FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) Hot Dog And A Shake

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
中国的ケ-タリングスナック
アメリカ人が小腹が空いたら食べるのはホットドック。
中国人民が小腹が空いた時食べるものはなんでしょう?。

中国的おでん。
日本のオデンに似てはいますが、具材がまったく違うようです。
はんぺんもボ-ルもコンニャクも見あたりません。
昆布みたいのはあります。
なんか肉類が多いです。
しかし値段が高いです。
コンビニだとぶったくりですね。

021902.jpg
中国コンビニ(都会にはある)では日本のコンビニを真似た入れ物で売ってます。
私は日本のコンビニでもオデンは買った事がありません。
あれだけ不特定多数の人が来るレジの横に、カバ-も無しで置いてある食品は食べたくありません。(笑)

021903.jpg
この中国的オデンは街中でもこうやって売られています。
こっちのは安いと思います。
しかし面白い商売道具です。
コンロがついてるのかも知れません。

021904.jpg
これは三輪車の屋台です。
同じくオデンがあります。
中味はやはり肉類みたいですね。
買って食べてみたいところですが、度胸がありません。
腹壊したくないので。(笑)

021905.jpg
中国語3歳児並なので何を売ってるかさっぱりわかりません。(笑)

021906.jpg
これも串に刺した何かなのですがイマイチわかりません。

021907.jpg
串に刺した肉(羊かな?)を売ってます。
フレッシュジュ-スもあります。
本当にフレッシュなのかは中国の場合飲んでみないとわかりません。(よってトライはしない)
中国人は冷たい飲料は嫌うのでこのフレッシュジュ-スも常温かも知れません。(笑)
冷えていたとしても氷りが水道水の場合もあるので、でっかい恐いです。

021908.jpg
だらしのないお姉ちゃん(笑)が買ってるのも串に刺した肉です。
これも単価が高いです。
売ってる物は屋台と変わらない物でも店舗の雰囲気で売れるのかも知れません。
これなら儲かります。

021909.jpg
これはなんか良くわからないので近づいてみたかったのですが、威勢の良いおばちゃんに買わされてしまそうなので止めときました。(笑)

021910.jpg
中国人が大好きな焼餅。
ドラム缶みたいな窯で焼き上げます。

021911.jpg
小麦粉を練って焼くだけ。
(まあ、何かノウハウはあるんでしょうけど)
設備投資も殆どいらないで開業できますな。

021912.jpg
インドのナンみたいな作り方ですが、微妙に違います。
これにカレ-付けて食べたらおいしいかも?


中国人も最近はハンバ-ガ-食べたり、フライドチキン食べたりするようになりましたが、まだまだ物価的には高い。
庶民がちょっと小腹が空いた時に食べる代物ではない。
よって中国的軽食に人気があるのでしょう。

私が子供の頃の軽食(おやつ)といえば今川焼きが一番美味しかった。
親戚のおばさんが我が家に来るときおみやげで持ってきてくれるのである。
ケ-キなんてそんなにない時代であったので甘いお菓子といえば今川焼きであった。

鯛焼きよりも今川焼きが好きな方は

↓ここをポチッと宜しくお願いします。



月に一度、昔の仲間との飲み会を良くやるのですが、良く行く場所の駅前には美味しい今川焼きを売ってるお店があります。
ここでいつも5つほど買って帰ります。
翌日食おうと冷蔵庫にしまっておきます。
でも翌日起きて見たら、なんと空き箱が外に出ています。
どうやら息子が夜中に全部食べてしまった様子。

てめ!、俺の今川焼き夜中に全部食うんじゃねえよ!

親子でも食い物の恨みは恐ろしいぞ。

と思われる方は

↓ここもポチッとよろしくお願い致します。
人気ブログランキング







このページのトップへ

コメント

>中国語3歳児並なので何を売ってるかさっぱりわかりません。

鍋貼は焼き餃子です。
中国大陸では見たことありませんが、
台湾では普通に店がありました。

  • 2009/02/20(金) 01:30:51 |
  • URL |
  • worldwalker #-
  • [編集]

焼餅

おかずなどと一緒ではなくこれだけ食べるのですか?素朴な味で美味しそう。
これならお腹を心配しなくても食べられそうですね。

オジサンさっき厠へ行ってたようですが、手は洗った? 洗うわけねーヨ。忙しいんだから。

6番目の写真の看板、砂鍋・・・とは何ですかね。
台湾なら石鍋、日本には土鍋がありますが鍋料理の一種でしょうか?

