でもちゃんと給料は出る。しかもボ-ナスも貰える。
恵まれているというかうらやましい。

日本の天下り役人が天下った会社に出勤もせず毎日ゴルフ三昧してるみたいだぜ!
農民のおじちゃんなんて一日20元(320円くらい)で日雇い労働である。

でも彼は現状には不満なのである。
日本へ行って金を稼ぎたいらしい。
日本で働いて一財産作りたい様子。
なにか自分に出来る仕事はないのか聞いてくる。
ねえよ! それより俺の教えた事ちゃんと覚えろや!(笑)
自分のスキルアップはさておいて日本へ行けば大金が稼げると思っているようである。
安定した職を捨ててでもとりあえず目先の大金を欲しがるのは中国人の特徴である。

今日久しぶりに中国の最初の弟子(とっとと他の会社に転職していた)からメ-ルが来ました。
彼が転職したのはシンガポ-ル企業。商売の相手はアメリカらしいのです。
『まったく仕事がなくなった』『周りの会社がドンドン潰れている』
世界の工場は世界恐慌のあおりを食らっているようです。
安い工賃が目的で中国へ進出している外国企業ですから物が売れなくなれば基盤の弱い会社は即撤退となるようです。
こうなると仕事を求めて日本へやってくるかも知れません。
彼らからすると日本は天国に見えるらしいですから。

日本だって不況なんだからくるんじゃねえよ!

と思われる方は
↓ここをポチッと宜しくお願いします。



国籍法の改悪はどうやら日本の暴力団の資金源になりそうな気配。
サラ金債務者やホ-ムレスの人に金を渡し認知を行う模様。
なにしろ日本人が認知さえすれば良いわけで認知する相手はだれでも良いわけです。
とんでもない法律を作った中国人のレバ-ハ-トを持つ、売国奴河野一家と朝鮮民主党(他は審議拒否の癖にこの法案だけは素早く通過させた)は天誅が下れ。

と思われる方は
↓ここもポチッとよろしくお願い致します。


人気ブログランキング



このページのトップへ
中国の車窓から

中国の高速道路の日常

高速道路の警察隊のようです。
屋根のでっかい電光ボ-ドがついています。
こんなのじゃ風の抵抗を食らってボ-ドがもぎ取れたりしないのかな?
しかし、最近は高性能の車が増えてきてますのでサンタナで追いつくのかいな?(笑)

111802.jpg
車間距離の確認ボ-ドですが、なんか距離が短いような?
ガ-ドレ-ルの柱を1.5mとしても10本分くらい、つまり約15mから20mくらいしかないような?
どうみても中国らしい、いい加減な仕事です。(笑)
この車間で詰めたら追突間違いなし。

111803.jpg
サ-ビスエリアの表示です。
給油、修理、レストランはわかりますがベットの表示が。
仮眠所なんてあるのかな?

111804.jpg
なにが落ちてるかわからないのが中国の高速道路。
パンクは多いようです。
でも三角表示板は倒れて意味をなしていません。
というかこの構造じゃ立たないです。

111805.jpg
道路標識を建てる係の人らしいですが、此所でおさぼり中です。(笑)

111806.jpg
追突された車のようです。
ちょと渋滞するとすぐ空いた車線に割り込もうとするので事故起こります。
まあ、日本人も似たような物ですが。

111807.jpg
いつもはガラガラの田舎の高速道路ですが、いきなり渋滞発生!

111808.jpg
なにやら前方にクレ-ン車が見えます。
工事中か?

111809.jpg
どうやら横転したトラックを引き起こしているようです。


111810.jpg
豚さんが沢山います。
豚を積んだトラックが横転してしまったようです。
何匹が豚死してしまったのもいるようです。

111811.jpg
でもわりとおとなしい豚です。
逃げ回ったりしませんね。

111812.jpg
救急車はいないようだったので怪我人はなし。
豚死が数匹といったところでしょうか?



