FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) 展覧会の絵

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
クラシックとロックの融合

1968年頃より新しいロックを探求するバンドがクラシック音楽を取り入れるべくオーケストラとの競演を行う。
ハードロックバンドであるディープパープルでさえオーケストラと競演
したのであった。
が、ことごとく失敗。
原因はオーケストラの演奏者のロックミュージシャンへの反発と偏見である。
ちゃんとした音楽的教育をうけていないロックミュージシャンの
バックバンドとしての競演はまっぴらごめんだったのである。

エマーソン、レイク&パーマー(ELP)はクラッシックをアレンジしたり、オーケストラと競演するバンドといわれるのを嫌っていた。
メンバーのみ、たった3人での分厚い演奏が売り物であった。
しかし、結成当時ステージで演奏するオリジナル曲が少なかったので
ムソルグスキーの展覧会の絵をアレンジして演奏していた。
よってスタジオアルバムとしては発表はせず、ステージでのみ演奏していた。
ファンの強い要望で3枚目のアルバム(ライブ録音で)として
発表したらなんと世界中でバカ当たり。
日本でもロックファンなら知らない人はいないくらい売れてしまった。
クラッシックとロックの見事な融合である。
しかもオーケストラを使わずたった3人での演奏。
その後のアルバムも評判が良く、自分たちのレコード会社も設立し
ロックビジネス大成功であった。

だがパタリとバンドとしての活動がなくなり、どうしたのかとファンをヤキモキさせて3年後に発表されたアルバムは・・・・
オーケストラとの競演したアルバムであった。
クラッシックそのもの、みたいな曲もありでファンを落胆させて
くれたのである。
しかも100人のオーケストラを連れて出た世界ツアーはオーケストラ側の
ストライキにあって、キャンセルになったり、経費がかかりすぎ大赤字の
大失敗。
ファンも離れてしまった。(私もその一人)
以後、オーケストラと競演するロックバンドはなくなりました。


追記
 展覧会の絵は良いアルバムですので興味のある方はレンタルCD屋さん
 にありますのでぜひどうぞ。
 アンコール曲はチャイコフスキーのクルミ割り人形です。
 




このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。