FC2カウンター 人気ブログランキングへ 爺砲弾(時事放談) はたらくくるまたち

爺砲弾(時事放談)

老年親父の言いたい放題(砲弾発射)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ






写真は中国滞在中に撮ったトラックの写真である。
日本ではこのボンネットタイプのトラックは殆ど見かけなくなった。
殆どがエンジンが座席に下にあるキャビン式である。
なぜこうなったかと言うとボンネットトラックでは前方視界が悪いのである。
ようするに安全性からボンネットトラックが淘汰されていったわけである。
中国ではまだ殆どがこのボンネット式である。
しかも荷台の部分が日本のトラックより長い。
一番上の写真のトレ-ラ-等はどう考えてもホイ-ルベ-スが長すぎる。
絶対に強度は出ていないと思う。(笑)
それに殆どのトラックの荷台には足が入る位の穴が開いていて(というより床が腐っているのが多い)下が見える。(笑)


今回の工事の資材や部品は大型トラック(10トン車)で運んだのである。
前日積み込みして翌朝には到着するようにしていた。
量が多いので一週間、毎日5車程到着する。
途中で落としてくるのではないかとか、ちゃんと時間とおりにくるのかとか心配であった。
でもさすがにその道のプロだけあって亡くしてきたり、高価な部品をパクるような事はなかった。
やはり日本と同じで信用商売である。
我々が朝現場に到着すると5台のトラックが待っていた。
早速着いた順番に荷降しをしようと思ったら・・・・

運転手同士で順番を巡って争いになってる!

やはり・・・中華である。(笑)











このページのトップへ

コメント

一番上の中国のトレーラの写真はずいぶん長いと思いました。多分、普通の乗車なら5台ぐらい載せられる長さではないかと思う。直進ならいいと思うが、交差点を左折なんてしょうものならみんな巻き込んでしまいそう。
ボンネットタイプのトラックは、最近日本ではみないですね。23年前に自衛隊に勤務していた時、いすゞ自動車の2トントラックと日野自動車の4トントラックが整備したことがありますが懐かしいです。写真に写っているフロントバンパーの左側のほうに小さな穴があるとおもうのですが、これはたしか、エンスト時のクランクがけじゃないかと思います。(*手動で直接にエンジンのクランクを回すこと)
日本と違って、中国のトラックには屋根の上に速度計(確か、亡くなった田中角栄氏がつけるように指示したとか聞きましたが間違ってたらごめんなさい)がないですね。スピード制限がないから必要ないかもしれません。

sadao様>毎回コメントありがとうございます。
クランキングの棒を突っ込む穴だったのですね。
セルモ-タ-がすぐ壊れるのかな?(笑)
トラックの排気ガスは近くに寄ると倒れそうなくらい臭かったです。地球温暖化に貢献しておりました。

  • 2005/11/05(土) 14:04:04 |
  • URL |
  • とんじい #-
  • [編集]

みんな早く帰りたいんでしょうね。

  • 2005/11/05(土) 14:43:05 |
  • URL |
  • worldwalker #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

とんじい
  • Author: とんじい
  • 肉球じゃマウスが持てねえよ!

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。