本日の衆議院本会議(紅の傭兵議長)によって国籍法が可決されました。
中国選出の河○太郎議員によって提出された法案はろくな審議も説明もないまま異例の速さで可決されました。
これにより日本人の男性が認知さえ行えば誰でも日本国籍を取得する事ができて、日本人としての権利が与えられます。
DNAを調べたりの煩雑な作業は一切なしですので、実子でなくてもOK了。
いままでの様に偽装結婚とかしなくても簡単に国籍取得。
こんなに簡単に国籍が貰えて、しかも豊かで安全な国はありません。

ぜったい押し寄せるぞ中国人。

これが武力を使わない日本侵略なのですね。


マヌケな国民が知らないうちにドンドン売国法案ができてしまう日本。
どげんかせんといかん。
と思われる方は
↓ここをポチッと宜しくお願いします。




親子で売国奴は許すまじ。

と思われる方は
↓ここもポチッとよろしくお願い致します。


人気ブログランキング









このページのトップへ
中国女性ファッション事情
(私は単なるオッサンなので女性ファッションは殆どわかりません)

人民服を着ていた時代とは違い、現代中国は都会ならばどんな服でも手に入ると思います。
なんたって日本の衣料は今や殆ど中国製ですし。(笑)

どこの国でも女性の感心はファッションです。
あか抜けしない男性とは違い、女性のファッションはドンドン先を行きます。
スラックスとGパンしか見掛けなかった4年前と較べると最近は足を露出している女性が増えました。

111611.jpg
生足の彼女はちょっとケバイですが、彼氏の方はなんかパッとしません。

111610.jpg
銀行員でしょうか?
制服姿の女性はあまり見掛けません。

111609.jpg
この大きな袋はなんでしょうか?
こいうのもアイテムなのでしょうか?

111608.jpg
親子でしょうか?
中国ではこういう細身の女性はあまり見掛けません。

111607.jpg
最近はミニスカ-トを着る女性も増えてきました。
スラックスやGパンだと外股で歩く女性が多いですが、さすがにスカ-トではそれはしません。(笑)

111602.jpg
足を出して歩く様になったのはいつ頃からなのかな?

111605.jpg
生足、ホットパンツ、ピッタリとしたブラウス。
中国女性はこういうスタイルの女性が多いですね。
けっこう足がたくましい。

111603.jpg
このスタイルが中国女性らしい普段着スタイルです。

111601.jpg
10代後半くらいの娘さんのようです。
ホットパンツですが黒いタイツスタイル。
生足を出すのが恥ずかしいのでしょうか?

でも・・・・・

半ケツだしてるじゃねえか!(笑)
毛沢東もまさか中国娘が半ケツ出して町を歩く様になるとは思わなかったろうな?


今年に5月に訪中した時は何時もお世話になっている通訳君の結婚式があり参列した。
中国式の結婚式というのは初めて見た訳であるが、中国もご多分に漏れず西洋風の結婚式になっている。
新郎新婦はタキシ-ドにウエディングドレス。
この辺は日本と同じ。
でも参列する人達は日本のように礼服では参列しない。
女性はみなお洒落なよそ行きファッションで着飾ってくる。
独身の女性は特に頑張って着飾ってくる。

しかし野郎共ときたら

ポロシャツとかTシャツ、Gパンは当たり前、酷いのになると短パンでサンダルなんてのもいやがる。(笑)
ブレザ-にネクタイをしていたのは私だけ。(汗)

ヤロ-共もファッションに気を配れ!
と思う方は
↓ここをポチッと宜しくお願いします。



今日は夕方にショッピングセンタ-に出かけました。
来週挙式する中国人社員の贈り物を捜しに行ったのです。
なにしろメイド・イン・チャイナが氾濫しているので気を遣います。
中国で作った物を金かけて中国へ送り返すのはなんか悔しい。(笑)
だいたいメイド・イン・チャイナは中国人が一番喜びません。

メイド・イン・チャイナに支配されている日本をどげんかせんといかん!