  • 2009/02/20(金) 12:41:47 |
  • URL |
  • bagabon #wDBWJZG.
  • [編集]

黄砂に抱かれて・・

上から7番目 店先に施された見事なオブジェ
散りばめられた白い花びら・・・・
日本に届きませんように。

  • 2009/02/20(金) 14:39:47 |
  • URL |
  • モーテシア #-
  • [編集]

わたしは鯛焼きが好きです

残念ながら、私は今川焼きより鯛焼きが好きです。
温かいのもおいしいですけど、さめて冷たくなったのもおいしいんですよね。
ウーロン茶が欲しいなあ。

甘いものが苦手なのでたこ焼きが一番です。Xmasにケーキをいただいたら来年までいいです。
今川焼きと鯛焼きは20年位前にいただいたのが最後のような気が。
でも一通りの菓子は焼けます。中学のとき、学年の女子で手作り菓子が大流行したのでプリンからシュークリーム、ケーキまで本に載っているものを作りまくっていました。

  • 2009/02/21(土) 00:07:14 |
  • URL |
  • らんらん #US7Is6OM
  • [編集]

今川焼き 
これからは 5個入りパックを 2つ買って帰る事をお勧めします。
(2つとも 無くなるかもしれませんが)

  • 2009/02/21(土) 09:40:35 |
  • URL |
  • 皮肉屋マッコイ #-
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/02/21(土) 23:27:36 |
  • |
  • #
  • [編集]

>今川焼き

そうそう、とんじいさんと同じ様に小学生の頃、おばさんが手みやげに持ってきたのを思い出しましたよ。
いまではサッパリ見かけません。
ウチの地元(かなり限定された範囲)では、祭り時は30分待ちの行列が出来る時も有った異常人気の 「ポッポ焼き」 なるモノがあります。
ウチの地元でしか知らないと思っていたら、“Wikipedia”に載っていました。(汗)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/02/22(日) 06:50:04 |
  • |
  • #
  • [編集]

worldwalker様>
焼餃子?  でも日本のとは違うような?

bagabon 様>
砂糖味と塩味の2種類があります。
中国は焼餅やらマントウは外れがありません。
砂鍋は私もわかりません。

モーテシア 様>
この位なら綺麗な部類です。(笑)

縄文人様>
鯛焼きはシッポにアンコ入ってれば好みです。(笑)

らんらん 様>
シュ-クリ-ムやプリンと言ったお菓子は中国では貴重です。
私中国で見たことありません。(大都会はあると思いますが)

皮肉屋マッコイ 様>
今度はその場で食ってしまおうかと。(笑)

へんはお様>
昔は今川焼がおみやげになりましたが、今時そんな物をおみやげでは様になりません。
ケ-キの方がおされです。
中国の食文化もだんだん変わっていくと思います、まだ甘いお菓子が少ないようなので今川焼きを売ったら売れるかも?


  • 2009/02/22(日) 11:56:28 |
  • URL |
  • とんじい #8W8GAba2
  • [編集]

中国の練り物

いったい何が入ってるか想像すると恐怖ですね(-_-;)
食べたら確実にお腹をこわしそうです。。。ぶるぶる

  • 2009/02/22(日) 21:55:59 |
  • URL |
  • Toki #99DFA69w
  • [編集]

>砂鍋・・・とは何ですかね。

土鍋みたいなものです。
鍋自体の意味と、鍋料理の意味の両方で使います。

  • 2009/02/22(日) 22:23:52 |
  • URL |
  • worldwalker #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emjes.blog14.fc2.com/tb.php/591-d7d6973a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「投げられた卵」村上春樹とイスラエル-2

    ||| 「投げられた卵」村上春樹とイスラエル-2 ||| meixiさんのブログから Jerusalem Post 紙「村上春樹エルサレム賞受賞」対訳 このブログ『米流時評』を始めた当初からおつき合いいただいている方々がいる。「かたがた」と言うのもてれくさいようなポン友な...

  • 2009/02/21(土) 16:34:06 |
  • 米流時評

「沈黙の壁を越えて」村上春樹とイスラエル-3

   ||| 沈黙の壁を越えて・作家の魂 ||| 作家としての村上春樹の生き方:『朱雀式』2/17号「羊男のエルサレム」より 村上春樹氏のエルサレム賞受賞式でのスピーチは、ずいぶん沢山のブログでとりあげられ、そのどれもが彼の行動と勇気に敬意を表するものでした。...

  • 2009/02/21(土) 18:57:00 |
  • 米流時評
このページのトップへ

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。