と思われる方は
↓ここもポチッとよろしくお願い致します。


人気ブログランキング




このページのトップへ
中国ハイブリッド・カスタム・マシン
今年中国で工事した時に使っていた足場を引き取りにきた、運送業のオジチャンのカスタムマシンをご覧下さい。


バイクとリヤカ-が合体したような三輪車。
エンジン付きと電動モ-タ-の2種類があります。
この福の字がひっくり返っているのはなんか交通安全のおまじないなのか?

111302.jpg
倚子の下はバッテリ-が積んであります。
一見電動モ-タ-カ-に見えます。

111303.jpg
でもなんか変?


111304.jpg
ありゃりゃ!。
モ-タ-のスプロケット(歯車)が無くなっています。
チェ--ンを引きずってます。
でもどうやって走ってきたんだ?

111308.jpg
しかし良くみるとラッパのようなマフラ-(排気管)が!。

111309.jpg
バイクのエンジンみたいのが有ります。

どうやら途中でモ-タ-の歯車が壊れたのでエンジンに切り替えて走ってきたようです。
チェ-ンは外さず、引きずったまま走る横着な性格のおっさんです。(笑)

111305.jpg
ABS(アンチロック・ブレ-キ・システム)付きのブレ-キシステムです。
こんなのでは絶対にロックはしません。(笑)
タイヤはレ-シング仕様のスリックタイヤです。(嘘)

111306.jpg
サスペンションは板バネだけ。
ショックアブソ-バ-なんてありません。

111307.jpg
どうやらこれで電流値を変えてスピ-ドをコントロ-ルするようです。


111310.jpg
まだ新しそうなエンジンがついてます。

111311.jpg
足元がブレ-キなのでこのハンドルのワイヤ-はひょっとしてアクセルなのか?

111312.jpg
あとからガソリンエンジンを取り付けてハイブリットカ-に改造したようなんですが、仕上がりが汚い。
中国らしいやっつけ仕事です。

111313.jpg
なにやら燃料を漏斗で継ぎ足すおじさん。
バッテリ-の隣にガソリンタンクです。
恐ろしい構造です。(笑)

111314.jpg
長い荷物はこんな風に積みます。

111315.jpg
タイヤの左横の荷台の所には一応ブレ-キランプみたいのが付いてます。
でも点灯はしていませんでした。


なんでもありの中国らしい改造が施されていますが車検とかないんでしょうか?
それとも田舎だから許されるのでしょうか?
しかし古くさい形してますが今話題のハイブリッドです。

でも・・・・・

進歩してるんだか時代に遅れているんだか良くわかんねえよ!

もうちょっとカッコ良ければ一台欲しい。
と思われる方は
↓ここをポチッと宜しくお願いします。



日本でもハイブリットカ-や電動モ-タ-カ-が売り出したら買いたい。
と思われる方は
ここもポチッと宜しくお願いします。


人気ブログランキング


このページのトップへ
中国的工事方法


都会の歩道工事。
エア-ハンマ-なんて近代的な道具を使ってます。
やっつけ仕事の中国ですので歩道の敷き石が剥がれたり、盛り上がったりは当たり前。
よって補修工事が続発します。
基本的になにか間違ってると思います。(笑)
でもこのコンプレッサ-(圧搾空気を作る機械)の電源は何処から取るのか不思議なんですが、中国の都会はこういう道路工事用の電源コンセントがあるようなんです。

111102.jpg
田舎の道路工事。
片側閉鎖して工事してます。
片側だけで交互通行させてます。
ガ-ドマンとかはいません。
対向車が来たら自分で除けろ方式です。(笑)

111103.jpg
都会の道路工事
いわゆる車両通行止めってやつですがここであきらめたら中国人がすたる。
とにかく行ける所まではみんな行ってしまいます。
誰もカンバンは信用しません。(笑)

111104.jpg
都会の電気工事。
都会では道路の下に電気やガス、水道なんかの共同構があるのかも知れません。
日本だと綺麗な道路ができてから其処に穴掘ってガス配管埋めて舗装して、今度は水道の配管埋める為に道路を掘ってと、その内道路がガタガタになるので舗装やり直して・・・・と縦割り行政と土建業者に仕事を作るために延々と工事を行います。
こういう事は中国を見習いましょう。

111105.jpg
超田舎の道路工事。
やはりガ-ドマンが誘導なんてしません。
勝手に行け方式。(笑)

111106.jpg
パイロン規制なし。
ヒモに赤い布がヒラヒラしているだけです。
昼間は良いですけど、夜になったらどうしてるんでしょうか?
電灯なんて点いているわけもなしし。
(こんな所には電気はきていない)
スピ-ド出してこんな段差に突っ込んだら危険です。

111107.jpg
高速道路の道路工事。
手前から車線規制とか注意表示はありません。
いきなり車線規制。
驚きます。

高速道路も急いで造るから当然手抜き工事。
アチコチに舗装割れとか発生するようです。

111108.jpg
交通量の多い都会の道路に置かれた資材。
なんに使う物なのかわかりませんがここに置きっぱなしです。
薄い鉄板かアルミニウム板をロ-ル状に巻いた物のようです。
これだけでかいと盗む奴もいないのかな?
しかし危険です。(笑)


中国で初めて仕事をした時はとても驚いた。
自分達が設置する機械の基礎や付帯道路をジモティの建築業者が行ったのである。
中国に着いた翌日に基礎ができているか下見に行った時の事である。
基礎に関しては客先が行ったので当方には監督責任がない。
地震の多い日本では堅い岩盤まで届く杭を何本も打って基礎を作るのであるが、中国の設計基準ではそんな物は不要だそうだ。
確かに周りの建物を見ても地盤沈下の跡は見られなにので地盤は固いようである。
よって杭は打たないで地面に溝を掘って其処を鉄筋とコンクリ-トで固める工法である。
これでも問題はないと思ったのであるが良くみると・・・・・

基礎の下にはレンガが見えている@@;;
とんでもねえやっつけ仕事じゃねえかよ!

こんなので大丈夫なのかと不安であったが4年経ったいまでも機械は傾いていない。(笑)

さすがに中国13億人が踏み固めた大地だけありますな。

と思われる方は
↓ここをポチッと宜しくお願いします。



中国ではマンションを買っても内装とかはしていないコンクリ-ト(中はレンガ)剥き出し。
よって内装とか電気工事は自分で手配して工事を行います。
これが大変なようです。
施主が見てなければ当然手抜きをしてきます。
だいたい電気のコンセントなんて差し込みはあっても裏に配線がきていないなんてザラ。
電灯のスイッチなんかもどれが点くかわかりません。
レンガの壁ですから空洞がありません。
配線はレンガを削って埋め込み、壁紙やタイルを貼ってしまいます。
途中で断線していたらその電灯は永遠に点きません。(笑)

中国でマンション買わない方が良いよね。
と思われる方は

↓ここもポチッと宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ








このページのトップへ
中国自走方式

日本ではトレ-ラ-や積載車に載せて運ぶべき重機ですが、中国では自走して目的地まで行くようです。
ナンバ-も付いてないのが平気で公道を走ってきますのでご注意下さい。
田舎はなんでもありの世界です。(笑)


道路工事の現場ですが一日の仕事が終わると現場に重機を置いていったりはしません。
自走してお帰りになります。
たぶん現場に置いておいたら翌朝には盗まれてしまうんだと思います。

110902.jpg
泥だらけの農作業帰りのトラクタ-。
昼間ならまだしも、夜こんなのがろくにライトも点けないで走ってくるので要注意です。

110903.jpg
これも現場帰り。
こんなのに轢かれたらペチャンコ間違いなし。


110905.jpg
何処まで行くのかわかりませんが相当長い道のりだと思います。
だいたいスピ-ドでませんし。

110906.jpg
田舎では道路の舗装化や新規の道路がドンドン出来てます。
アチコチで工事中なのでロ-ドロ-ラ-も大忙しです。
中国の田舎の土建屋は重機を持ってるような業者はいないと思いますので、こういう重機は個人や仲間何人かで共同購入して商売するようです。

110907.jpg
フォ-クリフトです。
正面衝突したら串刺しです。

110908.jpg
街中だって平気で走って来ます。
ナンバ-がない重機が走っても違法じゃないのかな?
ポリスも没関係。

110909.jpg
しかしこんなのが舗装の上走って道路が傷まないのでしょうか?


中国で工事を行う時には重機が必要になる。
クレ-ン車などは古くさいのが多いが一応なんとか手配は出来る。
でも屋根が低い所で重量物をトラックから降ろしたり、移動させたりするのにフォ-クリフトが必要になる。
日本ならリ-ス業者やレンタル機材屋が持っているので電話すれば運んできてくれる。

超田舎にそんな便利な商売はない。(上海や北京みたいな大都会はあるのかも知れないが)
よって何でも人力で降ろそうとしたり、運ぼうとする。
とても危険なのと、高価な機械を壊されるのが怖い。

3年前の工事ではどうしても必要になったので、かなり離れた所にあった工場にお願いして来て貰った。
なんと悪路の砂利道を自走して来た。
車高の低いフォ-クリフトで良く走れたものである。
重宝したが、当然料金が高い。
なんと往復の移動料金まで取られる。
足元をみてふっかけられるのである。
よって二度と使わない。

今年の工事の時はとても大きくて重い物を室内に移動して持ち上げる必要があった。
当然クレ-ン車は入れない。
中国人職人達がまかせろとか言うので見ていた。
人力なんかで動く訳がないのであるが、面白いので見ていた。
案の定20人くらいで寄ってたかって『ハラハラ』『ハッツハッ』とか中国独特のかけ声が飛び交う。
しかし一センチだって動かない。
そのうち疲れてしまい、フォ-クリフトがないと動かないとか言い出す始末。(笑)

全くあきらめの早い連中である。
しかたがないのでやり方を教える事にする。
細いパイプを何本も切らせて、テコを使ってバ-ルで持ち上げて下に差し込む。
つまりコロを使う事を教える。
これならたいして力はいらない。
それに滑車を使ってワイヤ-で引っ張ればスルスルと移動を始める。
2~3人で引っ張れば充分である。
みんな感心して日本人は凄いとか言い出す始末。

こんな事は古代インカ帝国や古代エジプトでピラミッド作ってた人だって知ってるんだよ!(笑)

巨石がない中国はなんでもレンガで作るからコロが要らなかったのかな?(爆)
と思われる方は

↓ここをポチッと宜しくお願いします。



中国の田舎で工事するのは40年以上前の日本で工事するより遅れてるかも?
と思われるかたは
↓ここもポチッと宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ このページのトップへ
中国男性ファッションチェック
110702.jpg
この迷彩色戦闘服は中国田舎の人気ファッションです。
何処でも売ってます。
いつでも出撃準備OKです。(笑)

110703.jpg
中年の中国人はブレザ-みたいな上着が好きな様で、着ている人が多いです。
でも色あいが地味。
茶色や黒系です。
せっかくシャツが赤くても台無しになります。

110706.jpg
立派なお髭の男性。
黒ずくめですが似合ってます。
但しコ-デネ-トしてこうなったのか、たまたまこうなったのか、は不明。

110707.jpg
シャツの色とベルトが今市日光ですが、グラサンが似合うおじさんです。
白いクツも中国人には珍しいですね。

110708.jpg
最近は超田舎でも若い人はファッションを気にするようになったかもしれません。
ブレザ-ファッションはあまり見かけません。

110709.jpg
寒い時はこれです。
人民解放軍防寒コ-ト。
羽毛ではありません。
綿入れです。
暖かいかもしれませんが重量が凄いです。
一度着てみましたが肩ににずっしりと重みがかかります。
肩こりしてしまいます。(笑)

110710.jpg
迷彩色ズボンに上着。
凄い取り合わせです。
中国田舎のおっさん連中は作業着、普段着、外出着の区別がありません。(笑)

110711.jpg
典型的な田舎のファッションスタイル。
黒いジャンパ-、黒いズボン、黒いクツ。
申し合わせたように同じなのです。


白いシャツはあまり見かけません。
中国人は汚れが目立つ色は着たがりません。(笑)
手前の人のジャンパ-は昔似たようなのを買った事が有りますが、凄くダサイので人にあげてしまいました。(とても日本に持ってきて着られるような物ではない)

110704.jpg
都会で見かけたお兄さん。
ジ-パンは長いのをワザと折ってはいてます。
暖かそうなジャンパ-も襟が青くておしゃれな感じ。
バック代わりに担いでるズタ袋もオシャレの一巻なのでしょう。
でも・・・・ 
今は夏だけどな!(笑)
(後ろの人参照)
ひょっとしてレゲエのお兄さんなのか?


去年冬から春先に訪中した時には薄手のジャンパ-を買いました。
しかし、なんか着心地が悪いのです。
良く見ると肩にパットが入っているのです。
タダでさえ肩幅が広い私が着ると肩の動きが規制されてしまい窮屈に感じるようです。
しかし、日本のジャンパ-で肩にパッドが入っているのなんて見たことはありません。
それと中国衣料のジッパ-はすぐ壊れてしまいます。
ボタン式を買うアルヨロシ。


いままで私が中国で買った服で一番まともなのは2年前に買った半袖のチャイナ服。
元値が600元の服だったが、180元のバ-ゲンセ-ルで買ったのです。
やはり高い正札がついているだけはあるようです。
柄も生地も良いものでお気に入りになってます。
前もボタンではなくチィナ式のヒモを引っかけるタイプ。
これなら壊れません。
日本に持って帰って夏場は着てきます。

今年も春先に行った時に半袖チャイナ服を買いました。
田舎で買ったのでそんなに良い物ではありません。
都会に戻った時にそれを着て日本式スナックに日本人達と行きました。
そこのママはどうも私にたいする態度がおかしい。
後で聞いた話だと

田舎から出てきた変な中国人だと思ったらしい。
へんな発音の中国語、それにチャイナ服。
今後はこのスタイルで中国人に化けていた方が良いだろう。

と思われる方は

↓ここをポチッと宜しくお願いします。




おとといは大阪まで日帰り出張だったのでしかたなく通勤ラッシュの電車に乗って東京駅まで行きました。
当然座れませんでしたので立っていたら、私の前にいる女性(50代くらい?)が読んでいる本が見えました。
左に英文、右が簡体字の中文。
中国語の英語教科書です。
英文は中学英語くらいの内容です。
日本にいる中国人が英語の勉強?

見た目はまったく日本人のこのおばさん女性は何者だったのでしょうか?

帰りの新幹線でお弁当を買って食べようと思ったら車内販売はすでに売り切れ。
しかたなしに東京駅の構内にある中華食堂で夕飯。
ウエイタ-は殆ど見た目でわかる中国人。
もうすっかり中国人が日本に定着しつつあります。
見た目が同じだから区別つかねえよ!
と思われるかたは
↓ここもポチッと宜しくお願いします

人気ブログランキングへ
このページのトップへ
中国屋台村
中国は都会でも田舎でもとにかく食べ物の屋台が多い。
そしていろいろな物を売っている。
こういうのに免許とか衛生管理とかはないのであろう。

都会の屋台

このパタ-ンの屋台は良くあるタイプ。
比較的綺麗かもしれない。

110502.jpg
これもまったく同じ屋台キット。
厨房関係のお店で売ってるのでしょう。

都会の屋台
110503.jpg
焼餅と牛乳を売るおばさん。
牛乳はパック入りなのですがメラミン入りなので飲み過ぎると結石持ちになります。(笑)

超田舎の屋台
110504.jpg
油で揚げたパンみたいのを売ってます。
胃腸が頑丈な人はどうぞ。(笑)

都会の屋台
110505.jpg
これも屋台キットです。
病院の前で朝だけ営業してます。
材料や道具はどうやって運んでくるのかわかりません。
たぶん信じられない移動方法だと思います。

超田舎の屋台
110506.jpg
何を売ってるのかわかりませんが、鍋みたいのが見えます。
やはり食べ物だとは思います。

都会の屋台
110507.jpg
果物みたいです。
果物なら買っても問題はないとは思いますが、良く洗って皮は剥きましょう。

田舎の屋台
110508.jpg
夕方になると出現する屋台。
けっこう客が来ます。
夕飯までの腹の足しにするのでしょう。

都会の屋台
110509.jpg
工場も前で焼き芋の良い匂いを漂わせると若い女性が集まってきます。
何処の国でも若い女性は焼き芋が好きなのかな?。(笑)

これも同じく工場の前
110510.jpg
休憩時間に腹を満たす。
食べ盛りの若い人が多いようです。

これも同じく工場の前
100711.jpg
このへんは工場街なので工場で働く人達目当ての移動式屋台が多いようですね。
しかしなんで横に広がらないで道の真ん中に行くのか不思議です。

超田舎の屋台
110514.jpg
夕立がきたので大急ぎで撤退です。
今日は商売になりません。
明日も売れ残った同じものを売るんだと思います。(笑)




私が利用する駅は夜になると駅前に屋台が出現する。
ベビ-カステラとかラ-メン屋台、最近ではテント張りの飲み屋みたいな屋台が出現する。
当然違法に歩道を占拠。 凄い邪魔である。
障害者の人にはとんでもなく危険である。
JRの敷地内ではないのでJRは知らん顔。
交番がすぐ近くにあるのにおまわりさんも没関係。
役にたたない奴らである。
どうせ暴力団関係か朝○人だとは思うが、誰も取り締まろうとしない。
中国人の屋台の方がまだ行儀がよいぜ!

こういうのは普段から市民が厳しい視線で監視しないとダメですな。

駅前賭博である朝鮮玉入れ(パチンコ屋)も違法な換金システムなんだから取り締まれ。

と思われる方は

↓ここをポチッと宜しくお願いします。



先月まで近所にできた銀行と信金の営業が我が家の住宅ロ-ンを組ませろとやってきていた。
借り換えなんて面倒臭い(書類を集めたりが多い)し銀行保証協会に払う金もバカにならない。
今は変動で借りているのだが、固定金利で安くするとか、一度相談(誰も相談してねえっての)に乗らせてくれとか、かなりうるさかった。

しかし・・・・・

今は死んじゃったかのようにおとなしいぜ!(笑)
銀行屋も当分来ないと思う方は

↓ここもポチッと宜しくお願いします

人気ブログランキングへ






このページのトップへ
中国的鍋奉行

だいぶ寒くなってきました。
寒くなってくると鍋が食べたくなります。
中国で鍋と言えば火鍋です。

1104001.jpg
田舎の火鍋屋です。
火鍋屋は繁盛している所に行かなくてはなりません。
閑散としてる店は絶対にマズイし食材が危ないので気を付けましょう。


真ん中は激辛の真っ赤なス-プ。(私は絶対に無理)
周りは白湯ス-プ、でも出汁は不明。(なんの味もしない)


1104007.jpg

これは辛いのが嫌いな私の為に白湯ス-プだけにして貰った鍋。
辛いのは中国人でも食べ過ぎると翌日はお腹に来ます。(笑)


1104002.jpg
これは真ん中で仕切られているタイプのお鍋。
一般的にはこのタイプが多いようです。

1104005.jpg
これは羊のスライス肉。
他にも豚、牛の肉もありますがこれが一番無難です。
臭いはさほど気になりません。

1104003.jpg
この穴の開いたお玉でシャブシャブして頂きます。
でも途中から面倒になるので、まとめて鍋にぶち込みます。

1104004.jpg
正体不明の野菜。(一説にはキャベツの芯だという噂も)
誰に聞いてもわかりません。(笑)
中国人は食べられるか、食べられないかだけ気にしますが、正体は没関係。

1104008.jpg

手前の食材も何だか良くわかりません。
植物ではないし海の幸でもありません。

後ろの豆腐は沖縄の豆腐と同じです。


中国人は夏でも火鍋は良く食べる。
よって田舎に出張中は3日に一度は食べに行く。
でも暑い夏場よりやはり冬に頂く方が美味しい。

ゲ-ムオタク通訳君、メタルゴッド運ちゃんと食べにいくのだが当然仕切るのは運ちゃん。
食い物にはうるさい。
私が食べられそうな食材を選んでくれるので彼が鍋奉行の場合は安心できる。

しかし、2年前に田舎に居た時に私を迎えに来た、別の運転手(チャランポランな性格)に仕切らせた時は酷かった。
日本では見かけないような不思議な食材ばかり頼みやがる。(笑)
しかも途中で退席しやがって、帰り際に大量の田ウナギまで注文しやがります。
最期に運ばれてきた大量の田ウナギ(どじょうのでっかい奴)を見て唖然。
しかも未だ生きてる奴。
他の中国人もビックリ。
誰も食べようとしません。
だいたいもう満腹状態です。

シメに田ウナギなんて食えねえよボケ!

首シメてやる。(笑)

シメは麺がよいね。

と思われる方は

↓ここをポチッと宜しくお願いします。




でもやっぱり鍋は日本の方が種類が色々あって楽しめます。

と思われる方は
↓ここもポチッと宜しくお願いします

人気ブログランキングへ
このページのトップへ
昨日で仕事は終えたので本日帰ってまいりました。
飛行機は夕方の特割便を予約してあったので変更も出来ない(料金が高くなる)と言うことで何処かでラリ-カ-を待ち伏せして見てようと朝6時にホテルを出発。
道央道を千歳に向かって走っているともう後半ゼッケンのラリ-カ-が高速道路で移動中。
もうトップゼッケンの車両は行ってしまったようです。
千歳のインタ-を降りるとすぐに千歳ラリ-パ-クとかいうのが出来ていて、出店やらイベントをやってました。
聞けば11時30分頃からまたこの場所を通るとか。
と言うことで此所で待ってました。(笑)
(どうせ夕方までする事ないし)
私がみたいのはWRカ-と呼ばれるマシンです。
シトロエンC4、フォ-ドフォ-カス、スバルインプレッサ、スズキSX4です。
とくにシトロエンとフォ-ドのWRカ-が走っている所はなかなか見られません。

フォ-ドフォ-カス


フォ-ドフォ-カス、インプレッサ、シトロエン


フォ-ドフォ-カス


スズキSX4、インプレッサ




私がラリ-を始めた頃(約33年前)には日本で国際格式の、しかもチャンピオンシップが開かれるなんて夢にも思いませんでした。
なにしろ当時の国内ラリ-なんてJAF(日本自動車連盟)の公認イベントなのに夜コッソリ山の中の林道で行われるのが普通でした。
いまや真っ昼間に行われ、札幌ド-ムでスペシャルステ-ジまでやってしまいます。
時代は変わった様にみえますが実際の所、国内で行われているラリ-は減っています。
やる人もドンドン減ってきています。
かなりお寒い事情なのです。
どうしたらモ-タ-スポ-ツ人口が増えるんでしょうか?

官僚天下り組織のJAFが国内モ-タ-スポ-ツを取り仕切っている限り無理

と思われる方は

↓ここをポチッと宜しくお願いします。




なんか別の組織作った方が良いだろう?

と思われる方は
↓ここもポチッと宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ
















このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

10月 « 2008年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。